カードローンの返済「賢い借金返済方法」

shutterstock_256125172

カードローンの返済には、いくつかポイントがあります。

ただ毎月、最低返済額を返していくだけでは、いつまで経っても返済が終わりません。

今回は、カードローンの返済のときのポイントについて紹介します。

1.カードローンは、少額借りてすぐに返済する

カードローンは、少額借りてすぐに返済をするようにしましょう。

カードローンは金利が高いのです。
なので、返済に時間がかかると、それだけ高い利息を支払う事になってしまいます。

そうならないためにも、カードローンの返済は、すぐに行うようにしましょう。

少額なら、借りてもすぐに返済する事ができます。
これを繰り返していく事で、借金をしても返済できるという実績を残す事にも繋がるのです。

カードローンは、少額借りてすぐに返済をするようにしましょう。

2.カードローンで借金をしたら、毎月、最低返済額は返済する

カードローンで借金をしたら、毎月、最低返済額だけは返済するようにしましょう。

カードローンの最低返済額とは、「毎月これだけの金額は必ず返してください」というものです。

つまり、それだけを支払っておけば、督促状がくることもないのです。

最低返済額は、多額の借り入れをしていなければ、それほど多くはありません。

毎月1万円程度であれば、必ず、しっかりと返済をするようにしましょう。

カードローンで借金をしたときには、最低返済額の返済さえ忘れなければ大丈夫なのです。

3.カードローンの借り入れは、余裕があれば多めに返済する

カードローンの借り入れは、余裕があれば多めに返済するようにしましょう。

最低返済額を返済していくだけでは、いつまで経っても借金の返済は終わりません。

なので、余裕があれば多めに返済することで、元金充填額を増やして、借金返済を早く終わらせる事ができるのです。

例えば、月に1万円の最低返済額だったとして、毎月生活費以外の余裕が1万円あったとします。

それなら、この余裕分の1万円のうち、5000円だけでも返済に充てることで、借金完済が近づくのです。

カードローンの借り入れの返済は早く終わらせた方がいいので、余裕があれば多めに返済をするようにしましょう。

4.カードローンの返済には、おまとめローンを利用する

カードローンの返済には、おまとめローンを利用しましょう。
複数のカードローンの借り入れがある場合、おまとめローンを利用することで、返済が楽になる事があります。

おまとめローンを使えば、毎月の返済日は1日にまとめることができます。

そして、それぞれにかかっていた利息もまとめる事ができるので、借金の返済総額が減る事にも繋がるのです。

おまとめローンを利用することには、とてもメリットがあるので、複数のカードローンの返済を行っているときには検討してみるといいでしょう。

5.カードローンの返済ができそうになかったら、電話をする

カードローンの返済が、どうしてもできそうにないときには、電話をしてみるといいでしょう。

返済が遅れると、電話がかかってきます。
でも、返済が遅れることが分かっているのなら、自分から電話をかけてしまうのが一番です。

「こういう事情で少し遅れてしまいそうです」と話せば、返済期日を延ばしてくれることもあるでしょう。

どうしても支払えないときには、利息分だけでも許してくれる場合もあります。

このように、自分から電話をして返済について相談をすることは、とても大切なことなのです。

ドラマのように怒鳴られてしまうことはないので、安心してください。

1人で悩む前に、まずはカードローンの返済の相談をしてみましょう。

6.どうしてもカードローンの返済の目処が立たない場合には、債務整理をする

どうしてもカードローンの返済の目処が立たない場合には、債務整理を検討しましょう。

複数の借金を抱えていると、返済の目処が立たないこともあると思います。

それが何ヶ月も続いてしまえば、債務整理に頼った方がいい場合もあるのです。

自己破産は最悪のパターンですが、個人再生や任意整理を行う事で、借金が軽くなることもあります。

借金が軽くなれば、生活も楽になって、返済していくことも可能でしょう。

法テラスなどを利用して、カードローンの返済の目処が立たないことを相談してみると解決策が見つかると思います。

7.カードローンの返済の為に新しい借金はしないようにする

カードローンの返済のために、新しい借金はしないようにしましょう。

よく返済が出来ないから新しく借り入れをして返済をしている人が居ますが、これをやってしまうと借金が増えるだけになってしまいます。

そのため、返済のためには借り入れをしないことが大切なのです。

返済のために借り入れを繰り返していくと、そのうちヤミ金などに手を出す事になってしまいます。

そうなってからでは遅いので、カードローン返済のための新しい借金はしないことが大切なのです。

まとめ

1.カードローンは、少額借りてすぐに返済する
2.カードローンで借金をしたら、毎月、最低返済額は返済する
3.カードローンの借り入れは、余裕があれば多めに返済する
4.カードローンの返済には、おまとめローンを利用する
5.カードローンの返済ができそうになかったら、電話をする
6.どうしてもカードローンの返済の目処が立たない場合には、債務整理をする
7.カードローンの返済の為に新しい借金はしないようにする

編集後記

カードローンの返済にはいくつかのポイントがあることが分かったと思います。

繰り上げ返済をして完済を早くしたり、万が一の時には債務整理をすることで生活を守る事も大切なのです。

カードローンの返済をするときには、計画を持って、しっかり行うようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローンの返済「賢い借金返済方法」
Reader Rating 2 Votes