専業主婦がキャッシングをするときの5つの理由


主婦でもキャッシングをすることが出来るので、収入がない主婦でもキャッシングのカードを持っていることがあります。

では、主婦はどんなときに借り入れをするのでしょうか。
主婦がキャッシングをする理由について、紹介します。

1.生活費のため

主婦がキャッシングを利用する理由で一番多いのは、「生活費のため」です。
生活費のためにキャッシングをする主婦は、とても多くなっています。
生活費が足りないのではなく、給与が上がらないのに税金は上がっていく、という日本経済の背景があるのかもしれません。
夫の給料の中でやりくりをするのが当たり前だと言われてきましたが、やりくりをしても足りなくなるときはあります。
だったら、キャッシングをしてでもその分を補わなくてはいけないのです。
何らかの事情で働きに出られない人も少なくないと思います。
ですから、キャッシングで生活費を賄うというのは、最後の頼みの綱なのです。
キャッシングをすることで生活費を賄っていくことが出来れば、生活を極端に切り詰めなくても済みます。
極端に切り詰めた生活と言うのは、案外、他の病気などへの出費が嵩む原因になるのです。
そうならないためにも、主婦がキャッシングを利用して生活費を賄っているので、あまり責められることではありません。

2.交際費のため

キャッシングをする主婦に理由を聞いてみると、意外にも多い答えというのは「交際費のため」です。
主婦に交際費は必要ないと思ってしまう人もいると思いますが、実は主婦にも交際費は必要なのです。
子どもの学校のママ友などとお茶をしたり、話し合いをする機会が多いのが主婦です。
それに参加をしないと、ママ友から嫌われて、子どもがいじめられてしまう可能性もあるのです。
そうなってしまうのはかわいそうなので、キャッシングをしてまでママ友たちの会話に参加しているのです。
とはいえ、全ての人が子どものためというわけではありません。
自分の趣味のため、そして浪費のために「交際費として」キャッシングをしている人もいます。
そういう人は、借金の金額が大きくなってしまってから、慌てて返済について考える必要に迫られます。
そして、返済ができないと夫にバレてしまうという結果になるのです。
交際費のためのキャッシングというのは、例え子どものためであっても、あまりいいものではありません。

3.急な出費で主婦が借り入れをする

主婦がキャッシングをする理由というのは、急な出費のためでもあります。
例えば、急に冠婚葬祭の用事が入ったとき、そのために出せる費用がすぐに用意できるという人は少ないでしょう。
例え貯金があったとしても、足りない場合も、下ろせない時間帯の場合もあると思います。
そんなときには、24時間いつでも利用が出来るキャッシングを利用するのです。
キャッシングを利用することが出来れば、十分にその場を乗り切ることが出来ます。
急な出費のときには、まず、その場を乗り切ることが大切になってくるのです。
そして、借金をしたら返済をすることも必要になってきます。
主婦が返済をするのは大変だと思うので、返済については夫と相談して行うことが一番望ましいでしょう。
急な出費というのは、いつ起こるか分かりません。
いつ起こるか分からないときのために、1枚はキャッシングが出来るカードを持っておくというのも、ある意味では正しいのです。
主婦がキャッシングをする理由は、急な出費のためなのです。

4.医療費のため

医療費もいつかかるか予測ができないものなので、主婦のキャッシングの理由になります。
子どもがいたりすると、子どもがどんなときに、どのように体調を崩すのか、予想することは困難です。
大人であれば、自力で何とかできることであっても、子どもの場合にはそうはいきません。
夜間救急などに行って診察をしてもらうときでも、保証金などは必要になります。
そうなったとき、すぐに手元にお金を引き出せるものと言えば、キャッシングになってしまうのです。
万が一のときのために、貯金をしていくことは大切です。
でも、このご時勢で貯金が出来る人というのは、ほんの一握りです。
ですから、その一握りではない限り、キャッシングをする理由になってしまいます。
遊んだお金ではないので、このような使い方を責められることはありません。
他の方法がなく、仕方なく借り入れをしたのであれば、前向きに返済について考えることが大切になります。
急な医療費はいつかかるか分からないので、主婦がキャッシングをする理由になるのです。

5.学費のため

子どもの学費のためにキャッシングをする主婦もいます。
特に、高校生や大学生になると、何かとお金がかかるものです。
そのお金を工面するのは親の役割と思っていても、すぐに用意できる人というのは少ないでしょう。
そんなとき、とりあえずその場しのぎでキャッシングをするのです。
キャッシングをして学費をつくるという方法は、あまりいいことではありません。
特に、専業主婦のキャッシング枠は低く設定されているので、子どもの学費の足しにしていては、すぐに底が尽きてしまいます。
そうなってしまってからでは遅いので、キャッシングをしなくてもいいようにするのが大切なのです。
とはいえ、キャッシングをしなければ間に合わないというときには、少額だけのキャッシングにしておきましょう。
そして、すぐに返済をすることが大切になってきます。
子どもの学費のためのキャッシングもいいですが、主婦の利用は計画的に行うことが大切です。
主婦がキャッシングをする理由は様々です。
その中でも生活費などの理由があるということは、まだまだ不景気だということなのかもしれません。
一概に責められるわけではない、主婦がキャッシングをする理由、分かっていただけたでしょうか?

まとめ

1.生活費のため 2.交際費のため 3.急な出費で主婦が借り入れをする 4.医療費のため 5.学費のため

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!