ローンカードを利用するときのメリット・デメリット

shutterstock_271623224

ローンカードは、気軽にいつでもお金を引き出せるものです。

ですが、引き出したお金はすべて、借金になってしまうので、賢く使う事が大切なのです。
今回はローンカードを利用する時に知っておくべきことを紹介しようと思います。

1.少額だけを借りる

ローンカードを利用するときには、少額だけを借りるようにしましょう。
ローンカードの年率は、総じて高いものです。
たくさんの借り入れをしてしまうと、返済に時間がかかってしまいます。
年率が高いということは、借り入れ期間が長くなればその分利息も増えてしまうと言う事になります。
年率が高くなれば、利息の金額が増えて返済が大変になります。
少額だけを借りてすぐに返せば、利息も少なくて済みます。
ローンカードの年率は高いので、少額だけを借りてすぐに返すようにしましょう。

2.借りすぎない事に注意する

ローンカードを利用するときには、借りすぎないように注意しましょう。
借りすぎてしまうと、返済が大変になります。
いくら金利の低い銀行系ローンカードであったとしても、多額の返済をする事は大変なことなのです。
そして、返済に時間がかかると、金利の低いローンカードでも利息が増えていってしまうのです。
そうならないためにも、借りすぎない事が大切です。
例えば、2,3ヶ月で返せるような金額だけを借りて、返しきるまでは借り入れをしないと決めておくといいのかもしれません。
ローンカードを利用するなら、借りすぎないように注意をしましょう。

3.ローンカードの借り入れの返済はすぐに行う

ローンカードの借り入れでは、返済をすぐに行う事が大切です。
ローンカードの返済が長引いてしまうと、どうしても利息が増えて返済額が増えてしまう事になります。
ですが、返済をすぐに行うことができれば、利息も少なくなり、返済額は元金に少し利息がプラスされたくらいの金額になります。
このように、すぐに返済をすることで、返済総額を抑える事ができるのです。
返済総額をおさえる事ができれば、無駄なお金を払わなくて済むということにも繋がります。
ローンカードの借り入れをしたときには、返済をすぐに行う事が大切です。

4.複数のローンカードで借り入れをしたら、一本化する

複数のローンカードで借り入れをしたら、一本化することを検討しましょう。
3つの借り入れがあった場合、返済日がバラバラで忘れてしまうという経験はないでしょうか?
そういったとき、一本化して借り換えをしてしまうと、返済日が1日になって返済忘れがなくなるのです。
そして、3つの借り入れには、それぞれ利息がつきます。
その利息も、一本化してしまえば減る事もあるのです。
そのため、借金の総額を減らしたい人、返済総額を減らしたいという人は、低金利のローンに一本化している人も多いのです。
複数のローンカードを利用して返済が大変になってしまったときには、一本化することも検討しましょう。

5.ローンカードを初めて申込むなら、銀行系カードローンを選ぶ

ローンカードを始めて申込むなら、銀行系カードローンを選びましょう。
初めてのローンカードというのは、色々と不安になってしまうと思います。
そして、消費者金融というと、マイナスイメージが付いて回るので、借りにくいという人もいるのです。
そういうときに銀行系ローンカードを選んでみてください。
銀行系ローンカードは、大手のメガバンクが展開しているローンカードなので、サポートが充実しています。
借り入れの際の注意点、返済についてなど、疑問に思う事があれば、しっかり答えてくれるでしょう。
そして、返済のときにかかる利息や年率も、消費者金融と違って低いので、返済が楽になります。
初めてローンカードを申込むときには、まず銀行系ローンカードを選びましょう。

6.返済計画を立てる

ローンカードを使うときには、最初に返済計画を立てましょう。
何の計画もなくお金を借りる人はいません。
例えば「○○が欲しいから」とか「車の修理費として」といった理由でお金を借ります。
なので、必要なお金の額は、借りる前から分かっています。
ですから、必要なお金の額が分かった段階で、返済計画も立てておきましょう。
車の修理費を例に出すと、10万円の修理費がかかったとしたら、毎月の最低返済額だけを返済していくのではなく、余裕分も返済にあてるような計画を立てる事です。
毎月の返済額が5000円であったとしたら、プラス1万円を追加で返済していくことで、返済が早く終わります。
ローンカードで借り入れをするときには、なるべく返済に時間がかからないような返済計画を立てる事が大切です。

7.借金であることを自覚する

ローンカードは、借金です。
コンビニでカードと暗証番号を入力するだけで、簡単にお金を引き出す事ができます。
ですが、そのお金は自分のものではありません。
それは、借り入れをした借金なのです。
ローンカードは、簡単にお金を借りる事ができる反面、借金をしたという意識が薄くなります。
そのため、借金を繰り返してしまう人が多いのです。
ローンカードを使うと、確実に借金が増えていきます。
ローンカードを使うときには、自分のお金ではなく、借金をしているのだと言う自覚を持ちましょう。

まとめ

1.少額だけを借りる
2.借りすぎない事に注意する
3.返済はすぐに行う
4.複数のローンカードで借り入れをしたら、一本化する
5.ローンカードを初めて申込むなら、銀行系カードローンを選ぶ
6.返済計画を立てる
7.借金であることを自覚する

編集後記

ローンカードはとても便利なものです。
ですが一方では、使い方を間違えると借金を増やしてしまうこともあるのです。
ローンカードを利用するときには、メリットとデメリットを知って、正しく使うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ローンカードを利用するときのメリット・デメリット
2.5Overall Score
Reader Rating 0 Votes