ATMを使ってキャッシングをするときに気をつけたい5つのポイント


ATMを使ってキャッシングをしている人はたくさんいますが、気をつけたいポイントもたくさんあります。

便利な反面、色々なことに注意が必要になってくるのです。

では、実際にatmを利用してキャッシングをするときに気をつけるべきポイントを紹介します。

1.ATMでキャッシングをすると、借金の意識が低くなる

ATMでのキャッシングはとても便利ですが、その反面、借金をしている意識というのが低くなりがちなのです。

キャッシングは、借金です。

なので、当然自分のお金ではないし、借り入れをしているのだから返済があります。

ですが、ATMで簡単に借り入れができてしまうと、どうしても借金をしている意識が低くなってしまうのです。

簡単な借り入れというのは、「自分のお金を引き出している」感覚に近いのです。

操作も、自分の口座からお金を引き出すときと同じなので、違和感なく自分のお金だと思ってしまう人もいるでしょう。

そういう人ほど、借金まみれになってしまいやすいので注意が必要です。

ATMでのキャッシングでは、「自分のお金ではない」という意識を持つことが大切です。

借金をしているのだから、当然自分のお金ではありません。

でも、そこを勘違いしてしまうと、どうしても借金が重なっていってしまうのです。

最終的に苦労をするのは自分なので、ATMでのキャッシングのときには十分に注意をしましょう。

2.キャッシングのときにもATM手数料がかかる

コンビニなどのATMでキャッシングをするときには、借り入れ時にも手数料がかかります。

その手数料はどこに行くかというと、借り入れ総額の中に上乗せされるのです。

例えば、10万円を数ヶ月に渡って細かく分けて借りていた場合、借り入れ総額は10万円ではなく、端数が発生していると思います。

この端数というのは、ATMの利用手数料も含まれているのです。

ATM手数料くらい、と思うかもしれませんが、1回につき200円から300円の手数料が積もり積もれば、あっという間に1万円くらいにはなってしまうのです。

それを一緒に返済していくということは、それなりに返済期間が延びてしまい、大変な思いをすると言うことに繋がります。

ATMの手数料をかけたくないのであれば、提携ATMを利用するといいでしょう。

三井住友のカードローンなら「@バンク」、レイクのカードローンなら「セブン銀行」などが手数料無料で利用できます。

このように、手数料無料のATMでキャッシングをすれば、余計なお金を払わなくても良くなるのです。

3.返済日を忘れてしまいやすくなる

ATMを使ってキャッシングをするときには、返済日を忘れてしまいやすくなります。

キャッシングをするとき、その返済日の決め方というのは、会社によって違ってきます。

例えば、「30日ごと/35日ごとの返済」「毎月○日に返済」という風に、クレジット会社によって返済期日の決め方は様々です。

キャッシングをするときには、自分がどの返済期日の決め方であるかということを、しっかり把握しておく必要があります。

「毎月○日に返済」という方法であれば、返済期日を忘れてしまうこともないでしょう。

ですが、特に「35日ごとの返済」という取り決めであれば、返済日は毎月変わってしまいます。

その結果、返済を忘れてしまって、余計な遅延損害金を支払うことになってしまうのです。

返済日を忘れないようにするためには、クレジット会社のお知らせ機能などを使うといいでしょう。

返済日の前日などにメールでお知らせをしてくれるので、忘れる心配がなくなります。

ATMを使ってキャッシングをしたら、返済日を忘れないための対策をとっておきましょう。

4.返済のときにもATM利用手数料がかかる

コンビニなどのATMを利用してキャッシングをしたときには、返済時にも手数料がかかります。

ATMを使うときには、絶対に手数料がかかると思っておいてもいいでしょう。

手数料は、最近の増税で値上がりしました。

今までは210円だったのが、216円になったりと、消費者の負担は増えています。

「たった○○円」と思う人は、借金をしやすい人です。

あまりお金の価値が分かっていないので、「たった」と言ってしまうのです。

お金というものは、つもり積もれば貯金にもなりますが、借金をしているときの手数料が積もれば、借金が増えることに繋がります。

そうなってしまってからでは、返済が大変になるだけで、自分には何のメリットもないのです。

ATMから返済をするときの手数料を減らしたいと思うのであれば、手数料が無料になるATMを選ぶことです。

どのATMでも借り入れや返済はできますが、提携ATMであれば手数料が無料になります。

なので、コンビニATMなどでキャッシングの返済をするときには、手数料が無料になるATMを選びましょう。

5.ATMでキャッシングをするときには、返済方法を選べる

ATMでキャッシングをするときには、返済方法を選べることがあります。

コンビニATMにローンカードを入れたとき「返済方式の選択」という画面を見たことがある人も多いと思います。

返済方式とは、主に3つの方式があります。

「元金均等返済方式」「元利均等返済方式」「リボルビング式」の3つです。

「元金均等返済方式」は元金にあてられる金額が毎月一定ということです。

「元利均等返済方式」は金利にあてられる金額が毎月一定です。

「リボルビング式」は、毎月一定の金額を支払っていく方式になっています。

一番返済が楽なのはリボルビング式ですが、これだと返済が長期化し、また、元金充填分が少なくなりやすいので、いつまで経っても返済が終わらないという事態になってしまいます。

そうならないためには、「元金均等返済方式」などを選ぶといいでしょう、

毎月の返済は大変になってしまうかもしれませんが、確実に元金は減っていきます。

コンビニATMで選べる方式はリボルビング式がほとんどですが、もし複数から選べるのであれば、キャッシングの際に考えてみてください。

ATMを利用してキャッシングを行うときには、色々と考えてから行うといいと思います。

何が自分にとって得なのかと言う事を考えられれば、十分なのではないかな、という感じです。

ATMを利用してのキャッシングでは、自己意識が大切なのだと思います。

まとめ

1.ATMでキャッシングをすると、借金の意識が低くなる 2.キャッシングのときにもATM手数料が発生する 3.返済期日を忘れてしまいやすくなる 4.返済のときにも、ATM手数料がかかる 5.ATMでキャッシングをするときには、返済方法が選べる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

ATMを使ってキャッシングをするときに気をつけたい5つのポイント
Reader Rating 2 Votes