プロミスの便利な返済方法「賢く借金を返済しよう」


プロミスを利用したときには、便利な返済方法がいくつかあります。

そのときに合わせて返済方法を選ぶことで、計画的に返済していくことが出来るのです。
では、プロミスの便利な返済方法について、紹介していこうと思います。

1.インターネットでプロミスに返済する

インターネットバンキングを利用している人は、インターネットからプロミスの返済を行うことが出来ます。
例えば、「残業で深夜まで仕事、明日も朝から仕事があって返済に行く時間がない!」という人にオススメの返済方法です。
インターネットバンキングは、24時間365日、いつでも利用することが可能になっています。
ですから、夜遅くでも、朝早くでも、ほんの少しの時間さえあれば、簡単にプロミスに返済を行うことができるのです。
返済後の融資も可能なので、「返済をしたらピンチ!」というときには、融資を受けることもできます。
インターネットからの返済方法は、まず、プロミスのホームページから会員サービスにログインします。
その後、インターネット返済を指定して、金融機関を選択、返済金額を選択します。
あとは振込実行をするだけなので、いつでも、借金を返すことができるのです。
この場合、インターネットバンキングの口座に残高があることが条件なので、きちんと確認してから、インターネットによるプロミスの返済を行ってください。

2.口座振替で返済する

プロミスの返済は、口座振替でも行うことが出来ます。
口座振替のメリットは、手数料がかからないことや、毎月自動的に支払いが行われることです。
ATMやサービスプラザに行っている時間がない!という人のために用意された、とても便利な返済方法です。
インターネット上の会員サービスから申込むことが出来るので、支払いに行くのが面倒だというときには、口座振替を選んでみてください。
金融機関は、自由に選ぶことが出来ます。
三井住友銀行とジャパンネット銀行の場合には、返済期日を「5日、15日、25日、末日」から選ぶことが出来ます。
また、前日までに登録すれば、次回の返済日より口座振替が適用になります。
借り入れ残高への反映は当日中に行われるので、すぐに融資を受けることも可能です。
その他の金融機関のときには、毎月5日の返済になります。
次回の返済日に間に合わない可能性があるので、引き落とし開始日をしっかり記録しておくといいでしょう。
プロミスの返済は、便利な口座振替でも行うことができるのです。

3.サービスプラザでプロミスの返済を行う

プロミスへの返済は、店頭でも行うことができます。
全国各地にあるプロミスのお客様サービスプラザでは、契約等も行うことができますが、返済も行うことができます。
店頭返済のメリットは、やはり、返済金額分だけを返済できるという点です。
コンビニATMなどでは、小銭の返済をすることが出来ません。
毎月「○千円」と決まっていればいいですが、小銭が発生してしまうと、その分は多く返済しなければいけなくなります。
とはいえ、お金を借りている以上は、生活に余裕があるわけではないことは確かです。
ですから、返済を行うときには、できるだけ多く返済しなくてもいいように支払いたいと思うのではないでしょうか。
店頭返済は、返済金額の1円単位までをきちんと支払うことができます。
また、おつりを貰うこともできるので、余分なお金を支払わなくても良くなるのです。
プロミスの返済を店頭で行うと、返済金額分だけをきちんと支払うことができます。

4.プロミスと提携しているATMからお金を返す

全国のATMからも、プロミスに返済をすることができます。
プロミスATMや、提携コンビニのATMからはいつでも借り入れや返済が出来ます。
プロミスATMはもちろん、三井住友銀行やローソン、ファミリーマート、セブン銀行に設置されているATMからの返済は、いつでも手数料が無料になります。
その他のコンビニのATMからももちろん返済は可能です。
1万円以下の返済には108円、1万円以上の返済では216円の手数料がかかることになります。
ATMからの返済をしたときには、金額の充当先にいくつかの優先順位がつけられています。
まず、手数料、利息、遅延金の精算が行われ、最後に元金に充当されます。
つまり、遅延金などが発生してしまうと、元金に充当される金額が少なくなり、なかなか借金返済が終わらないという事態になってしまうのです。
期日以前に返済をすることで、利息分の返済を少し減らすことも出来るので、遅延金は出さず、早めの返済をすることが、プロミスの返済をしていくコツです。

5.プロミスの返済日を忘れないためのメール機能を使う

忙しくてつい返済を忘れてしまった、という場合に備えて、プロミスでは返済期日をお知らせしてくれるメールサービスがあります。
プロミスの会員サービスに登録すると、そのメールアドレス宛に返済期日をお知らせするメールが届きます。
「返済期日のご案内」というメールが届くので、うっかり返済日を忘れてしまったという事態になることはありません。
自分が知らせて欲しいタイミングでお知らせメールを設定することも出来ます。
返済期日の7日前から前日まで、希望の日を指定してメールを配信してもらうことができるので、とても便利ですね。
返済の遅延があると、それだけで元金の充当分が減ってしまい、借金返済が終わらないという事態になってしまいます。
また、他社で借り入れをしようと思ったときにも、返済の遅延があった人とみなされてしまい、お金を借りることが出来なくなるかもしれません。
そうならないためにも、うっかり忘れは防止しなければいけないので、プロミスの返済日お知らせメール機能を活用しましょう。

まとめ

1.インターネットでプロミスに返済する
2.口座振替で返済する
3.サービスプラザでプロミスの返済を行う
4.プロミスと提携しているATMからお金を返す
5.プロミスの返済日を忘れないためのメール機能を使う

編集後記

プロミスの返済は、いくつかの方法で行うことができます。
また、返済日を忘れてしまわないために、メールサービスもあります。
プロミスからお金を借りたら、毎月しっかり返済していって、早めの完済を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!