債務整理後に住宅ローンを組むことが出来ない7つの理由


債務整理後には、住宅ローンを組むことが出来ないといわれています。

債務整理には色々なデメリットがありますが、住宅ローンなども組むことが難しくなるのです。
では、どうして住宅ローンを組むことが出来ないのか、その理由を見ていきましょう。債務整理とは…

  • 借金を払えなくなった人が、借金の減額などをするために行うものである
  • 債務整理には、自己破産や任意整理などの種類がある
  • 債務整理後には、ローンなどを組むことが難しくなる

債務整理は、借金の減額や過払い金返還のために行います。
債務整理を行う原因として一番多いのは「借金が払いきれないため」です。
なので、その後に起こるデメリットも数多くあるのです。

1.信用情報機関に債務整理後であることが記載されてしまうため住宅ローンが組めない

債務整理後には、信用情報機関に「債務整理をしたことがある」と記載されてしまい、住宅ローンを組むことが難しくなります。
債務整理というのは、いわゆる「事故情報」となってしまいます。
住宅ローンは一千万円以上のローンになります。
なので、信用情報機関に記載されている情報が重要視されるのです。
つまり「債務整理をした」ということが「借金を払えなくなった」と捕らえられてしまうのです。
そのため、銀行などからの信用を得ることが出来ずに、住宅ローンを組むことが難しくなります。
一般的には、5年から10年程度の時間が経過すれば、その情報は破棄されることになります。
ですが、住宅ローンを組む銀行と、以前に債務整理をしたローン会社が同系列だった場合には、何年経っても住宅ローンを組むのは難しいでしょう。

2.債務整理後の残債があると住宅ローンが組めない

債務整理後に残債がある場合、住宅ローンを組むのは難しいといえます。
債務整理のうち任意整理はは、今ある借金を減らすためのものです。
つまり、いくらかの借金は残ってしまう可能性があるのです。
債務整理をしても、借金の残債が残っていれば、まだ返済中とみなされて住宅ローンを組むことが出来ません。
住宅ローンは、他のローンに比べて審査が厳しいので、残債が残っていると余計にローンを組むことは難しいでしょう。

3.債務整理後の年収が低いと住宅ローンが組むことが難しくなる

債務整理後5年や10年が経過しても、年収が低いと住宅ローンを組むことは難しいのです。
債務整理をするということは、借金を払いきれるだけの収入がないということです。
なので、債務整理をしたあと年収が上がっていなければ、住宅ローンを組むことはできなくなります。
住宅ローンは一千万円程度の大きな金額でのローンになります。
なので、年収300万円台の人が住宅ローンを組もうとすると、債務整理をしたことがなく借金すらなくても、組むことが難しくなります。
借金がなくても難しいのなら、債務整理後はもっと難しいことだと思ってください。
住宅ローンを組むには、年収が大きく関わってくるのです。

4.ローンの支払いが遅れたことがあると、債務整理後も住宅ローンが組めない

ローンの支払いが遅れたことがあると、信用情報に記載されてしまい、債務整理後に住宅ローンを組むことが難しくなります。
信用情報には、債務整理があったことの記載の他にも、ローンの支払いが遅れたことなども記載されます。
そのため、ローンの支払いが遅れたという情報があれば、「信用できない」と思われてしまいます。
なので、住宅ローンという大きな金額のローンの審査が通ることが難しくなるのです。
債務整理をしていれば、それだけ「支払い能力がない」とみなされてしまいます。
債務整理後であっても、過去にローンの支払いが遅れるなどの情報が記載されていると、住宅ローンを組むことは難しいでしょう。

5.債務整理後5年以上が経過していても、自己資金がなければ住宅ローンは組めない

債務整理後、一般的には5年から10年が経過すれば住宅ローンも組めるといわれています。
ですが、その場合でも自己資金がなければ、住宅ローンを組むことが出来なくなります。
債務整理後にも残債があれば、自己資金を貯めることは難しいでしょう。
それでも住宅ローンを組むにあたって、自己資金の有無は重要になります。
自己資金がなく、過去に債務整理をしていれば、住宅ローンを組むことはとても難しいことなのです。

6.家族の借金を肩代わりして債務整理を行うと、住宅ローンが組めなくなる

自分ではなく、家族の借金を肩代わりしてからの債務整理後は、住宅ローンを組むことが難しくなります。
家族の借金であっても、肩代わりしてしまえば自分の借金としてみなされます。
そして債務整理をしていると、「自らの借金を債務整理した」と思われてしまうのです。
自分から借金をしたわけではなくても、住宅ローンを組むことは難しいのです。

7.債務整理後、債務整理をした会社の系列銀行では住宅ローンが組めない

債務整理後5年や10年が経過しても、過去に債務整理をしたローン会社系列の銀行では、住宅ローンを組むことが出来ません。
信用情報機関に記載される「債務整理」という情報は、5年ほどで消えるといわれています。
ですが、ローン会社や系列銀行で独自に記載される情報は、10年程度では消えることはありません。
もしかしたら、系列銀行では一生、住宅ローンを組むことが出来なくなるかもしれないのです。
なので、債務整理後に住宅ローンを組もうと思ったら、債務整理をしたローン会社系列銀行を避けて、他の銀行を選ぶようにするといいかもしれません。

まとめ

1.信用情報機関に債務整理後であることが記載されてしまうため住宅ローンが組めない
2.債務整理後の残債があると住宅ローンが組めない
3.債務整理後の年収が低いと住宅ローンが組むことが難しくなる
4.ローンの支払いが遅れたことがあると、債務整理後も住宅ローンが組めない
5.債務整理後5年以上が経過していても、自己資金がなければ住宅ローンは組めない
6.家族の借金を肩代わりして債務整理を行うと、住宅ローンが組めなくなる
7.自営業や契約社員の場合、債務整理後の住宅ローンを組むのが難しくなる

編集後記

債務整理後に住宅ローンを組むことは、難しいのです。
よく言われているのは、5年から10年の期間を空けることと、債務整理をしたローン会社系列の銀行を避けることです。
こうすることで、債務整理後にも住宅ローンを組むことが出来ます。
債務整理後には色々なデメリットがありますが、住宅ローンを組むことが出来ないこともないのでよく検討してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

債務整理後に住宅ローンを組むことが出来ない7つの理由
2.6Overall Score
Reader Rating 1 Vote