債務整理に掛かる費用について知ろう!押さえておきたい7つのテクニック

shutterstock_220459720

債務整理の掛かる費用を、詳しく知っている人は意外と少ないのです。

債務整理はやり方によっては、借金だらけでお金がない人でも行えるものです。
債務整理にかかる費用を知って、今ある借金を減らすことができるか、検討してみてください。

1.自分で行うこともできる

債務整理の費用を抑えたい人は、自分で債務整理を行う事もできます。

債務整理というと、どうしても弁護士や司法書士に依頼する事だと思ってしまいがちです。
ですが、どうしてもお金がない!という人は、自分で行う事もできるのです。

自分で行うときには、簡易裁判所の特定調停を利用することで、弁護士に頼む任意整理と同様の結果を得る事ができます。

金額が140万円以内なら簡易裁判所に依頼し、140万円を越す場合には地方裁判所に依頼します。

自分で行う場合に掛かる費用は、借金をしている会社1社当たり数千円です。
債務整理の費用がないという場合には、自分で行うのも1つの手段です。

2.弁護士よりも司法書士に依頼する

140万円以内の借金であれば、弁護士よりも費用の安い司法書士に債務整理を依頼する事ができます。

この場合、司法書士が全ての手続きをしてくれる事になるので、自分ですることは何もありません。
司法書士に依頼して債務整理を行うときにかかる金額は、5〜8万円程度が相場といわれています。

弁護士に依頼するよりも安くできるので、司法書士に依頼する人が増えているようです。

140万円を超える借金の債務整理の場合には、費用はかかっても弁護士に依頼する必要があるので注意してください。

3.無料相談ができる法律事務所を利用する

債務整理を依頼するときには、無料相談などがある法律事務所を利用して費用などの相談をしましょう。

弁護士や司法書士に依頼すると、どうしても「相談1時間○○円」という金額がかかってしまいがちです。
ですが、無料相談を受け付けている事務所もあります。

無料相談を受け付けている事務所では、費用や期間などの相談をしておきましょう。

いくつか無料相談の事務所を回ってみて、一番信頼がおける、費用の安い事務所に依頼するといいでしょう。

費用のかからない無料相談では、過去に債務整理の実績があるかどうかを聞いておくと、安心して依頼することができます。

4.着手金のかからない弁護士を選ぶ

債務整理をするときに費用を気にするなら、まずは着手金の掛からない弁護士や司法書士を選びましょう。

弁護士によっては、「着手金○円、成功報酬○円」としているところもあります。
ですが、債務整理を行うくらいの人なら着手金を払っている余裕はないと思います。

そこで、着手金がかからないで成功報酬のみの弁護士や司法書士に依頼するといいでしょう。
成功報酬は、借金減額した額の10パーセントなどのところが多いです。

いくつかの事務所を比べてみて、費用の安い事務所に債務整理を依頼をしてみるといいかもしれません。

5.費用の後払い、分割ができる弁護士や司法書士を選ぶ

債務整理にかかる費用の後払いや分割が出来る弁護士や司法書士もいます。

先払いは厳しいという人は、そういった弁護士や司法書士を探す事をオススメします。

後払いであれば、過払い金が返還されたあとなどに支払う事もできますし、お金を貯めてから払う事もできます。

分割ができれば、毎月少しずつ支払っていく事になりますが、負担は少なくなります。
債務整理に掛かる費用は、決して安くはありませんから、後払いや分割の制度は利用した方がいいでしょう。

6.法テラスを利用する

債務整理に掛かる費用をすぐに支払うのが無理であれば、法テラスを利用しましょう。
法テラスは無料で法律相談が出来る場所です。

この法テラスを利用して債務整理をすると、民事法律扶助という制度を利用する事ができる場合があります。

この制度を利用すれば、後から返済義務は生じてきますが、一時的に公的なお金を貸してもらう事ができます。

そのお金で債務整理を行って、借金を減らす事ができるのです。

弁護士費用などが払えなくて債務整理を行うのを諦める前に、法テラスに電話や相談をしてみてください。

7.借金の支払いが止まる方法を選ぶ

弁護士や司法書士に依頼すると、弁護士などから業者に連絡が行った時点で、借金の支払いを止める事ができます。

そして、債務整理をしている期間は、借金を支払わなくてもいいことになります。
その間にお金をためておけば、弁護士費用などを支払う事もできます。

自分で行う債務整理では借金の支払いがストップすることはありませんが、弁護士などに依頼することで、費用を貯める期間が出来るのです。

まとめ

1.自分で行うこともできる
2.弁護士よりも司法書士に依頼する
3.無料相談ができる法律事務所などを利用する
4.着手金のかからない弁護士を選ぶ
5.費用の後払い、分割ができる弁護士や司法書士を選ぶ
6.法テラスを利用る
7.借金の支払いが止まる方法を選ぶ

編集後記

債務整理に掛かる費用は、安くはありません。

ですが、債務整理に頼る人が、その金額を支払う事は難しいのです。

なので、法テラスの民事法律扶助制度や、後払い、分割などの制度を利用して、債務整理を行ってください。

苦しい借金生活から抜け出す債務整理では、ある程度の費用がかかるものなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

債務整理に掛かる費用について知ろう!押さえておきたい7つのテクニック
Reader Rating 1 Vote