イオンクレジットカードの過払い金請求で行う7つのステップ

shutterstock_247768132

イオンクレジットに過払い金請求をする人が、最近は増えているようです。

クレジットカードであっても、キャッシング枠を使った事があれば、過払い金請求が出来る可能性があります。

今回は、イオンクレジットの過払い金請求について紹介します。

1.イオンクレジットに過払い金があるかどうか調べる

イオンクレジットに過払い金があるかどうか調べることが、まず最初のステップになります。

イオンの発行しているクレジットカードには、キャッシング枠が付いている事があります。

通常であれば、クレジットカードとしてショッピングに利用した場合は、過払い金が発生していることはありません。

ですが、キャッシング枠を利用しているのであれば、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金があるかどうかを調べるには、まず、イオンクレジットの窓口に問い合わせる事が必要になります。

2.取引履歴を送付してもらう

イオンクレジットから取引履歴を送付してもらうことで、過払い金請求をすることができます。

取引履歴には、借り入れ日時や完済日などの取引の履歴が載っています。

イオンクレジットの窓口に連絡をして「取引履歴を送付してください」と言うと、送付してもらう事ができます。

イオンクレジットから送付してもらう取引履歴は、実際に過払い金請求をするときに必要になるので、必ず取り寄せてください。

3.差し引き計算をする

イオンクレジットに過払い金があるかどうかは、差し引き計算をすることで分かります。

一番簡単な差し引き計算の方法は、インターネットを使う事です。

ネットで「差し引き計算」と検索をすると、そのための無料ソフトなどが出てくるので、これを利用しましょう。

無料ソフトを利用することで、簡単に差し引き計算を行う事ができます。

自分で行う事も可能ですが、手間がかかるので、ソフトを利用することをおすすめします。

この差し引き計算を行った結果、イオンクレジットに過払い金があれば、過払い金請求をする事ができます。

4.自分で過払い金請求をする

イオンクレジットに過払い金があれば、自分で過払い金を請求する事もできます。

自分で過払い金を請求するときには、まず、イオンクレジットに連絡をしてみましょう。

過払い金が発生している旨を伝えると、交渉をすることができます。

全額返金してもらうことが大切ですが、すぐに現金が必要な場合などには、8割程度の金額ですぐに振込みをしてもらうことも検討してもいいと思います。

自分で過払い金についての交渉を行うときには、妥協をしないことが大切です。

また、交渉を行っても自分の望む結果にならなかった場合には、訴訟を行うこともできます。

イオンクレジットに過払い金が発生しているときには、自分で過払い金請求の交渉を行うこともできるので、覚えておきましょう。

5.弁護士や司法書士に依頼

イオンクレジットに過払い金が発生しているのであれば、弁護士や司法書士に依頼することもできます。

弁護士や司法書士に依頼するメリットとしては、依頼をしたら、後は自分で何もしなくても過払い金が返還されるというところです。

やはり、弁護士や司法書士はプロなので、交渉をして、ほぼ全額の過払い金を返還してもらうことが可能でしょう。

ですが、その分、弁護士費用や司法書士の費用がかかってしまいます。

過払い金として返還される金額の範囲内であれば、弁護士などに依頼することがイオンクレジットへの過払い金請求の確かな方法なのです。

6.イオンクレジットの過払い金を受け取る

イオンクレジットで過払い金請求をしたら、2〜3ヵ月後に過払い金を受け取る事ができます。

過払い金が返還されるまでの時間は、一般的に2〜3ヶ月かかるといわれています。

ですが、この期間も交渉次第なので、もう少し短くなることもあり得るかもしれません。

また、この期間は、和解が成立してから支払われるまでの期間なので、全体を通すと5ヶ月程度の時間がかかります。

時間がかかっても、過払い金があれば必ず取り戻す事ができます。

イオンクレジットに限らず、過払い金請求には時間がかかるので、じっくり行いましょう。

7.イオンクレジットで5年以上取引があれば、過払い金が発生している可能性がある

イオンクレジットで5年以上取引があるのであれば、過払い金が発生している可能性があります。

まず、過払い金を請求しようと思ったとき、「自分には過払い金があるのか?」と悩む人もいます。

実際に差し引き計算をしてみれば分かる事ですが、ある程度の目安としては、5年以上の取引があること、になります。

5年以上の取引があり、尚且つキャッシング枠を利用しているのであれば、過払い金が発生している可能性があります。

「イオンクレジットに過払い金があるのか?」と思ったときには、5年を目安に考えてみてください。

まとめ

イオンクレジットの過払い金請求で、払いすぎたお金が戻ってくる人が増えています。 イオンのような大企業であれば、過払い金が支払われないということもないので、可能性があるのなら、差し引き計算をするメリットというのはあると思います。 イオンクレジットの過払い金請求は、自分で行う事もできるので、もしかしたらと思ったら検討してみてください。 1.イオンクレジットに過払い金があるかどうか調べる 2.取引履歴を送付してもらう 3.差し引き計算をする 4.自分で過払い金請求をする 5.弁護士や司法書士に依頼 6.イオンクレジットの過払い金を受け取る 7.イオンクレジットで5年以上取引があれば、過払い金が発生している可能性がある

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

イオンクレジットカードの過払い金請求で行う7つのステップ
4.2Overall Score
Reader Rating 7 Votes