債務整理後に借り入れは可能なのか?

shutterstock_226190308

債務整理後の借り入れは、一般的に難しいものだと言われています。

債務整理をしてしまうと、ブラックリスト入りをしてしまい、返済能力がないからお金は貸せないと思われてしまうのです。
ですが、債務整理後でも借り入れをするためのポイントはあります。
今回は、債務整理後の借り入れのポイントを紹介します。

1.債務整理後は、完済したあと5年以上経過すれば借り入れが出来る可能性がある

債務整理後は、残った借金などを完済した後、5年が経過すれば借り入れが出来るといわれています。
これは、信用情報機関に載っている「債務整理をした」という情報が5年経てば消えるからです。
債務整理後、すぐに借り入れをしようと思っても、審査が通らない事が殆どです。
ですが、5年以上が経過すれば、任意整理をした場合には借り入れをすることができます。
自己破産の場合には、10年以上が経過しなければ、新たな借り入れをする事は難しいといわれています。
債務整理は「支払うのが困難になった借金」のために行うものなので、銀行や信用会社からの信用をなくす事に繋がります。
そのため、5年や10年といった期間を空けないと、その信用が回復することはないのです。

2.以前に債務整理をした銀行や信用会社からは借り入れできなくなる

以前に債務整理をした事がある銀行などからは、債務整理後には借り入れをすることは一切できません。
これは、5年や10年といった期間を空けてもダメなものです。
いわゆる「自社ブラック」と呼ばれるもので、信用情報には記載されなくなっても、自社独自のリストに載っていれば借り入れはできないということになります。
「自社ブラック」は会社独自の基準なので、信用機関などに問い合わせても意味がありません。
なので、債務整理をしたあとに借り入れをする場合には、債務整理をしていない銀行などを選ぶようにしましょう。
もちろん、債務整理をした金融会社と提携している銀行もブラック入りをしているので、借りられる可能性はほぼゼロだと言っていいでしょう。

3.債務整理後に借り入れをするなら、個人信用情報を手に入れる

債務整理後に借り入れをしたいなら、まずは個人信用情報を手に入れることです。
個人信用情報というのは、金融会社などに提供される「個人の資料」です。
過去の借り入れ状況や返済状況などが載っているもので、これには、債務整理の有無も記載されます。
一般的に5年以上が経過すれば、債務整理の情報は消されると言われていますが、まずは個人信用情報を手に入れて、自分で確認してみましょう。
自分自身の情報を手に入れるのは簡単なので、借り入れの申し込みをする前に確認しておくことをオススメします。
もし5年以上経っていても個人信用情報に債務整理のことが載っていれば、信用情報機関に連絡して消してもらう事も出来るようです。

4.債務整理後であっても、債務整理が過払い金返還だった場合には、借入をすることができる

債務整理後であっても、過払い金返還が債務整理の理由であった場合には、借り入れをする事ができます。
過払い金返還も債務整理の1つです。
債務整理は借金を減らすためのものですが、完済した借金から過払い金を取り戻す事ができる手段でもあります。
完済済みの借金に対する債務整理による過払い金請求なら、信用情報に記載されることもないので、借り入れをする事ができます。
他にも、債務整理による過払い金請求の場合には、信用情報に傷が付く事がない場合もあります。
債務整理をしたからといって、必ずしも借り入れが出来なくなるわけではありません。

5.債務整理後、借り入れは無理でもクレジットカードは作ることができる場合がある

債務整理後、借り入れをする事はできなくても、クレジットカードを持つ事ができる場合もあります。
クレジットカードの利用限度額が低かったり、キャッシング機能が付かない事もありますが、クレジットカードを持つ事は必ずしも不可能ではありません。
例えば、銀行員の知人などから直接加入してくれと頼まれた場合、審査が緩くなるといったこともあります。
なので、クレジットカードに限って言えば、作る事はできるのです。
ですが、キャッシング枠が付かないカードである事が多いので、借り入れをする事は難しいでしょう。

6.債務整理後、返済中でも借り入れができる金融機関は金利が高いことがある

債務整理後、返済中でも借り入れが出来ると謳っている金融業者もあります。
ですが、こういったところは総じて金利が高いものです。
金利が高ければ、少しのお金を借りても、大量の金利とともに返済をしなければいけません。
なので、結局は借金生活に逆戻りしてしまうのです。
債務整理後は、いわゆる「ブラックリスト入り」の状態です。
どこの金融機関でも、「返せる見込みがないから貸せない」と判断されます。
その状態でお金を借りようとすると、やはり、高い金利の金融業者から借りるしか方法はないのです。
高い金利で再び借金生活に戻らないように、債務整理後には借り入れをしないようにすることが一番です。

7.債務整理をしていても、実際に審査をしてみないと借り入れができるかは分からないことが多くある

債務整理をして5年が経過していたり、またはしていなくても、実際に審査をしてみないと借り入れが出来るかどうかは分かりません。
5年が経過していても借り入れが出来ない人もいれば、5年以内でも借り入れが出来る人もいます。
審査の基準は、銀行や消費者金融によって違います。
審査が甘く、簡単に通ってしまうところもあれば、厳しい審査のところもあります。
実際に審査をしてみなければ、借り入れが出来るかどうかは分からないのです。
債務整理後に借り入れの審査をしてもらう場合、一度にいくつかの申し込みをしてみるといいかもしれません。

まとめ

1.債務整理後は、完済したあと5年以上経過すれば借り入れが出来る可能性がある
2.以前に債務整理をした銀行や信用会社からは借り入れできなくなる
3.債務整理後に借り入れをするなら、個人信用情報を手に入れる
4.債務整理後であっても、債務整理が過払い金返還だった場合には、借入をすることができる
5.債務整理後、借り入れは無理でもクレジットカードは作ることができる場合がある
6.債務整理後、返済中でも借り入れができる金融機関は金利が高いことがある
7.債務整理をしていても、実際に審査をしてみないと借り入れができるかは分からないことが多くある

編集後記

債務整理後の借り入れには、いくつかの条件があります。
債務整理後5年以上の経過だったり、個人信用情報に記載がないことだったり、さまざまです。
ですが、債務整理後に必ず借り入れができなくなるわけではない事が、分かったと思います。
それでも、1度債務整理をしたら、二度と借り入れをしない!くらいの気持ちがないと、また借金生活になってしまうかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

債務整理後に借り入れは可能なのか?
Reader Rating 2 Votes