キャッシングとは何かを知るための5つの基本知識

shutterstock_251023048

キャッシングとは何か?と聞かれて、すぐに答えることが出来る人は何人いるでしょうか?

キャッシングとローンの違いのように、キャッシングについて、詳しく説明できる人は少ないのです。
では、キャッシングとは何かについて、説明していこうと思います。

1.キャッシングとは、借金である

そもそも、キャッシングとは、借金のことです。

キャッシュカードといえば、銀行口座のカードで、昔はキャッシングと言うと、「ディスペンサーからお金を引き出すこと」という意味でした。

ですが、ネットキャッシングや、簡単にキャッシングが出来る!といった消費者金融の広告があるので、今では「お金を借りること」としての意味を持っています。

広い意味においては、今でも「ディスペンサーからお金を引き出すこと」をキャッシングというようです。
キャッシングは、今では借金を意味しているので、キャッシングをしたら返済をしなければいけません。
借金には利息がつくので、安易なキャッシングは避けるようにしましょう。

コンビニATMから簡単にキャッシングができてしまうので、若い世代などには、借金をしているという意識が薄いまま、借金を重ねてしまうという人もいます。

そうなってしまうと苦労するのは自分なので、安易なキャッシング、つまり借金はは避けるようにしましょう。

2.キャッシングをすると、基本的には翌月一括払いになる

キャッシングとローンとは、似ていても違うものです。
一般的には、キャッシングをしたら翌月一括払い、ローンなら毎月均等払いという意味があります。

キャッシングのカードも、ローンカードも同じような意味合いで使われだしているので、現在ではあまり差はありません。
キャッシングをしていても、分割払いにすることも出来ます。

昔は、キャッシングをしたら、翌月に一括払いをすることになっていました。
今のクレジットカードの一括払いと同じようなイメージです。

ローンカードは、分割ができるカードとして使われてきました。
ですが、分割払いのほうが使い勝手がいいので、現在ではキャッシングの分割払いが出来るようになっています。

分割払いとはいっても、キャッシングの分割というのは、リボ払いのことになります。
リボ払いは、毎月の返済金額が同じなので、返済が楽になるというメリットがありますが、金利が高いという一面もあります。

キャッシングとは基本的に翌月一括払いですが、現在ではリボ払いも出来るようになっています。

3.お金を借りるときには、ATMを利用する

キャッシングとはお金を借りることですが、これはATMから借り入れをすることが可能です。

キャッシング専用のカードであっても、また、クレジットカードのキャッシング枠であっても、ほとんどのコンビニATMなどで借り入れをすることが出来ます。

借り入れをするときには、普通口座からお金を引き出すのと同じ動きをします。
ですが、借入残高が残っていない状態では借りることが出来ないので、常に残高を確認しておくことが大切になります。

そして、借りすぎにはもっと注意をしてください。
普通口座、つまり、自分の口座からお金を引き出しているのと同じような使い方ができるので、人によっては借金をしているという意識が薄くなってしまうことがあります。

借金をしている意識がないと、どんどん借金を重ねてしまうこともあるのです。
そうならないためにも、借りすぎには注意することが大切になります。

キャッシングをするときにはATMから簡単に借り入れができますが、借りすぎないように、借金だという意識をしっかり持っておくことが大切になります。

4.キャッシングとは、審査に通らないといけないものである

キャッシングの審査とは、甘いものではありません。
よくインターネットを見ていると「激甘」などと書いてあることがあります。

ですが、キャッシングとはお金を借りることなので、審査が甘いと言うことはありえません。
審査の内容や基準というのは、ローン会社やクレジット会社によって違ってきます。

ですが、どこの審査でも重要視されているポイントは、3つあります。
年収、所在地が確認できること、他社借り入れの有無です。

年収と言うのは、借入額の目安になります。
年収の3分の1以上は借り入れが出来ないという「総量規制」という法律があるので、年収は重要なポイントになります。

所在地が確認できることというのは、万が一返済が滞ってしまっているときに、自宅宛に電話やハガキで連絡を取ることができるか、というものです。
最後の他社借り入れの有無というのも、「総量規制」によるものでもあります。

このように、審査を行って、それを通過することが出来れば、キャッシングを利用することが出来るのです。
キャッシングの審査とは、それほど重要なものなのです。

5.キャッシングには、金利がつく

キャッシングをするときの金利とは、お金を借りたときの利子の金額を決めるものです。
お金を借りるときには、利息も含めて返済していくことになります。

この利息の金額を決めるのが、金利なのです。
金利は年率で表示されていることが多く、消費者金融は14パーセントから18パーセント程度になっていることが多いです。

ですが、銀行系のキャッシングローンであれば、年率は低く抑えることが出来ます。

銀行系キャッシングローンは、専業主婦でも借りられるものが多いので、年率が低く抑えられているのです。
年率が低いというのは、支払わなければならない利息が減るということです。

例えば、10万円を借りたとき、年率が18パーセントのときと、8パーセントのときでは、支払い総額は1万円程度変わってくることもあります。
キャッシングをするときの金利とは、利息の金額を決めるためのものなので、キャッシングカードを作るときには、重要視するポイントです。

まとめ

1.キャッシングとは、借金である
2.キャッシングをすると、基本的には翌月一括払いになる
3.お金を借りるときには、ATMを利用する
4.キャッシングとは、審査に通らないといけないものである
5.キャッシングには、金利がつく

編集後記

キャッシングとは何かについて、改めて分かったと思います。

キャッシングは借金なので、実際に借り入れをするときにはしっかり考えて借り入れをしましょう。

キャッシングとは、とても便利なものですが、安易に借りてしまうと、大変なことになるものなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシングとは何かを知るための5つの基本知識
Reader Rating 2 Votes