カードローンでキャッシングするときに気をつける7つのポイント


カードローンを使ったキャッシングはとても簡単です。

ですが、その分、気をつけて使わなければ、自分を追い込んでしまうことになるのです。

カードローンでキャッシングをするときに気をつけなければいけないこととは、どんなことでしょうか?

1.少額だけを借りる

カードローンでキャッシングをするときには、少額だけを借りるようにしましょう。
少額だけのキャッシングであれば、すぐに返済することができます。

カードローンを利用するときには、すぐに返済する事が大切になってきます。
カードローンでキャッシングをするときには、高い金利がかかります。

なので、多額の借り入れをして、返済が長引いてしまえば、それだけたくさんの利息を支払うことになってしまうのです。

そうならないためにも、少額だけのキャッシングをして、すぐに返済するようにしましょう。

すぐに返済することができれば、カードローンのキャッシングはとても便利なものです。

2.返済計画を立てる

カードローンでキャッシングをするときには、返済計画を立てて借り入れをしましょう。

カードローンでキャッシングをするとき「必要な金額が分からない」人は居ないと思います。
急な出費であったとしても、必要な金額を分かった上で、キャッシングをしていますよね。

必要な金額が分かってキャッシングをするのであれば、キャッシングをする前に返済計画も立ててしまうようにしましょう。
返済計画を立てる事は大切です。

返済を長引かせない為にも、そして借金があるという気持ちから逃れるためにも、返済計画はきちんと立ててから、カードローンでキャッシングをしましょう。

3.できるだけ早く返済する

カードローンでキャッシングをするときには、出来るだけ早い完済を目指します。

例えば、給料日前の1週間で1万円だけを借り入れたら、給料日に返済することができます。

車の修理など、大きな金額を借り入れするときには、「いつまでに返済を終えるのか」を確認してから借り入れをしましょう。

出来るだけ早い完済は、利息が高くなることを防ぐ事でもあります。

「いくら払っていったら、いつまでに返済できるのか」というのは、ネットにある返済シュミレーションなどでも確認することができます。

カードローンのキャッシングでは、出来るだけ早い完済を目指して返済をしていきましょう。

4.カードローンでキャッシングをするときには、完済までの時間を短くする

カードローンでキャッシングをするときには、完済までの時間を短くする事が大切です。

例えば、最低返済額が5000円だからといって、10万円を借りて毎月5000円ずつを返済していったら、どうなるでしょうか。

返済をしている間に借り入れがなかったとしても、1年以上の時間がかかってしまうのが、カードローンのキャッシングなのです。

そうなってしまうと、いつまで経っても返済が終わらないという不安に陥ってしまいます。
借金を抱えているときに不安はつきものですが、自分の努力次第で確実に返済の期間を短くすることができるのです。

お金に余裕があればその分を返済に充てるなどして、完済までの時間を短くすることが、カードローンのキャッシングでは大切になります。

5.一本化を考える

複数のカードローンでキャッシングをしたときには、一本化を考えましょう。
一本化とは、とてもメリットのあることです。

3つの会社から借り入れがあれば、返済日がばらばらになってしまい、それぞれに利息がかかってしまいます。
これを1つのローンにまとめる事で、返済日が1日になり、利息が減る事があるのです。

借り入れには「総量規制」というものがありますが、一本化したとき「返済する側の一方的な利益になるのであれば、年収の3分の1を超えても良い」という法律があります。

これを利用することで、利息の金額が減り、借金の総額が減る事もあるのです。

複数のカードローンでキャッシングをしたときには、一本化を考えてみましょう。

6.返済日をしっかり記録しておく

カードローンでキャッシングをするときには、返済日をしっかり記録しておくことです。
返済日はローン会社によって様々です。

なので、返済日を忘れてしまう事もあるでしょう。

特に「35日ごとの返済」のように、毎月同じ日にちではない場合には、忘れやすいのです。

キャッシングの返済を忘れてしまうと、遅延損害金を取られる事になります。
遅延損害金を取られるということは、返済金額が増えるということと同じです。

返済金額を増やさないためにも、カードローンのキャッシングをするときには、返済日をしっかり記録しておきましょう。

7.カードローンでキャッシングをするときには、借金であることを自覚する

カードローンでキャッシングをするときには、借金であることをしっかり自覚することです。
カードローンのキャッシングは、とても便利で、簡単です。

コンビニATMで借り入れができるので、つい、自分のお金だと錯覚してしまいます。
なので、いつの間にか借金が増えているという場合もあるのです。

こうなってしまうと、返済も大変になってしまいます。
カードローンのキャッシングは、借金をしていることです。

借金をしていると自覚して、カードローンのキャッシングを使いすぎないようにしましょう。

まとめ

1.少額だけを借りる
2.返済計画を立てる
3.できるだけ早く返済する
4.カードローンでキャッシングをするときには、完済までの時間を短くする
5.一本化を考える
6.返済日をしっかり記録しておく
7.カードローンでキャッシングをするときには、借金であることを自覚する

編集後記

カードローンでのキャッシングはとても便利ですが、使い方を間違えると返済が大変になってしまいます。
「ご利用は計画的に」という言葉通り、計画的に利用することが一番大切なのです。

カードローンでキャッシングをするときには、計画的に利用するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローンでキャッシングするときに気をつける7つのポイント
Reader Rating 1 Vote