お金がないのに支払期限が間近のときの対応策


支払期限が近いのに、お金がないから払えない

そんなときに、どうしたらいいのか、分からない人も居ると思います。
今回は、支払期限が近いのに支払いができない時の対策を紹介します。

1.支払期日前に連絡をして相談する

支払期日間近でお金がないときには、期日前に連絡をするようにしましょう。
支払いは期日に行う事が一番ですが、どうしても支払いが出来ないときもあると思います。
そういったときには、事前に連絡をすることで、支払期日を延ばしてもらうことができる場合があります。
支払期日を延ばしてもらうことができれば、その日までに支払うことを約束する事ができるのです。
例えば、カードローンの支払いが遅れそうなときや、携帯電話代などが遅れそうなときには、早めに連絡をしておくことが大切になります。
連絡をしておけば、それだけで期日を延長してもらうことができるので、まずは、支払いが遅れそうな金融機関に連絡をしておきましょう。
何も連絡をしないで遅れてしまうことだけは避けるべきです。
特に、携帯電話などは支払期日が遅れてしまうと止まってしまうので、その辺りも相談してみるといいでしょう。
カードローンは、支払期日が遅れると遅延損害金が発生してしまいますが、先に相談をしておくことで、期日を延ばしてもらうことができます。
支払期日前にお金がないから、支払いができないと発覚したら、早めに連絡をして相談しましょう。

2.期日を過ぎてから来る振込用紙で支払う

支払期限にお金がないから支払えなかったら、期日を過ぎてから来る振込用紙で支払う事もできます。
普通、支払期限を過ぎても支払いがない場合には、自宅に振込用紙が届きます。
なので、その振込用紙を使って支払いをしましょう。
一般的には、振込用紙を使って支払いをすれば問題がないとされています。
コンビニなどで簡単に支払う事ができるので、あえて振込用紙が届いてから支払っている人もいると思います。
例えば携帯代などは、振込用紙に記載されている期限までに支払う事で、携帯が止まってしまうことを防ぐ事ができます。
クレジットカードなどの引き落としができなかった場合も、振込用紙で支払えばすぐに使う事ができるようになっています。
支払期限までにお金がない状態のときには、振込用紙を使って支払いをすることを考えておきましょう。

3.支払期日を過ぎても振り込みで支払う

支払期限を過ぎても振込みで支払うことができます。
引き落としにできなかった場合には、振込みで支払う事が出来る場合があります。
例えば、当日に入金をしようと思っていて間に合わなかったときなどには、振込みをするために口座を教えてもらうことができるのです。
振込みをすればすぐに支払った事にもなるので、印象は悪くならないでしょう。
振込口座は、連絡をして事情を話せばすぐに教えてくれるので、すぐに振り込むようにしましょう。
振込みをすれば、後からハガキが届く事もありません。
お金がないのではなく、入金が間に合わなかったというときには、振込みで対応するようにしましょう。

4.親からお金を借りて、支払期日に払う

お金がないなら、親からお金を借りて、支払期日に支払う事も検討してみてください。
これは、カードローンの支払いのときに考えてみて欲しい事です。
カードローンの支払いが遅れてしまうと、遅延損害金というものが発生します。
そのため、支払いの額が大きくなってしまうことがあるのです。
公共料金や電話代などは、振込用紙で十分ですが、カードローンの支払いは自分で行わなければいけません。
ですから、早めに支払いをしておく事が大切なのです。
遅延損害金は1日につき500円程度の金額になります。
すぐに支払えるならいいですが、1週間以上伸びてしまいそうなときには、親などに借りることを考えましょう。
そして、その分はしっかり返済することです。
お金がないのにカードローンの支払い期日が来てしまったら、親から借りてでも支払いをするようにしましょう。

5.カードローンでお金を借りて、支払期日にきちんと払う

お金がないなら、カードローンでお金を借りて支払うこともできます。
カードローンの限度額がある場合には、そこからお金を借りて支払いをしましょう。
ですが、その分は借金になってしまうので、振込用紙がきてもお金がないという状況のときにだけ、使うようにしましょう。
カードローンを使う事は簡単です。
でも、それは借金になってしまいます。
借金を返済していく事は大変なので、あまり使わないようにすることが大切なのです。
借り入れをして支払いをするときには、返済計画をきちんと立てるようにしましょう。
借入額が大きくなりそうな場合には、半分をすぐに返済するようにして、後の半分をゆっくり返済するといった方法を考えるといいでしょう。
支払期限は迫っているのに、どうしてもお金がないという切羽詰った状況のときには、やむ終えずカードローンを使うことも、1つの手段なのです。

まとめ

1.支払期日前に連絡をして相談する
2.期日を過ぎてから来る振込用紙で支払う
3.支払期日を過ぎても振り込みで支払う
4.親からお金を借りて、支払期日に払う
5.カードローンでお金を借りて、支払期日にきちんと払う

編集後記

お金がないのに支払期日が来てしまったというときには、まず連絡をして相談をする事が大切です。
その上で、自分に出来る方法を考えて、早めに支払いを行いましょう。
お金がない時の支払いは大変ですが、しっかりと支払いをする事が大切なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がないのに支払期限が間近のときの対応策
3.3Overall Score
Reader Rating 0 Votes