主婦が消費者金融を利用する5つのメリット

銀行系消費者金融というのは、銀行が提供しているキャッシングローンの事を指しています。

主婦でも利用できることや、利便性の高さ、安心感から、利用者数が増え続けています。

主婦が銀行系消費者金融を利用することのメリットについて、考えてみましょう。

1.銀行系消費者金融は利用限度額が高い

銀行系消費者金融の一番のメリットというのは、利用限度額が高いことです。

キャッシングローンには、サラ金と呼ばれていたような消費者金融、クレジット会社などが発行する信販系カード、そして、銀行系キャッシングがあります。

信販系のキャッシングカードは利用限度額が低く設定されていることが多く、消費者金融、銀行系の順番で限度額が上がっていきます。

消費者金融と銀行系のキャッシングローンは、最近になってほとんど利用限度額が変わらなくなってきましたが、平均してみると銀行系の方が限度額が高いのです。

銀行系のキャッシングローンは、主におまとめローンとして利用する人が多いことも、限度額が高く設定されている1つの要因です。

消費者金融系よりも金利が安いため、複数の借金をまとめることに適しているのです。

なので、消費者金融でしてしまった借金を銀行系に借り換えるというようなことも行われるようになりました。

元々、住宅ローンなどの大口融資を得意としている銀行なので、限度額が高いことも納得できます。

銀行系消費者金融は、利用限度額が高いので、さまざまな用途に利用することが出来るのです。

2.銀行系列なら、安心して借入をすることが出来る

サラ金や消費者金融と聞くとどうしても悪いイメージがありますが、銀行系と聞くと安心して借り入れすることが出来るのも、メリットの1つといえるでしょう。

銀行系キャッシングローンというのは、ここ数年で増えてきたものです。

もともと、消費者金融のような貸金業は、銀行では行われていませんでした。

ですが、市場規模の頭打ちが目立ってきた消費者金融と提携することで、消費者金融側にも、銀行側にも新しい顧客を取り入れようとしたのです。

お金を借りるとき、借りる人は何を重視するかというと、その会社の安心感です。

もちろん金利なども気になるところですが、安心感がある会社から借り入れをしたいと思うのは当たり前のことなのです。

そこに「銀行」というブランド価値があれば、利用する側にも安心感が生まれてくるのです。

「銀行」の名前があるという安心感から、安心して借入をすることが出来ることも、銀行系消費者金融のメリットなのかもしれません。

3.専業主婦のような所得がない人も借り入れをすることができる

専業主婦のような所得がない人であっても、銀行系キャッシングローンなら借入をすることが出来ます。

消費者金融の貸付け対象になるのは、「本人に安定した収入がある」ことが条件になっています。

つまり、パートやアルバイトだとしても、本人に収入があることが前提なのです。

主婦が消費者金融で借り入れをしようと思ったら、パートなどをしていることが必要な条件になります。

ですが、銀行系消費者金融は違います。

銀行系のキャッシングローンは、専業主婦でも申し込みが出来るのです。

消費者金融は貸金業法という法律の中で運営をしているので、総量規制などの問題があります。銀行系はキャッシングローンのサービスを展開していても、

銀行業法の中で運営されているものなので、規制が少ないのです。

総量規制の問題がないことが、銀行系が専業主婦に貸付を行うことができる理由になっています。

所得がない人でも借入をすることが出来るという利便性も、銀行系消費者金融のメリットになるでしょう。

4.サラ金のような消費者金融よりも金利が安い

銀行系消費者金融と、サラ金の大きな違いというのは、金利です。

サラ金の金利は、上限金利が引き下げられたといっても、18パーセントという高い金利になっています。

少ししか借り入れをしていないのに18パーセントもの金利が乗っていると、返済はとても大変になってしまいます。

そのため、借金返済のために借金をしなければいけないという状況になってしまうのです。

一方、銀行系のキャッシングローンは、14.5パーセント程度が金利の上限になっているところがほとんどです。

消費者金融と比べてみると、その差は歴然なのです。

借金をするときには、金利に応じた利息を支払う必要があります。

支払わなければいけない利息ですが、少しでも安いほうが良いというのは当たり前に思うことです。

ですから、サラ金よりも銀行系キャッシングローンを選ぶ人が増えているのです。

返済の負担を減らすことができるのも、銀行系消費者金融を利用するメリットの1つになっているのです。

5.銀行ネットワークの広さから利便性が高いキャッシングローンである

銀行というネットワークの広さは、消費者金融のようなキャッシングローンサービスを展開するときにとても大きな影響を与えています。

大手の銀行であれば、全国どこに行っても支店があります。

地方銀行であったとしても、その地方には数多くの支店があります。

また、最近ではコンビニATMと提携している銀行も数多くあり、ネットバンクなど24時間いつでも稼動している銀行も増えてきました。

このように、銀行というのは広いネットワークを持っているのです。

ですから、キャッシングローンを利用するときにも、とても利便性が高いのです。

例えば、夜に急に病気になってしまって夜間診療に行きたいけど、手持ちのお金がないというとき。

銀行の口座にはお金があるけど、時間外で引き出せないときにはキャッシングを利用することが可能なのです。

銀行系消費者金融のキャッシングは24時間対応しています。

なので、急な出費のときにもお金を用意することができるのです。

銀行系消費者金融のメリットは、ネットワークが広いことによる利便性の高さなのです。

銀行系消費者金融は、今、とても人気があります。

普通のサラ金でお金を借りるよりも安心できるという人が多いのです。

とはいえ、銀行系消費者金融でも借金は借金なので、計画的に利用することが大切になります。

まとめ

1.銀行系消費者金融は利用限度額が高い 2.銀行系列なら、安心して借入をすることが出来る 3.専業主婦のような所得がない人も借り入れをすることができる 4.サラ金のような消費者金融よりも金利が安い 5.銀行ネットワークの広さから利便性が高いキャッシングローンである

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

主婦が消費者金融を利用する5つのメリット
Reader Rating 2 Votes