キャッシングの審査で大切な5つのこと「お金を借りるには準備が必要」


キャッシングを行うときには、審査で大切なことがいくつかあります。

この審査を通過しないと、お金を借りることはできません。
キャッシングの審査で重要視されるポイントについて、解説していこうと思います。

1.キャッシングの審査では年収が大切になる

まず、キャッシングの審査で重要視されることは、「年収」です。
年収は、借入総額を決めるために必要になってくるものです。
これは、「総量規制」という法律があるためで、現在は、年収の3分の1以上の借り入れをすることは出来なくなっています。
なので、年収というのは、審査のときにも、借り入れ限度額を決めるときにも、重要なポイントになるのです。
まず、審査の段階では、年収によって「返済可能であるか」というところを見られることになります。
例えば、年収200万円代の人が100万円の借り入れをしようとすると、どうしても返済が困難だと思われてしまいます。
逆に、年収500万円の人が50万円の借り入れをしようとしたら、確実に返済してくれるだろうという信用になります。
そして、年収によって借入限度額を決めることになるので、年収はとても大事なポイントになります。
偽ってもバレてしまうので、偽らずに書くことが、キャッシングの審査では大切になるのです。

2.キャッシングを申込んだら、所在地の確認をされる

キャッシングの審査を申込んだら、所在地の確認をされることになります。
自宅の固定電話に電話がかかってきたり、会社に在籍確認の電話がかかってくるのが、これにあたります。
まず、自宅の固定電話についてです。
自宅の固定電話があれば、「確実にそこに住んでいる」という情報になるので、万が一返済が遅れたりした場合には、はがきを送ったり、実際に連絡をしたりすることができます。
返済の遅れや、返済が出来ないとなると、ローン会社、クレジット会社の損失になってしまうので、そのあたりの確認は、特に慎重に行われます。
そして、会社の在籍確認についてです。
こちらも、しっかりと仕事をしている人であるかどうかと言うところとは別に、万が一の場合に備えて、はがきや封書を送るところにするためです。
自宅の固定電話や在籍確認が取れれば、所在地が明確になるので、審査に通りやすくなります。
逆に、キャッシングの審査の段階で、携帯番号しかない人は、審査に通りにくい人なのです。

3.審査では、勤続年数が重視される

キャッシングの審査をするときには、勤続年数が重要視されます。
もちろん、年収は申告しますが、たまに嘘の年収を申告してくる人もいるためです。
勤続年数や会社組織の規模、業種によって、ある程度年収と言うのは把握できるようになってるのが、クレジット会社であり、ローン会社です。
なので、虚偽の申告をしていても、すぐにバレてしまうのです。
それどころか、審査に通してもらうことが出来ずに、必要なお金を手に出来ないということがあるかもしれません。
そうなってしまわないためには、勤続年数だけではなく、申し込み書類には虚偽の内容を書かないようにして、しっかりと本当のことだけを書くようにしましょう。
勤続年数が長ければ、それだけしっかり働いているという裏づけになるので、審査ではプラスのポイントになります。
逆に、勤続年数が短いと「すぐに辞めてしまうかも」と言う理由から、マイナスになることもあります。
キャッシングの審査では、勤続年数も重要なポイントなのです。

4.キャッシングの審査は、他社借入の有無を重視される

キャッシングをするときの審査では、他社借り入れの有無が重要視されます。
他社借り入れの有無というのは、特に大切で、総量規制の問題と絡んできます。
総量規制とは、借金の全てが年収の3分の1以内であるように、と定められた法律です。
例えば、年収300万円の人が、A社から50万円、B社から40万円を借りて、全額使い果たしていたとして、新しくC社に申し込みをしようとしても、借りられる限度額は10万円程度ということになります。
ですが、総量規制がかかっているのは、消費者金融のみです。
銀行系のカードローンには、総量規制の問題はないので、どうしてもお金が必要だけど、総量規制があって借りられないという人は頼ってみるといいかもしれません。
とはいえ、借金のしすぎは自分の首を絞めることに繋がります。
そうなってしまってからでは遅いので、キャッシングをするときの審査では、他社借り入れの有無が重要視されます。

5.申し込みをしたら、過去の履歴を審査される

キャッシングの申し込みをして、審査をするときには、過去の履歴を調べられることになります。
キャッシングの審査では、過去にどんな借金があるか、その返済はどうだったか、債務整理などはしていなかったか、ということを調べられます。
過去の履歴というのは、信用情報に載っています。
それには、過去の借金の有無や、返済にかかった期間や遅延がなかったか、債務整理などは行っていないかという情報がこと細かく載っています。
その情報を基にして、ローン会社やクレジット会社は「この人は信用できる人であるか」を判断するのです。
ローン会社に信用がないと思われてしまう理由は、過去の遅延や債務整理です。
債務整理や自己破産があった場合には、まず、新規でお金を借りることは無理だと思ってください。
遅延が多い人は、借り入れ限度額が低くなるかもしれません。
キャッシングの申し込みをして、審査にかかる段階では、その人自身が信用できるかどうかということを見られるのです。

まとめ

1.キャッシングの審査では年収が大切になる
2.キャッシングを申込んだら、所在地の確認をされる
3.審査では、勤続年数が重視される
4.キャッシングの審査は、他社借入の有無を重視される
5.申し込みをしたら、過去の履歴を審査される

編集後記

キャッシングの審査では、色々なところを見られますが、今回は特に大切な5つを挙げてみました。
これをクリアしないと、借り入れをすることは出来ません。
キャッシングの審査をしてもらうのであれば、自分の情報には嘘をつかないことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシングの審査で大切な5つのこと「お金を借りるには準備が必要」
3.4Overall Score
Reader Rating 1 Vote