借金のブラックリストは存在するのか?「信用情報機関の事故情報とは」

shutterstock_231391372

ブラックリストは都市伝説か?

借金、借入を行う際に良く耳にする「ブラックリスト」。存在するという話もあれば、そのような物は世の中にはない、単なる都市伝説にすぎないという2つの真逆の意見がありますが、その実態はどうなのでしょうか。

筆者の知る限りで、ブラックリストの真実について書き綴りたいと思います。

ブラックリストとは何なのか?

それでは、ブラックリストが存在するか否かについて回答しますが、答えは「存在する」が正解です。しかし、いろいろな尾ひれがついているのも事実なので、ブラックリストの内容や運用のされ方等について詳しく書いていきましょう。

まず、ブラックリストと一言にいっても、統一した大きな電話帳のような「The ブラックリスト」というようなものは存在しません。実は、ブラックリストというのは通称で、その内実は、信用情報機関における名簿のことを指します。

信用情報機関とは?

まず、信用情報とは何かというと、ある特定個人の信用情報、つまり、借入状況、返済状況、クレジットカードの登録情報、キャッシングカードの登録情報、特定個人の属性等の個人のお金に関する情報のことを言います。言うまでもなく、超個人情報なので、簡単に第三者が取得できるものではありません。

そして、この信用情報を扱っている機関のことを信用情報機関といいます。具体的には3つの信用情報機関があり、

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC(credit information center、通称シーアイシー)
  • 全国銀行協会(全国銀行個人信用情報センター)

というものがそれぞれあります。

JICCの主な会員は、消費者金融と信販会社、CICの主な会員は、クレジットカード会社と信販会社、全銀協の主な会員は、銀行と銀行系カードローンの会社がそれぞれに加入しています。

業界によって、加盟する機関がわかれていますが大手の金融関連機関であると、複数の機関に加入していることがほとんどです。

さて、信用情報についてですが、先に定義したように、特定個人の信用情報が記録される以上、クレジットカードを持っている人の名前は、CICには必ず記載されます。

したがって、信用情報機関への記載を以て、ブラックリスト入りとは言えず、普通にクレジットカードを持っていたり、住宅ローンを組んだりしていると、それぞれの信用情報機関に記録されます。

借金のブラックリストの共有

各々の信用情報機関は独立していますので、複数の機関に加入している企業でないと加入している機関の情報しか手に入れることが出来ません。

しかし、1つだけ統一ルールが存在するのです。それは、特定個人の金融事故情報についてのみは共有するというルールです。この事故情報については3機関がCRIN(クリン)と呼ばれるネットワークシステムを用いて共有するようにできています。

したがって、いわゆるブラックリスト入りというのは、金融事故、たとえば、返済の遅延や自己破産の記録等がCRINを通して各信用情報機関に送られ、記録された状態をいうのです。

事故情報については各機関の共有

事故情報がCRINによって、共有されてしまったらば、もうお手上げで、何もこちらからすることはできません。

たとえば、昔よく勘違いされていたことがあるのですが、消費者金融で事故があったとしても、消費者金融が加入しているのはJICCなので、クレジットカードを作ることが出来る、なぜなら、クレジットカード会社はJICCではなくCICに加盟しており、相互が独立している以上、自分の事故情報がCICにはわからないからだ、という都市伝説が実しやかに囁かれましたが、あれは嘘です。

確かに、JICCとCICは相互独立ですが、事故情報については、CRINによって共有化するというのがルールなので、消費者金融で自己があったことはクレジットカード会社も了知しているのです。

ですから、改めて、クレジットカードの審査を受けても即落ちるという事が確定しています。

ブラックリストに載ったら一生消えないのか?

このように、事故情報を共有されてしまう以上、ブラックリスト入りをしたら一生借り入れをすることも、カードを作ることもできないのかというと、そういうわけではありません。

ブラックリストの事故情報というのはそれぞれの事故内容によっては異なりますが永久ではなく、一定期間が過ぎたらば、抹消されるようになっています。

具体的には、延滞情報等の公にはなっていない情報については5年、自己破産や民事再生等の官報に乗る公に知られている情報については最高10年が記録期限となっています。

すなわち、是非は置いておいて、自己破産をしたとしても、10年たてば、自己破産の事実についてブラックリストから抹消されるので、新しくクレジットカードを持つことが可能であるという事です。

しかし、これは、あくまで論理的にそうであるというだけで、必ずカードが得られるという保証はありません。

というのも、通常の社会人であれば、生活の中でクレジットカードを使う機会が相応にあるにもかかわらず、10年間全くカードを使った形跡(これをクレジットヒストリーといいます)がないとなると、クレジットヒストリーから逆算して、あまりにもホワイトすぎる人物=カードを使うことが出来なかった人物=自己破産等を行った人物→審査落ちという事になりかねないからです。

もちろん、クレジットヒストリーのみで決まるわけではないですし、生活スタイルや申し込み時点での個人属性が良い場合には十分にカードを作ることも可能です。特に、外資系のクレジットカード会社は過去の情報よりも、現在の属性を重視する傾向がありますので、クレジットカードを持つに足りる属性であれば審査に通るということが出来ます。

借金のブラックリスト

ブラックリストとは信用情報機関の事故情報共有のことを指し、また、一定期間が過ぎれば、事故情報は消えるという事を覚えておくとよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金のブラックリストは存在するのか?「信用情報機関の事故情報とは」
Reader Rating 1 Vote