カードローンをまとめる「おまとめローン」の7つのポイント

shutterstock_277833599

複数のカードローンをまとめる手段として「おまとめローン」があります。

この「おまとめローン」には、いくつかのポイントがあり、それを踏まえる事で借金の負担を軽減することができます。
カードローンをまとめる「おまとめローン」のポイントについて紹介します。

1.おまとめローンだと金利が安くなる

カードローンを1つにまとめる「おまとめローン」では、金利が安くなることがあります。
カードローンをまとめる「おまとめローン」でよく利用されるのが、銀行系ローンです。

銀行のローンは、消費者金融に比べて金利が安いので、それだけでも借金の負担が少なくなります。
銀行のローンをおまとめローンとして使う事は、金利を安くする為のポイントなのです。
金利が高いと、それだけ生活の負担になってしまいます。

なので、少しでも金利が安いカードローンにまとめることが、借金の負担軽減にはとても大切なことなのです。

2.カードローンを1つにまとめると支払日が1つになる

カードローンをまとめると、支払日も1つにまとまります。
複数の借金を抱えている場合、返済日はそれぞれ違ってきます。
いちいち「今日は○○の返済」「今度は××の返済」と覚えておくのは大変です。

そして、返済忘れの原因にもなってしまいます。
カードローンの支払いを1つにまとめると、返済日が1日になって、返済忘れを防ぐこともできます。
そして、それぞれの返済にかかっていた手数料なども1つになるので、借金の返済が楽になるのです。

カードローンをまとめるメリットは、返済日が1つになることでもあるのです。

3.カードローンの支払い総額が減る

カードローンを1つにまとめることで、支払い総額が大幅に減ることもあります。
複数のカードローンの返済があると、それには利息がそれぞれかかってきます。
そのため、利息を多く払っているという状態になってしまうのです。

利息の負担というのは大きなものです。
そこで、カードローンをまとめることで、利息も一本化することができるのです。
そのため、支払い総額が減る事に繋がってきます。

支払い総額が減る事になれば、毎月の返済も楽になるので、生活を楽にすることもできます。
カードローンをまとめると、利息が減る分、支払い総額が減って生活が楽になってくるのです。

4.おまとめローンは精神的負担を軽くなる

精神的な負担は、カードローンをまとめることで軽くなります。
借金の返済は、精神的な負担が大きいものです。
そのため、借金の返済を苦にして自殺してしまう人もいるのです。

そこまで追い詰められてしまう前に、カードローンをまとめることで、精神的な負担を軽くすることが大切です。
借金の一本化は、利息が減って返済総額が減る事になります。
そのため、毎月の返済額も減る事に繋がります。

利息が減って、借金の返済総額が減って、返済額が減ることになれば、精神的負担も少なくなりますよね。
カードローンをまとめることには、金銭面のメリットだけではなく、精神的なメリットも含まれているのです。

5.ローンをまとめるための審査に通らない可能性もある

カードローンをまとめるためには審査が必要ですが、この審査に通らない可能性もあります。
カードローンをまとめるための「おまとめローン」にももちろん審査はあります。
そのため、収入の状況や借金の状況によっては、審査に通らない可能性があるのです。

ですが、「おまとめローン」の審査は、普通の借り入れの審査とは違います。
「借り入れをした側に一方的にメリットがある乗り換えであれば、総量規制の対象にはならない」というポイントがあるのです。

年収が低くても、借り換えをする事によって一方的にメリットがあるのであれば、総量規制を超えて借り入れをする事ができるのです。

そのためには、カードローンをまとめるための審査を行う確認の際に、「おまとめローンであること」をしっかり伝えておきましょう。

6.カードローンをまとめても、借金が増える可能性がある

カードローンをまとめても、借金が増えてしまう可能性もあるので、注意が必要です。
金利面をしっかり確認しておかないと、元々の借金の総額よりも借金が増えてしまう事があるのです。

借金が増えてしまうのであれば、おまとめローンを利用する意味がありません。
そうなってしまわないように、金利はしっかり確認しておきましょう。
とはいえ、借り換えをしたり、おまとめローンを利用するときには、金額が大きなものになります。

銀行のカードローンであったとしても、借り入れの金額が大きければ、金利が低くなっていくように設定されているのです。

カードローンをまとめる前には、まず、金利をしっかり確認して、借金が増えてしまわない事を確認してから行うようにしましょう。

7.カードローンをまとめると、契約手数料がかかる場合がある

カードローンをまとめるときには契約手数料がかかってしまう場合があります。
おまとめローンを利用するときには、契約手数料がかかる場合があります。

これは、借金の総額に上乗せされる形になるので、結果的に総額が増えてしまうという事態になってしまうこともあるのです。
そうならないためには、契約手数料がかからない銀行などに借り換えをするなどの方法を取るといいでしょう。

カードローンをまとめるメリットは借金が減る事なので、増えるようなことがあってはいけないのです。

まとめ

1.おまとめローンだと金利が安くなる
2.カードローンを1つにまとめると支払日が1つになる
3.カードローンの支払い総額が減る
4.おまとめローンは精神的負担を軽くなる
5.ローンをまとめるための審査に通らない可能性もある
6.カードローンをまとめても、借金が増える可能性がある
7.カードローンをまとめると、契約手数料がかかる場合がある

編集後記

カードローンをまとめると、様々なメリットがあります。
ですが、意外な落とし穴もあるので、十分に確認をする事が大切になってきます。

カードローンをまとめることで、借金を減らし生活を楽にするためにも、おまとめローンを検討してみる事も大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローンをまとめる「おまとめローン」の7つのポイント
2.8Overall Score
Reader Rating 1 Vote