債務整理をしたあとの住宅ローン「地道に貯金をしながら信用回復」

shutterstock_241596157

債務整理をしたあと、持ち家のために住宅ローンを組もうとする人がいます。

ですが、殆どの場合は住宅ローンを組む事ができないようです。
債務整理をしたあとの住宅ローンについて知っておくと、住宅ローンを組むときにスムーズにいくかもしれません。債務整理とは

  • 債務整理とは「今ある借金を減らす為」の手段
  • 債務整理をすると、その後の借り入れが一定期間できなくなる
  • 住宅ローンは組む事が難しい債務整理とは、借金が膨らみすぎて生活が苦しい人のために、借金を減額したりする手段です。

債務整理には、任意整理や自己破産などの方法があります。では、具体的に債務整理をしたあとの住宅ローンについて、紹介します。

1.債務整理をしたあとは、住宅ローンが通らない

債務整理をしたあとは、一般的に住宅ローンが通らないと言われています。
債務整理は「借金が払いきれない人」のための手段として使われているものです。
そのため、金融業者や信用会社には、信用がないとみなされてしまいます。
なので、債務整理後には住宅ローンなどの大きな金額のローンを通す事が難しくなるのです。
債務整理後に仕事が変わったりして、住宅ローンを組んでも問題がない生活をする事ができたとしても、信用会社などの信用を取り戻すにはある程度の時間が必要なのです。

2.債務整理をしたあとの借金を完済しても、最低5年は住宅ローンを組むことが出来ない

債務整理をしたあと、残った借金を完済しても、最低5年は住宅ローンを組む事はできません。
具体的な数字は人によって変わる場合がありますが5〜10年程度は住宅ローンを組む事が難しくなるでしょう。
債務整理をして借金がゼロになる人もいますが、借金が残ってしまう場合もあります。
そのため、債務整理後であっても借金の返済をしている人もいます。
そういった人は、債務整理後も借金生活を送っているといってもいいでしょう。
そして、債務整理をしたあとは一定期間、信用情報に「債務整理をした」という記載がされてしまいます。
この記載がある限りは、債務整理後に住宅ローンを組む事は難しくなるのです。

3.債務整理後に住宅ローンを組みたいなら、まずは個人信用情報を取り寄せる

債務整理後に住宅ローンを組むなら、まずは個人信用情報を取り寄せましょう。
返済の状況はどうなのか、現在自分の信用情報はどうなっているのかを知るためにも、個人信用情報を取り寄せることは重要です。
個人信用情報は、本人であればすぐに取り寄せる事ができます。
CICや全国銀行個人信用情報センター、JICCのいずれかに加盟しているクレジット会社や銀行の信用情報を開示してもらうことができます。
方法も、窓口やインターネットなどの方法があるので、住宅ローンを組むときに過去の債務整理が気になるようなら、まずは取り寄せてみるのも1つの方法です。

4.個人信用情報機関に連絡をして、債務整理後5年が経過したことを伝える

個人信用情報機関に連絡をして、債務整理後5年を経過したことを伝えると、住宅ローンが組める事があります。
債務整理についての情報は、一般的に5年程度で抹消されるといわれています。
ですが5年以上経過していても、信用情報に記載が残っている場合があります。
そのために住宅ローンが組めなくなってしまう事もあるのです。
こういった場合、個人信用情報機関に連絡をして事実を伝える事で、抹消してもらうことが出来る場合があります。
債務整理についての情報がなければ、年収や頭金などの条件さえクリアすれば、住宅ローンを組む事ができる可能性があるのです。

5.債務整理後5年以上が経過していても、以前債務整理をした銀行では住宅ローンが組めない

債務整理後5年以上が経過したとしても、以前に債務整理をした銀行では住宅ローンを組む事ができません。
個人信用情報とは別に、クレジット会社や銀行独自で管理している情報もあります。
この情報に「債務整理をしたことがある」と記載されていると、その銀行では住宅ローンを半永久的に組む事はできないでしょう。
いわゆる「自社ブラック」というものです。
銀行やクレジット会社としては、以前に債務整理をした事があるというのは、イコールで「また債務整理をするかもしれない」という対象になります。
なので、「自社ブラック」になってしまった銀行では、住宅ローンや借り入れはできません。

6.債務整理後住宅ローンが通る条件が揃っていても、自己資金がなければ諦めた方が良い

債務整理後に住宅ローンが通る条件が揃っていても、自己資金がなければまた、債務整理をする事になるかもしれません。
債務整理とは、払いきれなくなった借金を減らしたり、なくしたりするための手段です。
裏を返せば、計画的に借り入れが出来なかった、借り入れの計画を立てられない人という印象があります。
住宅ローンは、大きな金額のローンです。
きちんとした返済計画がなければ、返済が滞ってしまいます。
住宅ローンを組む事ができても、また債務整理をすることになってしまえば、意味がありません。
自分のためにも、債務整理後に住宅ローンを組む場合には、自己資金をしっかり貯めて、払いきれる状況になってからでなければ、諦めた方がいいでしょう。

7.債務整理後に住宅ローンの一次審査に通っても、勤務先の状況によってはローンが組めないことがある

債務整理後に住宅ローンの一次審査が通っても、勤務先の状況によってはローンが組めない事もあります。
住宅ローンは、簡易的な一次審査と、本格的な審査の2つがあります。
一次審査を通っても、勤務先の情報まで必要になる本審査を通過する事ができない人もいます。
住宅ローンでは、個人の資産や収入の他に、勤務先の状況も審査の対象になります。
勤務先の状況が悪ければ、自分の信用情報などは大丈夫でも審査に通らない事もあるのです。
債務整理後に住宅ローンが通る条件が揃っていても、審査に通らなかったときには、勤務先の状況などを確認してみるといいかもしれません。

まとめ

1.債務整理をしたあとは、住宅ローンが通らない
2.債務整理をしたあとの借金を完済しても、最低5年は住宅ローンを組むことが出来ない
3.債務整理後に住宅ローンを組みたいなら、まずは個人信用情報を取り寄せる
4.個人信用情報機関に連絡をして、債務整理後5年が経過したことを伝える
5.債務整理後5年以上が経過していても、以前債務整理をした銀行では住宅ローンが組めない
6.債務整理後住宅ローンが通る条件が揃っていても、自己資金がなければ諦めた方が良い
7.債務整理後に住宅ローンの一時審査に通っても、勤務先の状況によってはローンが組めないことがある

編集後記

債務整理後に住宅ローンを組むのは、難しい事です。
一度失った信用を取り戻すには、時間がかかります。
ですが、その時間の間に、しっかりと貯金をしておくことで、すんなり持ち家を購入することができるかもしれません。
債務整理後の住宅ローンは無理だ、と諦めないで、地道に貯金をしながら信用回復を待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

債務整理をしたあとの住宅ローン「地道に貯金をしながら信用回復」
3.2Overall Score
Reader Rating 0 Votes