債務整理後の借り入れで気をつける7つのポイント


債務整理とは、多重債務による支払い困難な状況を解消するためのもので、債務整理後の借り入れは基本的に難しくなります。

債務整理とは、今ある借金を見直すことで、無理のない生活を送るようにするためのものです。
ですが、債務整理を行うことによって生じてしまうデメリットもあります。

では、債務整理後の借り入れで気をつけるべきポイントとは、どんなものがあるのでしょうか。債務整理とは
債務整理とは、借金で困っている人のために、無理なく借金を返済できるようにする方法です。

債務整理にはいくつかの方法があります。

  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

これらの方法は全て、借金を少なくしたり、無理なく返せるようにするための方法です。
自己破産に関しては、借金を全てなくすことが出来ます。

ですが、どの方法を選んでも、それに伴うデメリットがあります。

1.債務整理後は5年間新規の借り入れが出来ないことがある

債務整理後の借り入れは、一般的に難しいといわれています。
債務整理が終わったあと、最低でも5〜7年程度は新規の借り入れをすることは難しいでしょう。

これは、「債務整理をした」という情報が、個人の信用情報として記載されてしまうからです。
一般的に「事故情報」と呼ばれるものです。

延滞の記録などと共に、「債務整理をした」という情報も記載されてしまいます。
債務整理は、「払えなくなったから債務整理に踏み切った」という人がほとんどです。

つまり、金融業者にしてみれば「また払えなくなる可能性がある」と写ってしまうのです。
5〜7年経てば借りられるようになる金融業者も多いので、債務整理後すぐの借り入れは控えるようにしましょう。

2.債務整理後にローンを組むのは難しい

債務整理後に新しくローンを組むのは、新しく借り入れをしようとすることと同じです。
なので、債務整理後にローンを組むのは難しいでしょう。

ローンは、新しい借り入れを同じようなものです。
自動車ローンであったり、教育ローンであっても、信用情報は必要になります。

そこに「債務整理後」と記載されていれば、債務整理後に残った借金を完済していても、ローンを組むことは難しいのです。
ローンを組むにしても、債務整理後5年以上経過をしていなければ難しいのだと、覚えておいてください。

3.以前に債務整理をしたローン会社では、再び借り入れをする

のが難しい
債務整理後5年以上経過しても、以前に債務整理をしたローン会社や金融業者から借り入れをするのは難しい場合があります。
それは「自社ブラック」と呼ばれるものです。

いわゆるブラックリストには、いくつかパターンがあります。

自己破産を行って審査すら通らない人もいますが、債務整理後に借金を完済していても「以前、自社で債務整理をしたから」という理由で借りられないことがあるのです。

また、個人的にも「債務整理をした会社からまた借りるのは忍びないな」と思う人もいるでしょう。

債務整理後に新しく借り入れをするときには、以前に債務整理をしたローン会社などを避けるといいかもしれません。

4.債務整理後に借り入れがかさんでしまったら、もう一度債務整理をすることもできる

債務整理後、以前と同じように借り入れをして借金が膨らんでしまう人は早々いません。
ですが中には、債務整理後にも借金が膨らんでしまう人もいるのです。

そういう人は、もう一度債務整理をすることが出来ます。
一般的に債務整理後や債務整理中の借り入れは出来ません。

ですが、色々な事情で再び借り入れをしてしまう人もいます。
そういう人はやはり、再び債務整理をすることになってしまいます。

再び債務整理をしてしまうような状況になれば、確実に他の金融業者から借り入れをすることは出来なくなるでしょう。
だからといって、ヤミ金などに手を出すのは避けてください。

任意整理で済んでいたものが、自己破産をすることになるかもしれないのです。

5.住宅ローンを組むとき、債務整理後だったらマイナスになる

債務整理後のに新しく借り入れをして住宅ローンを組むとき、審査ではマイナスになることがあります。
住宅ローンも、キャッシングなどと同じ借り入れの一種です。

毎月の返済額があるので、住宅ローンを組んでくれる会社は審査を行います。

信用情報に「債務整理後」と書いてあれば、審査のときにマイナスポイントになることもあります。
ですが、全部の住宅ローン会社で審査が通らないわけではありません。

審査が通る場合もあるので、1社でダメだったからと諦めずに、いくつか審査をかけてみることをオススメします。

6.債務整理をしているときには新しく借り入れはできない

債務整理中や債務整理直後は新しい借り入れはできないことは、もう当たり前のことです。
債務整理は、任意整理であれ、自己破産であれ「払いきれない借金があった」ということになります。

払い切れないから、債務整理をして払うことにしたという人がほとんどなのです。
そういった人に新たにお金を貸してくれる人がいるでしょうか?

債務整理をしている最中には、新しく借り入れをすることは出来ません。
債務整理後でも、借り入れは難しいものだと覚えておいてください。

7.債務整理後に借り入れが出来ると謳っている会社は金利が高いことが多い

債務整理後、すぐに借り入れが出来ると謳っている金融業者は、金利が高いことがあります。
債務整理後は一般的に借り入れが難しい状況です。

その状況で借り入れができるというからには、何かしらデメリットがあるものです。
そのデメリットで一番分かりやすいのは、金利です。

高い金利でも借りたいという人はいますが、それをやってしまうと再び債務整理や自己破産をすることになってしまいます。

金利の高い業者からは借りないことが一番ですが、それ以前に債務整理後には借り入れをしないようにするといいでしょう。

まとめ

1.債務整理後は5年間新規の借り入れが出来ないことがある
2.債務整理後にローンを組むのは難しい
3.以前に債務整理をしたローン会社では、再び借り入れをするのが難しい
4.債務整理後に借り入れがかさんでしまったら、もう一度債務整理をすることもできる
5.住宅ローンを組むとき、債務整理後だったらマイナスになる
6.債務整理をしているときには新しく借り入れはできない
7.債務整理後に借り入れが出来ると謳っている会社は金利が高いことが多い

編集後記

債務整理後の借り入れは、気をつけることがたくさんあります。
特に、借り入れが出来なくなる期間や、審査が厳しくなるといったデメリットもあります。

ですが、借金を減らして生活を楽にする為には、債務整理をするという方法もアリだと思います。
債務整理後の借り入れをしないようにするために、まずは今ある借金を片付けることから始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

債務整理後の借り入れで気をつける7つのポイント
Reader Rating 1 Vote