専業主婦がカードローンを利用するには?「キャッシングは案外簡単に融資を受けられる」


どうせなら胸を張ってお金を借りにいきましょう。

その前に、混乱してしまう用語ですがいまさら聞けないお金を借りる方法。
キャッシングとカードローンって何なのよ?

簡単に言えば同じです。明確な違いはだんだん影をなくしてきています。
線引きをするならば返し方に違いがあることです。

キャッシングはお金を借りたのならば翌月に一括で返済する。もちろん利息をつけてです。
カードローンはお金を借りたのならば翌月から少しずつ返済する。当然利息もつけてです。

さらに、キャッシングはさほど大きくない額で融資を受けられます。
カードローンはかなりの額で融資を受けることも多々あります。

ついでにその返済方法も見て見ますと、一括と分割とリボ払いとあります。
一括はその名の通り耳をそろえて返すこと。
分割は貸してくれた金融機関が返済指定枠を設けていてそれに応じるシステムです。

2回、3回、5回とあればその中で選ぶことは出来ますが、では7回でなどと勝手にはいえません。
そしてリボ払い、リボルディング支払いは、分割の半永久システムと言った方がわかりやすいと思います。
利用し続ければ、その支払い方法を変更しない限りずうっと月賦として払い続けるからです。

無収入でも借りることができるのか?

法律で禁止されていることは無条件にお金を貸して多くの利息を取るようなあこぎなことはしてはならないと言うことだけです。
貸すほうも借りるほうも一定のルールにのっとっていれば自由に貸し借りをしていいというのが日本です。

貸すほうも多少なりともお金が増えるのであれば喜んで貸したいところ。
総量規制対象からはずれて出来るのが銀行型のローンです。

小額で30万以下が多いのですが無担保また身分証明だけで借りることが出来る優れものです。
しかも、来店不要や、その日のうちに口座へ振り込まれる等とても助けになるものです。

そもそも、専業主婦ですから収入はありません。旦那さんが持ってくるお給料が家の中をまかされてこなした自分の給料となるのと言えどもです。
そんな専業主婦を助けるかのごとく大手の銀行が簡単な手続で貸してくれるというわけです。

ちなみにどんな手続なのか?

当然手続とは書類審査ということです。貸す方は信用貸しなので問題が無ければ貸してちゃんと返してくれるかと言うリスクも考えて融資します。
そのための審査ですから簡単であっても真剣です。

しかも結果的に通らないケースもあります。
まずは、いきなり申し込むのではなく、洋服で言うところの試着程度で試してみましょう。

スマホやパソコンをつかって簡易検査をするのです。
すると「あなたの診断結果はご融資を受けることが可能かもしれません」
という御神籤の大吉のようなお告げが下されるわけです。

そこから、期待できそうな銀行型ローンを選び、ご自信の理想にあった形に結び付けていければいいわけです。
大体インターネット申し込みが主体です。またその銀行の口座が開かれていると最短での申し込みが出来る時もあります。

住所や氏名して住まいのタイプ(賃貸か持ち家か)、住宅ローンはあるか、さらには他社からの借り入れはあるかなど聞かれます。

意外とあっさり??でも通らないのでは?

通常何も起していなければ直ぐに手続は完了し、その日のうちにお金が入ります。
まれに出来ない場合があるようです。

それはあくまでも銀行側の秘密保持ですので公表はしてくれませんが、落ちるには理由があります。
全く借りられないのでしたら少なくとも他社でも借りられません。

信用記載記事が共通閲覧で見えますので6ヶ月はだめです。
短期間で借り入れを起こそうという場合は大概希望した金額に届かなかったからと言うことですが、
むしろそれは駄目です。

こうした金融機関は借りた額なのではなく多くの会社から借りていると言うことを重要視するのです。

何のために借りるのかを伝える前にどうやったら借りなくて済むのか考えて!

お金が足りなくなるとあったならばこんなに助かるのにという考えに支配されてしまうはずです。
早くそこから開放されたいという気持ちがそうさせるのでしょう。

しかし、問題を先送りしているだけで足りていないと言う事実はお金を借りても続くわけです。
解決方法は2つだけです。

①収入を増やすこと

これは借りたことで収入が増えたように見えますがむしろ逆です。
先につかっただけでその分を利息までプラスして返さなければならないのですから。
あくまでも今の収入以外から入ってくる方法を考える

②借りずに出来る生活レベルの見直しです。

一番出来そうなところですが便利になりすぎたがためにそうそうできないのが本音です。
しかし、節約生活なるサイトもありますから、ローンをパスできるためのサイトを勉強するよりもまずこちらを研究した方が良いです。

その結果やはり今月は借りておこうとなる時は胸を張って借りに行けばいいのです。

最後はやはり借りたら返すです。

昔は本当に多重債務に苦しむ人が多く自己破産者が増えました。
また今世紀最大の不況ともいえる現代においてももっともっと借りたけれども返せないという自体に陥るやもしれません。

理由は手軽に借りることが出来すぎてしまっているからです。

例え小額であっても、それを借りる人は元々お金の無い人なのですから、そのお金の無い人からお金を回収することはよういではないものです。
借り手は返せるのか?返せないのか?返すとしたらどういうシュミレーションで行くのかを考えたいものです。

それにはやはり専業主婦ですから、夫にきちんと告げるべきです。
必ずこうしたカードローンの話しになると「内緒」と言うことが出てきます。

秘密はもいっていてもいいのでしょうが、オープンにしなければならなくなったときに、「実は」ローンの実態があらわになった瞬間修羅場になるはずです。

苦労かけてすまないと思っていても、その苦労の上にまた苦労がのしかかる。それが現実だからです。
でしたらその苦労をしなくても済む方法を先に検証してそれでも駄目ならば返していく覚悟で夫婦でしっかりと計算をして借りればよいだけですものね。

お金と言う便利な道具ゆえに無ければ不便になるのは当然です

その時あなたならどうしますか? 専業主婦だから借りられないのか?そんなコトは無いと言うことはこれで十分わかったかと思います。また他の人の生活と比べて自分もああなりたいと思いあこがれるがゆえにお金が足りないと言う人もいるでしょう。 それも自由で自信の個性ですから自分のキャパで繰り広げて欲しいところです。 やってはいけないことは、最終的には債務整理をしてという考えでいることです。信用をなくすと言う行為を自ら進んでしないでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

専業主婦がカードローンを利用するには?「キャッシングは案外簡単に融資を受けられる」
Reader Rating 1 Vote