キャッシングの過払い金請求をするメリットとは?

shutterstock_197718278

キャッシングの過払い金というのが、近年、話題になっています。

そもそも過払い金とは、払いすぎた利息のことを指しています。
自分のキャッシングの借金に過払い金があったときに取るべき、5つの行動を紹介します。

1.まずはキャッシングの過払い金について知る

キャッシングの過払い金請求をする前に、まずは過払い金について、きちんとした知識を持っておくことが大切になります。

そもそも、キャッシングの過払い金とは、「払いすぎた利息」のことです。
借金をすると、それに応じた利息も一緒に支払うことになります。

金利は法律で決められているので、ローン会社などによって差はあるものの、一定の範囲内で納められていることが多いのです。

ですが、法定利息を超えて、利息を支払っている場合というのは少なからず存在します。
そんなときに過払い金が発生するのです。

一般的に、過払い金が発生しているのは、長期の取引がある場合です。

5年以上の取引があれば、過払い金が発生している可能性があるといえるでしょう。
また、過払い金の返還請求が出来るのは「借金を完済してから10年以内」です。

今、支払い途中の借金でも過払い金請求は可能ですが、完済してしまってから10年を経過すると請求が出来なくなってしまいます。
キャッシングの過払い金請求は、早めに行うことが大切なのです。

2.カード会社にキャッシングの取引履歴を送ってもらう

キャッシングの過払い金請求を行うときには、カード会社に取引履歴を送ってもらうことが必要になります。
キャッシングの過払い金請求には計算などが必要になります。

ですから、そのためにはまず、取引履歴が必要になるのです。
取引履歴とは、そのカード会社とどのような取引を、いつ、どのくらいの期間したか、ということが記載されている履歴です。

カード会社に取引履歴を送ってもらうには、まず、コールセンターなどに連絡をして、「取引履歴を送って欲しい」という旨を伝えましょう。

理由を聞かれることは少ないですが、もし取引履歴が必要な理由を聞かれたら素直に「過払い金請求の計算のため」と答えても構いません。
カード会社に断られえることはないので、取引履歴を郵送してもらうようにしましょう。

取引履歴は1週間〜3週間程度で送られてきます。
その内容を元に、過払い金請求の準備を進めていきます。

キャッシングの過払い金請求には、取引履歴が必ず必要になるので、連絡をして送ってもらうようにしてください。

3.過払い金の引き直し計算をする

キャッシングの取引履歴が手に入ったら、過払い金請求のための引き直し計算を行います。

まず、引き直し計算を行うためには、法定利息を知っておく必要があります。・元金が10万円以下の場合には、年20パーセント

  • 元金が10万円以上100万円以下の場合には、年18パーセント
  • 元金が100万円以上の場合には、年15パーセント

これが、法定利息になっています。
ですから、法定利息に照らし合わせて、自分が支払った利息分が多いのかどうか、というところを計算しなおすのです。

例えば、元金10万円の場合、1年間で返済が終われば2万円の利息を支払うだけでいいのですが、そこを3万円支払っていれば、差額の1万円は過払い金となります。

これは分かりやすい例ですが、このように過払い金の計算をしていくことになります。
自分で行う場合には、インターネットなどのフリーソフトを使ったり、司法書士などに依頼をするといいでしょう。

キャッシングの取引履歴を貰ったら、過払い金の引き直し計算をして、自分の過払い金がどのくらいあるのかを把握しましょう。

4.カード会社にキャッシングの過払い金返還請求をする

過払い金の引き直し計算ができたら、キャッシングをしたカード会社に過払い金返還請求をします。
これは、司法書士や弁護士に依頼してもいいですし、個人で行うこともできます。

自分で行う自信がない場合には、司法書士などのプロの手に任せるのが一番でしょう。

過払い金返還請求は、「いくらの過払い金が発生しているので、その返還に関する話し合いをしましょう」というスタンスで行われます。
最初から裁判になったりするわけではなく、両者の話し合いによって解決する場合もあります。

過払い金は返還すべきお金でもあるので、カード会社としても支払わなければなりません。

例えば、100万円の過払い金が発生していたとして、100万円そのままを返してもらうか、80万円だったら返還できますという話し合いがなされ、両者が合意をすることで和解する場合もあります。

和解が得られないときには、そのまま簡易裁判所などで裁判をすることになります。
費用もかかってしまうので、なるべく話し合いで和解を目指したいものです。

キャッシングの過払い金請求は、両者の話し合いが一番大切なのです。

5.払いすぎた過払い金が戻ってくる

キャッシングの過払い金請求をしてから数ヶ月で、払いすぎた利息が戻ってきます。
弁護士などに依頼したときには、返還された過払い金の中から報酬を支払うことになります。

過払い金請求をしてからは、それなりの時間がかかってしまいます。
過払い金請求をしてからの流れは、和解に向けた話し合いや返還の手続きが行われます。

そして、実際にお金が振り込まれるのは、弁護士などに依頼をした場合、そちらの口座になり、そこから報酬が支払われ、その残った分の金額が弁護士経由で手元に届く仕組みになっています。

自分で過払い金請求を行うこともできますが、より確実な成功を得たいのであれば、弁護士や司法書士に依頼をするのが一番でしょう。
そして、過払い金は課税対象にはなりません。

過払い金が返還されて、その金額が100万円になっていたとしても、その分の税金を支払う必要はないので安心してください。

キャッシングの過払い金請求にはデメリットがないので、行ってみるといいかもしれません。

まとめ

1.まずはキャッシングの過払い金について知る
2.カード会社にキャッシングの取引履歴を送ってもらう
3.過払い金の引き直し計算をする
4.カード会社にキャッシングの過払い金返還請求をする
5.払いすぎた過払い金が戻ってくる

編集後記

キャッシングの過払い金請求をすることには、とても大きなメリットがあります。
なので、キャッシングの取引が長引いている人は、試してみるといいと思います。

キャッシングでの過払い金請求は、ぜひ、行ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシングの過払い金請求をするメリットとは?
Reader Rating 2 Votes