専業主婦がキャッシングを行うには?

shutterstock_152530940

どうせならば確実に借りる方法を知りたい!そのための予備知識を。

まず、キャッシングは泉のごとくあふれる湧き水ではないので要注意です。
しかも、専業主婦であるならば、法律の改定により規制が掛かります。

判りやすく言えば、旦那さんの持ってくる収入状況があります。その枠で借りられるお金は当然制限がかかりますよね。
仮に旦那さんがキャッシングのカードを1枚持ているとしたら2枚目を奥さんが持つとした場合の危険性があるわけです。

ようは返せなくなる危険性です。それを踏まえて法律で抑止しているわけです。
貸した銀行も当然借りた人も困ってしまう状態に陥らせないための措置です。

基本的にお金を借りるという行為は悪しきことではナッシング。

会社で言うところの売り掛けとはツケつまり貸しであり、返す義務が期限として設けられた借金のようなものです。
それは年間の売り上げや実績という信頼で成り立つものです。

コンビニで買い物をするのに現金は欠かせないです。

しかし会社で何かを買う場合にはかなりの金額が動きます。
100円、1000円の類ではありません。
その大きな金額を現金で支払うこと自体かなりの危険性があるわけです。

もしかしたら社員が持っていってしまうかもしれません。あるいは目をつけた第三者が持っていってしまうかもしれません。
そうしたことの無いように月締めの翌○○月払いと言うことをするのですよね。

また、金利や手形といった複雑な支払い方法が発生する場合にはもっと売り掛けが伸びます。最高120日のようなやり取りです。
しかし、それにも限度があります。

今日貸した分が回収できないあるいは債務超過になって倒産という事態の会社が多くなりました。
景気の低迷が原因です。そうした状況下で信頼を勝ち取ることはしっかりとした返済がカギになるわけです。

個人の場合も悪くはナッシング。

個人でキャッシングをと言うミニマムな時限の話をとしたところで、道理は同じなわけです。
理由は様々ですが、現時点でお金と言う商品を先にもらい支払いをというツケを行っているに過ぎません。

物を買ってお代を払う仕組みなわけです。
1万円を借りると言うのは利率18%ならば150円をプラスした10150円の価値のものを買ったという事になるわけです。
借りる後ろめたさを考えるのでなんとなく悪い気がしてしまっているだけです。

かつてはかなりのグレーゾーン。

昔では年率と言うかなりの利率でその利息に苦しめられました。
29%など法外な利率の金融機関があった時期が多々ありました。

それは金融機関が悪いだけではなく、安易に借りることを容易にさせてしまった借り手と双方の甘さが生んだことにほかなりません。
その結果、返せないと言う自体になり、自己破産者や夜逃げあるいは最悪自殺と言うことも社会問題となりました。
そのいきさつには無理な取立てということもありました。

消費者金融のグレーな部分が本当に多くありました。
この問題を解決すべく法律ができたわけですが、配偶者の制限ということがクローズアップされたという点では
大分進化したと思われます。

実際に借りるための方法は?

年収の三分の一が目安。フリーローンでも銀行のカードローンでも借りられます。
これは自分がパートで働いている場合には自分の収入で計算。

しかし専業主婦は夫の給料ですから、その夫の収入の三分の一となるわけです。
さらに、夫が消費者金融のカードを作らない限りもてません、預けられません。

自分で作るには銀行系のカードローンという事になるわけです。
当然夫の収入が聞かれますが正確に書くことでその情報をもとに限度額が決まってきます。

また融資額も決まります。
50万が20万や10万に成ることは多々あります。満額と言うことは中々難しい限りです。

そして、魅力にさせていることが努めている会社に電話等信用情報を求めることはしないということです。
あくまでも借りた人個人のことで、無担保ということです。
この信用貸しは小額融資ということで限度額がかなり少ないから出来ることなのでしょう。

借りたら返すは鉄則です。

せっかく無理のない金額が借りられるのですから有意義に使うべきです。
子どもの教育費(受験費用やクラブの遠征費など)突発的なことで借りるケースが多いはずです。

中でも医療費に関しては後々返ってくることを加味できるものなので審査も通りやすいです。
もちろんギャンブルなど趣味に当てはめる部分での借用は難しいと思います。

また当面の生活費と言う点でも、返せるかどうかが心配な面がありありと見えてしまえば借りることすら出来ないかもしれません。
いずれにしても、売り掛けであることには代わりが無いのですから返すことを計画立てて考えることです。

堂々と借りて堂々と返そう

この不景気、必要であったお金のかかることを我慢するのかあるいは、それをあきらめてしまうのか、それは個人の判断です。 人には贅沢と言われてもそれが無かったがために苦労したり 人生を無にしてしまうならば選択肢の一つとしてお金を借りることもありです。 しかし一つだけいえることは無くても案外平気な部分が人にはありますので、よくよくそのことを踏まえて行動を取るべきです。 利息という付加価値を払うべき対象かどうかだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

専業主婦がキャッシングを行うには?
Reader Rating 1 Vote