振込キャッシングを利用する5つのメリット・デメリット

shutterstock_213041359

振込キャッシングとは、自分の口座に振り込む形でキャッシングを行うものです。

キャッシングをするために提携銀行などに行く手間が省けて、携帯やパソコンから振込依頼ができるのでとても便利です。
今回は、振込キャッシングをするときのメリットとデメリットについて、紹介します。

1.振込キャッシングなら、即日振込に対応している

振込キャッシングの大きなメリットというと、キャッシングの申し込みをした当日にすぐ、振込によるキャッシングに対応しているという点です。

いくつかのカードローン会社では、即日振り込み対応としているところがあります。
「今日、急にお金が必要になってしまった」というときに、すぐに借入をすることが出来るので、とても便利です。

万が一の事態や、急な出費というのは、いつどんな状況で起こるか分かりません。

給料日前の数日間を3000円で過ごさなければいけないという、金銭的にピンチの状況のときにも、急な出費というのはあるものです。

そんなときにすぐ、お金を借りることが出来たらいいのに、という利用者の声に応える形で、即日振り込みのキャッシングができるようになりました。
申し込みをして審査を通れば、必要な額だけを自分の口座に振り込んでもらうことができます。

そして、自分の口座からお金を引き出して出費に対応することができるのです。
振込キャッシングの大きなメリットは、キャッシングの申し込み当日に、すぐ利用できるところかもしれません。

2.自分の口座でキャッシングしたお金を受け取れる

振込キャッシングでは、自分の口座でお金を受け取ることが出来るのも、メリットの1つといえるでしょう。
振込キャッシングという名前の通り、振込みによってお金を借りることが出来ます。

なので、手元に必要なものというと、自分の口座のキャッシュカードがあればいいのです。

例えば、キャッシングをしてでもお金が必要なときなのに、キャッシングのカードを忘れてしまった、と言う場合などには、とても有り難い機能だと言えます。
携帯からでも申し込みができるので、振込キャッシングの申し込みをして、すぐに自分の口座にお金を振り込んでもらうことが出来ます。
時間にすると、1分程度で振込が完了する場合もあります。

また、家族に内緒でキャッシングをしたいというときには、自分の口座にあらかじめキャッシングをしてお金を入れておいて、必要なときに自分の口座からお金を引き出すということも出来ます。

振込キャッシングのメリットというのは、いつでも自分の口座から、お金を引き出せることにもあるのです。

3.いつでも振込キャッシングができる

振込キャッシングは、いつでも、24時間対応しています。
ネットバンク系のカードローンなどを利用している人は、その便利さをとてもよく知っているのではないでしょうか。

一般的に、銀行の振込などは、9時から15時までという時間が設定されていて、それ以降になると翌日扱いになってしまいます。
ですが、ネットバンクは例外で、24時間、振込などのお金のやり取りに対応しているのです。

振込キャッシングの場合も同じで、24時間、いつでも振込に対応してくれます。
ですから、夜、急にお金が必要になってしまったというときにも、振込キャッシングをして、必要なお金を手にすることが出来るのです。

24時間いつでもキャッシングができるというのは、とても便利です。
キャッシングのカードを持っていても、近くのコンビニATMなどの利用時間が過ぎてしまえば取り扱いができないこともあります。

そうなってしまっては、せっかくキャッシングが出来ても意味がありません。
振込キャッシングは、いつでも24時間対応してくれるので、万が一の出費にも対応できるのです。

4.借金という意識が薄くなる

逆に、振込キャッシングのデメリットというと、借金という意識が薄くなることにあります。
振込キャッシングは、実際にお金を目の前にして借入をするわけではありません。

極端な話、パソコンなどの画面の数字を見て、必要な金額を入力するだけでいいのです。
そして、お金の受け取りは自分の口座から、自分の預金を引き出す感覚で行うことが出来ます。

なので、借金をしているという意識が薄くなりやすいのです。
自分の口座からお金を引き出すことと、キャッシングカードを使ってお金を借りることでは、その意識の差というのは、大きなものがあります。

キャッシングカードを使えば、利用明細が発行されるので、借入した金額と、借入限度額などが表記されます。
ですが、自分の口座から引き出した場合には、残りの口座残高しか表記されません。

つまり、「借金であること」を忘れやすくなってしまうのです。
借金であることを忘れてしまうと、借りすぎに繋がってしまいます。

その結果、返済が大変になってしまうことがあるので、振込キャッシングを利用するなら、「コレは借金だ」と言う意識を強く持ちましょう。

5.時間によっては申し込み当日の振込が出来ないことがある

振込キャッシングというものは、申し込み当日に振込みが出来るというメリットがある、と言いました。
ですが、これには一部の例外があります。
「平日14時までに契約が完了すれば」当日振込可能、という条件があるという点です。

銀行の振込時間の関係で、平日の14時までに契約を行うことが出来れば、当日の振込に対応してくれるのです。
15時を過ぎてしまうと、どうしても次の日の扱いとして処理をされてしまいます。

ローン会社にも振込の手続きというものがあるので、その日に振込をしたいのであれば、14時までの契約は必須になります。
14時までに契約をするためには、午前中の遅くても10時までには申し込みを済ませておきたいものです。

30分で審査回答などの、審査までの時間が早いローンを選ぶことも必要でしょう。
そして、審査後に必要になる書類を用意しておいて、ローン会社の連絡があったらすぐに必要書類を提出できるようにしましょう。

無人契約機に行くことが出来れば、一番早いと思います。
申し込み当日に振込キャッシングを利用したいなら、14時までに契約を終わらせるような動きをすることが大切です。

まとめ

1.振込キャッシングなら、即日振込に対応している
2.自分の口座でキャッシングしたお金を受け取れる
3.いつでも振込キャッシングができる
4.借金という意識が薄くなる
5.時間によっては申し込み当日の振込ができないことがある

編集後記

振込キャッシングというのは、とても便利なものです。
ですが、便利な反面、借金という意識が薄くなってしまうというデメリットもあります。

振込キャッシングでも借金なので、自分の意識を強く持って、計画的に利用することが大切になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

振込キャッシングを利用する5つのメリット・デメリット
Reader Rating 1 Vote