消費者金融業界を知る「小口融資の増加」

shutterstock_203593036

消費者金融業界というのは、知られているようで、意外と知られていないものなのです。

大きなニュースになることも少ないので、金融業界に興味がない人は知らないことが多いと思います。
では、そんな消費者金融業界を知るためのポイントを紹介します。

1.消費者金融業界は小口融資のニーズに応える形で誕生した

消費者金融業界というのは、従来までの銀行による大口融資ではなく、個人に向けた小口融資のニーズに応えるために誕生しました。
従来、融資というのは銀行からの企業に対する大口融資のみでした。
ですが、戦後の日本において、個人に向けた小口融資も必要になってきたのです。
もともとは、サラリーマンを対象として小口融資として始まった消費者金融なので、以前はサラ金と呼ばれていたこともありました。
その後、銀行のカードローンが普及するなどして、多くの人が消費者金融を利用するようになりました。
その中では、強引な貸付けや取り立ての影響が社会問題となる時期もありました。
今は、貸金業規制法が制定され、貸付の限度額などが決められるようになりました。
現在の日本では、10人に1人が消費者金融から借入を行っているといわれています。
消費者金融業界の小口融資のニーズは、これからさらに増えていくのではないかと予想されます。

2.近年になり、消費者金融とメガバンクが接近している

銀行と消費者金融業界というのは、もともとあまり接点がないものでした。
そもそも消費者金融業界は「貸金業法」で運営されており、銀行は「銀行業法」で運営されています。
なので、この2つにはもともと、大きな差があったのです。
とはいえ、最近では消費者金融と銀行のメガバンクが接近しているのです。
メガバンクと消費者金融が提携することで、借り入れがしやすいキャッシングローンが誕生しているのです。
銀行は独自のカードローンなどを提供していましたが、審査が厳しく、なかなか利用者は増えませんでした。
一方の消費者金融も、ある程度需要を拡大した後の利用者数は伸び悩んでいました。
消費者金融のノウハウを銀行は必要としていて、消費者金融はメガバンクのブランドイメージを必要としていました。
そこでこの2つが提携することによって、新しい需要の拡大が期待できたのです。
銀行と消費者金融業界は、お互いの利益のために提携し、これからも協力関係を続けていくのです。

3.上限金利の引き下げによる消費者ローンの過払い問題が多くなっている

2006年に消費者金融業界には金利の上限引き下げが言い渡され、2010年に完全施行されました。
それまでの上限金利というのは、29.2パーセントでしたが、上限金利の引き下げ以降は、10万円以下であれば20パーセント、100万円以下で18パーセント、100万円以上で15パーセントにまで引き下げられたのです。
よって、引き下げられたときの超過分の金利というのは、過払い金として返還されるようになったのです。
上限金利が引き下げられたにも拘らず、それ以前の借金を返済している人というのは、前の金利のままで返済していることも多くありました。
近年になって過払い金の返還請求が多くなってきているので、消費者金融としてもあまり過払い金を支払いたくない状況になってきているのです。
上限金利の引き下げは、利用者にとってはもっと消費者金融で借り入れがしやすい状況になったわけですが、消費者金融業界としては、上限金利の引き下げは大きなダメージとなってしまいました。

4.総量規制が出来たために消費者金融の貸付が厳しくなった

消費者金融業界のダメージというのは、上限金利の引き下げだけではありません。
総量規制という規制が出来たために、消費者金融の貸付け条件が厳しくなってしまったのです。
総量規制というのは「年収の3分の1以上の貸付は出来ない」という規制です。
借り入れが多くなってしまうと、それだけ返済が大変になります。
借入できる額の上限を決めておかないと、どれだけでも借り入れが出来ることになり、返済不能となってしまう人が増えてしまうのです。
また、まだ取り立てなどが厳しかった時代には、借金を苦にして自殺をしてしまう人も多かったのです。
そのような問題を止めるためにも、総量規制と言う規制が出来たのです。
消費者金融は、信用情報機関などで借り入れ状況などを知ることが出来ます。
その時点で年収の3分の1程度の借り入れがあったときには、新しく貸付をすることは違反になってしまったのです。
消費者金融業界としては、お金を貸すことが利益に繋がるので、貸し付け条件が厳しくなるとそれだけダメージを負ってしまうのです。

5.今後、消費者金融業界は発展していくものと見られている

今後の消費者金融業界というのは、徐々に上向きになっていくのではないかと予想されています。
過払い金請求や上限金利の引き下げ、総量規制など、消費者金融側にとってはデメリットとなりえることが多数あります。
利用する側としては、より利用しやすくなった消費者金融と思うことが出来ますが、実際、消費者金融側としてはなかなか利益が上がらないという状況になりつつあったのです。
ですが、業界全体で見てみると、貸付金額が上昇していて、新しく借入を行う人が増えてきているのです。
これは、新規顧客の獲得に、各消費者金融が乗り出しているからと考えることが出来ます。
また、消費者金融と提携する銀行が増えたことも、上向きになってきた要因の1つといえるでしょう。
銀行というブランド価値があるからこそ、借入をする人もいるのです。
消費者金融業界の今後というのは、過払い金の返還などの問題があったとしても、徐々に上向きになっていくのではないでしょうか。

まとめ

1.消費者金融業界は小口融資のニーズに応える形で誕生した
2.近年になり、消費者金融とメガバンクが接近している
3.上限金利の引き下げによる消費者ローンの過払い問題が多くなっている
4.総量規制が出来たために消費者金融の貸付が厳しくなった
5.今後、消費者金融業界は発展していくものと見られている

編集後記

消費者金融業界というのは、色々な規制の影響を受けて、一時は業績が悪化していました。
ですが、小口融資を求める人の数というのは少なくないので、一定数の需要はあるのです。
消費者金融業界の今後というのは、この小口融資をどれだけ増やすことが出来るかにかかっているのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!