クレジットカードでキャッシングをするときの7つのポイント


クレジットカードにはキャッシング枠をつけることが出来るので、クレジットカードであってもキャッシングをすることができます。

クレジットカードのキャッシングは、一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、クレジットカードで行うキャッシングについて、紹介します。

1.クレジットカードでのキャッシングは、利用限度額が低くなっている

クレジットカードでのキャッシングは、利用限度額が低くなっています。

もともと、クレジットカードとしての機能がメインなので、キャッシングは付随するものです。

ですから、利用限度額が低くなってしまうのは、当たり前なのかもしれません。

クレジットカードのキャッシング利用枠は、30万円程度と見てもいいでしょう。

なので、万が一のときに利用するくらいにしておいて、ローンカードのような使い方は避けるべきです。

クレジットカードでのキャッシングを利用するときには、十分に注意をしてください。

2.クレジットカードのキャッシングは、返済方法が選べる

クレジットカードのキャッシングは、返済方法を選ぶ事が出来ます。

基本的に、クレジットカードと同じように、「一括返済」か「リボ払い」かを選ぶ事が出来ます。

クレジットカードの場合には「分割」がありますが、キャッシング枠を利用としたときには、大体この2つでしょう。

キャッシングなので、「一括返済」を選んでも利息がかかります。

「リボ払い」を選ぶと、当然ですが、利息も増えてしまう可能性があります。

そういったことも考えて、クレジットカードでキャッシングをしたときの返済方法を決めるといいでしょう。

3.クレジットカードのキャッシングは、コンビニATMから行う

クレジットカードのキャッシングは、コンビニATMから行うことができます。

急にお金が必要になってしまったとき、クレジットカードからキャッシングをする事ができるのであれば、コンビニで行うことができます。

提携コンビニのATMであれば手数料がかからないこともあります。

イオンクレジットなどのキャッシング枠を利用するときには、イオン銀行を利用するといいでしょう。

急にお金が必要になってしまったときに、クレジットカードのキャッシング枠というのはとても便利なものなのです。

4.クレジットカードのキャッシングでは、なるべく一括払いにする

クレジットカードのキャッシングでは、なるべく一括払いを選択しましょう。

リボ払いは、毎月同じ金額を返済していきますが、なかなか元金が減らずに返済が長期化してしまうことがあります。

そうなってしまうと、どうしても利息が増えてしまうのです。

利息を増やさないためには、一括で返済を行う事です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用するときには、なるべく一括払いを選択するようにしましょう。

5.クレジットカードのキャッシングは、繰上げ返済ができる

クレジットカードのキャッシングは、繰上げ返済をする事ができます。

繰り上げ返済をすることで、利息を減らし、返済総額を少なくする事ができます。

クレジットカードでキャッシングをしたとき、返済方法をリボにしていても、後から一括にすることもできます。

支払いの目処が立つようであれば、返済方法を一括にして、繰上げ返済をしてしまいましょう。

そうすることで、クレジットカードによるキャッシングの返済総額を減らすことができるのです。

6.キャッシングメインで使うなら、クレジットカードよりカードローンを選ぶ

キャッシングがメインであるなら、クレジットカードよりもカードローンを選びましょう。

カードを発行する目的が、キャッシングがメインの場合、利用限度額の低いクレジットカードにはあまりメリットがありません。

なので、カードローンを利用することをオススメします。

カードローンと聞くと、消費者金融をイメージする人も居ると思いますが、銀行系のカードローンを利用することもできます。

クレジットカードは本来、キャッシングのためのものではありません。

クレジットカードを発行してもキャッシングがメインになりそうなときには、カードローンを選ぶことをオススメします。

7.多目的で使うなら、キャッシング枠のあるクレジットカードを使う

多目的で使うのであれば、キャッシング枠のあるクレジットカードを使いましょう。

カードを発行したあと、ショッピングや支払いで使う予定があるのであれば、クレジットカードのほうが便利です。

キャッシング枠をつけておけば、万が一のときに現金を手にする事もできます。

多目的での利用を考えるのなら、クレジットカードには、キャッシング枠をつけて利用しましょう。

クレジットカードでのキャッシングは、本来の使い方ではありません。

なので、キャッシング枠には手をつけず、万が一のときに使うためのものとして認識しておくといいでしょう。

クレジットカードでキャッシングをするときには、クレジットカード本来の目的を忘れないようにするといいのではないでしょうか。

まとめ

1.クレジットカードでのキャッシングは、利用限度額が低くなっている 2.クレジットカードのキャッシングは、返済方法が選べる 3.クレジットカードのキャッシングは、コンビニATMから行う 4.クレジットカードのキャッシングでは、なるべく一括払いにする 5.クレジットカードのキャッシングは、繰上げ返済ができる 6.キャッシングメインで使うなら、クレジットカードよりカードローンを選ぶ 7.多目的で使うなら、キャッシング枠のあるクレジットカードを使う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードでキャッシングをするときの7つのポイント
Reader Rating 1 Vote