キャッシングの年率を気にしなければいけない5つの理由

shutterstock_187144067

キャッシングをするとき、年率を気にする人が居ます。

年率とは、借金に対して1年間でかかる金利のことです。
では、キャッシングの年率を気にしなければいけない理由について、考えていきたいと思います。

1.キャッシングの年率が高いと支払い総額が高くなる

キャッシングの年率というのは、法で決められています。
ですが、低い年率と高い年率の差があり、ローン会社やクレジット会社は、その間で自由に年率を決めることが出来ます。
キャッシングの年率が高いとどうなるかというと、支払い総額が高くなってしまうのです。
年率というのは、1年間借金をしたときに支払わなければいけない金利や利息のことです。
例えば、10万円を1年間、18パーセントの年率で借りていたとしたら、利息は1万8000円です。
でも、10万円を1年間、3パーセントの年率で借りていたとしたら、3000円の利息になります。
これは極端な例ですが、年率が低いということは、イコール、返済するべき利息が少なくなるということになります。
年率が高いと、それだけ利息が高くなります。
先程の例でいうと、3パーセントと18パーセントでは、1万5000円の差がありました。
なので、キャッシングをしようと思ったときには、そのローン会社、クレジット会社の年率を気にする必要があるのです。

2.年率が気になるなら、無利息期間を使う

キャッシングをしたときにかかる年率が気になるのであれば、無利息期間を上手に使うことで、利息を支払わなくてもよくなる可能性があります。
クレジット会社やローン会社では、キャッシングの年率を決めています。
一般的に、借入限度額が高くなればなるほど年率は低くなります。
例えば、500万円の借入枠があれば年率は3パーセントで、50万円の借入枠であれば年率は18パーセントです、というようなことは、どこのクレジット会社でもあり得ることです。
なので、主婦でも借りられるというカードローンの年率は、少し高めに設定されていると言ってもいいでしょう。
支払わなければいけない年率を少しでも節約したいというときには、ローン会社の定める無利息期間を使ってみるといいと思います。
無利息期間のキャンペーンを行っているカードローンは少ないですが、これらを利用すると、一定期間に返済をすれば無利息なので、年率を気にすることなくキャッシングをすることが出来るのです。

3.長期の取引では、キャッシングの金利を確認する

長期の取引になると、いつの間にかキャッシングの年率が変わっているということがあります。
年率というのは、借入額によって変わる場合や、取引期間によって変わる場合があります。
なので、カードローンなどの利用が長期間にわたっている場合には、最初の年率と今の年率が変わっている場合があるのです。
年率を知っておくことは、自分が払うべき利息の額を知ることになります。
なので、とても大切なポイントになるのです。
年率を知る方法は、いくつかあります。
まず、ネット上にマイページがあるようなカードローンでは、そこから自分に適用されている年率を知ることが出来ます。
また、コンビニATMを利用したあとの明細に、年率が表記されている場合もあります。
それでも分からないようであれば、問い合わせをしてみるといいと思います。
年率というのには、最低年率と最高年率の幅がとても大きなものです。
ですから、自分の年率がどのくらいなのかということを知っておくことは、キャッシングをする上でとても重要なことなのです。

4.キャッシングの年率は、日数で計算する

キャッシングの年率というのは、「1年間にかかる利息金額」ですが、実際は日数で計算をしていきます。
実際の利息金額の計算方法は「借入額×年率÷365×借入をしている日数」で計算されます。
10万円を借りたとき、1年間、ずっと10万円を借り続けている人は少ないと思います。
少なくとも、毎月毎月の返済期日には、5000円でも1万円でも、返済を繰り返しているでしょう。
そうなると、年率の計算で分かる利息金額は変わってくるのです。
最初、10万円を借りたときに、1ヶ月で返済しようと思ったら「10万円×年率÷365×30日」で計算をします。
年率が18パーセントであれば、約1480円の利息を支払います。
これが、返済までに180日、約半年かかるとすると、払うべき利息は8876円程度になります。
このように、実際に支払うべき利息を知るためには、借りた金額を返済できるまでの期間が大切になるのです。
キャッシングの年率というと1年間の金額と思いがちですが、実際には、借りている日数によって計算されるものなのです。

5.実は、年率よりもキャッシングの期間を気にするべきである

実際にキャッシングをするとき、気にしなければいけないのは、年率ではなく借入の期間です。
年率というのは、1年間にかかる利息の金額を出すためのものです。
ですから、借入をしている期間が1年よりも短ければ、1年間でかかる利息よりも少ない金額の利息を支払うことになります。
キャッシングをするとき、ほとんどの人は、返済計画を立てて借入をしていると思います。
「○日までには全額返済」「○ヶ月で全額返済」という計画を立てて借入をすることは、とても大切なことです。
短い期間で完済することが出来れば、利息も少なくて済みます。
逆に、借入期間が長くなってしまえばしまうほど、利息の金額は高くなってしまうのです。
お金を借りれば、どんな借り方をしても利息を支払わなければいけなくなります。
ですから、支払うべき利息は少しでも少なくしようという意識が大切なのです。
特に、キャッシングの年率が高く設定されている場合には、早めの完済をして、利息を少なくする努力が必要でしょう。

まとめ

1.キャッシングの年率が高いと支払い総額が高くなる
2.年率が気になるなら、無利息期間を使う
3.長期の取引では、キャッシングの金利を確認する
4.キャッシングの年率は、日数で計算する
5.実は、年率よりもキャッシングの期間を気にするべきである

編集後記

キャッシングの年率について考えてきましたが、実は、年率を気にするよりも借入期間を気にする方が重要であることがわかったと思います。
もちろん、年率を気にすることも大切です。
でも、キャッシングをするときには、年率よりも早めの返済を考えておくといいのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシングの年率を気にしなければいけない5つの理由
2.7Overall Score
Reader Rating 0 Votes