カードローンとキャッシングの7つの違い

shutterstock_261370952

カードローンとキャッシングの違いを知っていますか?

カードローンやキャッシングと検索すると、どれも同じような意味に見えてくると思います。
ですが、カードローンとキャッシングはそもそも違いがあるものなので、その2つの違いについて、考えてみましょう。

1.キャッシングとは「お金を引き出す事」を意味する

カードローンとキャッシングの違いを知る前に、まずはキャッシングについて知っておきましょう。
キャッシングは、「お金を引き出す事」を意味しています。
キャッシングの本来の意味は「ディスペンサーからお金を引き出す事」です。
なので、それが借金であろうと、自分の口座であろうと、キャッシュディスペンサーからお金を引き出せば、それはキャッシングなのです。
ですが今では、お金を借りる事をキャッシングと言う事もあります。
本来の意味でキャッシングという言葉を使うのであれば、カードローンと違い、「お金を引き出す事」が、キャッシングなのです。

2.カードローンとは「お金を借りる事」を意味する

キャッシングとの違いはありますが、次にカードローンについて知っておくことも必要になります。
カードローンとは、「お金を借りる事」を意味しています。
キャッシングが「お金を引き出すこと」であれば、カードローンは「お金を借りるためのもの」です。
なので、「カードローンでキャッシング」というのは、「カードローンを使ってお金を借りて引き出す」という意味にもなります。
カードローンは借金をするための手段なので、キャッシングとは違い、お金を借りるための道具としての意味があります。

3.返済がリボ払いである

カードローンはキャッシングと違って、返済がリボ払いになっています。
カードローンは、前提として、返済方法がリボ払いなのです。
リボ払いとは、毎月決まった金額を返済していくという方法です。
毎月の負担が少ないので、生活に影響を与えることなく、楽に返済を行うことができます。
カードローンの返済は、殆どがリボ払いです。
任意で一括返済をすることもできますが、それを行わなければリボ払いを継続していくことになります。
カードローンとキャッシングの一番の違いは、返済方法がリボ払いであることなのです。

4.返済が一括になることがある

キャッシングの場合は、返済が一括になることが、カードローンとの違いと言えます。
キャッシングの返済は、基本的に一括払いです。
一括払いをすることがキャッシングなので、カードローンのリボ払いのように毎月同じ金額というわけには行きません。
使いすぎてしまえば翌月の負担が増え、使わなければ負担はゼロということになります。
キャッシングは返済が一括払いになることがあるというのが、カードローンとの大きな違いでしょう。

5.キャッシングでもカードローンのように、リボ払いができることがある

最近では、キャッシングであっても、カードローンと同じリボ払いにすることが出来ます。
キャッシングをするとき、リボ払いか一括払いかを選択することができるときがあります。
この場合、リボ払いを選択すれば、カードローンのように、毎月一定額を返済していくことになるのです。
リボ払いは元金がなかなか減らないというデメリットはあるものの、毎月の返済が楽になるというメリットがあります。
なので、少額のキャッシングであれば、リボ払いを選択しても良いのだと思います。
キャッシングでもカードローンのようにリボ払いを選択することができるので、違いはさほどないものだと思ってもいいでしょう。

6.キャッシングの返済方法は一括払いが前提である

カードローンはリボ払いが前提ですが、キャッシングは一括払いが前提になっています。
カードローンはリボ払いですが、キャッシングの前提は一括払いです。
一括払いをすることがキャッシングの大前提になってくるので、使いすぎには注意が必要です。
ですが、今ではキャッシングでもリボ払いを選択することができるので、必ずしも一括払いをしなければいけないというわけではありません。
ただ、カードローンとキャッシングの大きな違いは、返済方法にあるということを覚えておくと、借りすぎ防止にも繋がるかもしれません。

7.2つの違いは今では殆どないものである

とはいえ、カードローンとキャッシングの違いというのは、今ではほとんどないものと考えられています。
上記のように、カードローンはリボ払いでキャッシングは一括払いと思っていても、実際にはキャッシングのリボ払いも可能なのです。
つまり、カードローンでお金を借りても、キャッシングをしてお金を借りても、返済方法が同じである以上は、違いが殆どないと言ってもいいのです。
また実際にカード会社に問い合わせてみると、やはり「カードローンもキャッシングも同じ意味」と回答されることもあります。
なので、現在においては、カードローンとキャッシングには、大きな違いがないと言ってもいいのだと思います。

まとめ

1.「お金を引き出す事」を意味する
2.カードローンとは「お金を借りる事」を意味する
3.返済がリボ払いである
4.返済が一括になることがある
5.リボ払いができることがある
6.キャッシングの返済方法は一括払いが前提である
7.2つの違いは今では殆どないものである

編集後記

カードローンとキャッシングの違いを理解できたでしょうか?
とはいえ、現在ではあまり違いのなくなった2つの言葉だということが分かったと思います。
カードローンとキャッシングの違いがなくなっても、お金を借りるときには注意をする事が大切なのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!