カードローン申し込みの7つのステップ「自分にあった方法を探す」

shutterstock_182035295

カードローンの申し込みには、順序があります。

スムーズにこなすことができれば、即日でキャッシングをする事もできます。

今回は、カードローン申し込みの手順を紹介します。

1.カードローンの申し込みはWEBからする

カードローンの申し込みは、WEBから行いましょう。

書類を記入して送付するよりも、格段に審査などが早いので、WEB申し込みが今の主流になっています。

申し込みは、氏名や年齢のほかに、勤務先についてや居住環境について、他者借り入れの有無などを記入します。

この申し込みを元に審査をされるので、ここで嘘をついてはいけません。

カード会社は申し込み内容を元に嘘がないかどうかをチェックするので、虚偽の申告があればマイナスポイントになってしまいます。

カードローンの申し込みを行ったら、あとは連絡が来るのを待ちましょう。

2.カードローン申し込みの本人確認の電話を受ける

カードローンの申し込みの後には、本人確認の電話があります。

これは、偽装してカードの申し込みをしていないかをチェックするためのものです。

本人確認が出来れば、すぐに審査に移ってもらう事ができます。

本人確認の電話では、申し込み内容の確認などを行います。

不備がなければそのまま審査をしてもらう事ができます。

カードローンの申し込み確認の電話には、必ず出るようにしましょう。

3.カードローン申し込みのための審査を行ってもらう

カードローンの申し込みには、審査があります。

この審査を通らないと、カードローンを利用する事はできません。

審査基準は色々ありますが、年収や他社借り入れの有無などが重要視されます。

審査には、年収が確認できる書類が必要になることがありますが、提出を求められたときにはすぐに提出しましょう。

収入の証明になるもの(源泉徴収票など)を写真でとって送ればいいだけの場合もあるので、そういったものを利用するとすぐに審査を終えることが出来ます。

カードローン申し込みの際の審査時間は、最短で30分程度のところが増えてきています。

4.カードローン申し込みの審査結果を聞く

カードローン申し込みの審査結果を聞くことは、大切なことです。

結果はメールや電話、郵送で送られてきます。

メールや電話で結果を聞くことができた場合、そのままWEB契約をすることができます。

メールや電話の場合には、最短で30分程度、長くても1時間あれば審査結果を聞くことが出来るでしょう。

郵送の場合には、1週間程度の時間がかかります。

郵送で結果が送られてきて、それに変身をしなければいけないので、少し時間がかかります。

どちらの方法がいいのかは、自分が借り入れをしたい時期にも寄るので、検討してみてください

5.カードローンの申し込みに必要な書類を送る

カードローンの申し込みに必要な書類を送る事で、契約が進みます。

まず、カードローンの申し込みに必要な書類一覧を見てみてください。

  • 本人確認書類(保険証、免許証)
  • 収入証明(必要のない場合もある)

大まかに分けてこの2つがあれば、必要な書類はそろいます。

収入証明に関しては、言われなければ提出の義務はないので、ほとんどが本人確認書類だけで済んでしまいます。

本人確認書類を写真にとってメールに添付して送るなど、書類の送付方法は様々です。

郵送で送ってくださいと言う場合には、これも時間がかかる方法になってしまいます。

すぐに申し込みをしたカードローンを利用したい場合には、メールで添付して送る方法を選ぶといいでしょう。

6.カードローンの契約をする

カードローンの契約をすることは、カードローンを申込むときに一番大切なことです。

WEB完結の場合、判子などは要りません。

本人確認書類を送付した時点で、契約が成立になります。

郵送の場合には、契約書に氏名住所などを書いて、判子を押して郵送します。

WEB完結の場合には時間がかかりませんが、郵送の場合には、それなりの時間がかかってしまいます。

ですが、カードローンの申し込みをしたら、契約までをきちんと終わらせる事が大切なのです。

7.申し込みをしたカードローンを利用する

申し込みをしたカードローンを利用することは、2通りのパターンがあります。

まず、即日で利用する場合には、振込みをしてもらう事ができます。

即日振り込みの場合には、14時までに契約を終わらせる必要があるので、郵送が絡むカードローンでは難しいでしょう。

また、カードの受け取りを無人契約機にすることで、その日からカードを使う事ができます。

即日振り込みで利用しても、後日カードは郵送されてくるので安心です。

即日で利用しない場合には、カードを郵送してもらいます。

カードが手元に届いてから、カードローンを利用する事ができます。

まとめ

1.カードローンの申し込みはWEBからする
2.カードローン申し込みの本人確認の電話を受ける
3.カードローン申し込みのための審査を行ってもらう
4.カードローン申し込みの審査結果を聞く
5.カードローンの申し込みに必要な書類を送る
6.カードローンの契約をする
7.申し込みをしたカードローンを利用する

編集後記

カードローンの申し込みをしてから、実際に使えるようになるまでの流れを紹介しました。

これを知っておくだけで、カードローンを利用する際にどんな方法を取ったらいいのかが分かると思います。

カードローンの申し込みには色々な方法があるので、自分にあった方法を探してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローン申し込みの7つのステップ「自分にあった方法を探す」
2.5Overall Score
Reader Rating 1 Vote