消費者金融は即日お金を借りることができる

いいところ、わるいところを借り続けている立場から公開します。

お金を借りる場合にはあまり好印象な立場にならない金融機関。

とりわけ消費者金融となると、イメージ的にも積極的に借りるような風潮は無いところです。
その中で、そうしたことを払拭するような利点を考えてみました。

いい所をさがす

消費者金融の利点を三点あげてみます。
まず一つ目ですが、即効性と容易性からくる利便の面があります。

実はこれが最大にして一番の良さといえます。
通常お金を借りるという事態では緊急性が大部分を秘めています。

常習者は別として、大概何か大きな問題が発生して手持ちや蓄えで対処できない時の手段として利用される方法です。

事故や怪我による入院、結婚式や葬式など冠婚葬祭の出費です。地方に出かければ旅費などかさむものが多々あります。

しかし、よくよく考えるならば、病院であれば任意保険の範囲でまかなえられますし、
突発的な出費でも莫大な金額になるようなことはまれですから、よほど金欠していない限り対処出来そうです。

それでも、足りないという事態の時、先ずは親や兄弟、あるいは親戚といった身近な存在を頼ります。

金額に関わらず困ったときだからこそ、一族の助けは何ものにも代え難い絆の証としてあらわさせるべきだからです。

万が一そうした協力が得られない場合、次は友人知人といった仲間からの支援です。
それでも、だめな場合、勤めている会社からの借用になります。

ここまですると大概、金融機関から借り入れを起こす必要はなくなります。

ただ、あくまでも私用という位置づけなので自分で何とかなるならばそうした借用は他人に迷惑をかけられないと考えるケースの方が多いことでしょう。

そうした場合に一つの心強い候補として消費者金融は存在しているのです。

利便のよさはそこに集約されたものでしょう。銀行の場合ならばどんな融資であれ借用までの間は相当の手続が必要です。
簡単な信用貸しとはいかないものです。

しかし、消費者金融の場合にはある程度の情報、この場合には正確かつ条件を満たしている場合において早ければその日のうちにお金を借りることが出来てしまうのです。

二つ目の利点と言えば!

比較的融資の希望がかなえられやすいという点です。

いきなり数百万円といったことはそうそうある話しではないでしょうし、普通の銀行でさえ難しい話です。

消費者金融の扉を開ける人の場合限度額が数万円から数十万円とその場をしのげる分の小口的な金額が殆どといってもいいでしょう。

そして、融資希望の欄にたとえば10万とした場合、それを訂正して20万としても審査的にはさほど変わらないと言うことが多いです。

理由は年収の三分の一という法律がありますから月に25万で一年で300万円になります。

ボーナスを年二回で50万もらっているとしたら400万です。その中の三分の一ですから133万円は借りることが出来るということです。

あくまでも概算です。

そして、金融機関が持っている信用調査、さらには他社への借り入れ状況と住宅ローンなど長期返済の有無等で金額設定が変わってくるわけです。

こうした状況を踏まえるとNGといわれるケースはまず無いといえます。

実績がある、たとえば以前借りたことがあり完済していると言うことであればもっとも借りやすい状況と言えるでしょう。

また、初めてであっても消費者金融から尋ねられる項目に正直に答えていくだけで審査は容易に済む流れになります。

三つ目に関しては・・・

返済シュミレーションがあり返済の金額を念頭に借り入れを起こすことが可能なのです。
通常の融資でもそうした返済プランと言うものがなされます。

特に消費者金融の場合にはキャッシング後の返済時にリボルディング方式を採用していますから一定額の返済になるのですが、
多く支払える時は一気にその金額返済をしても問題が無く、元金が減る分利息も変わって返済できると言うメリットがあるわけです。

銀行や公的融資のように長期的で利息の低い商品とは比べる点が異なりすぎますが、あわてて借りたゆえに返し方もいきなり大金返済としても何も問題が無いのです。

また、消費者金融によっては1週間無利息という場合もあります。
元金だけでの返済ということは借り手にはとってもうれしいものです。

いい所ばかりをいっても仕方がありませんから正直な点も。

融資を受ける、借金をすると言うことは実はあまり芳しくないことだと思われます。

借りないでやりくりだけで乗り越えることが出来るのであればそれにこしたことはありません。

借りなければならないということは無理をしていると言えるからです。
また無理をするということです。

手に入れられないものを手に入れようとすることが、お金を借りるということです。

当然今借りて後で返すといっても、入ってくる方法に変化が無ければ借りる分のお金の目処は立ちません。

お金を借りるのを容易にさせてしまう消費者金融の甘い部分にのっかてしまうと、返済が滞るばかりか返済不能というケースにさえ陥ってしまうのです。
400万の収入でやり切れていればその中で解決方法を探すべきです。

それでも後100万月額にして約十万の負担が出てしまったと言うことでお金を借りるとした場合、そのお金の入るすべを増やすことあるいは節約して使うお金を減らすことを考えるべきなのです。

特に注意する点

返済のことを考えた場合、利息は決して安いものではありません。

30万円を年率18%で借りた場合、その利息は約4500円です。完済するまで元金が減っていく分の計算から利息は変化し続けますがやはり18%は大きいです。

その利息を差し引いても借りなければ成らないのかを考えるべきなのです。

また、博打のように大きく当たったら、大金が手に入ったら全部返済できるという考えで借りることはもっとも駄目です。

未だに借りるときにそうした生活費の一部と言うより趣味娯楽で借りるケースがありますが、向こうは商売ですからよほどのことでない限り融資はします。

しかし安易に融資が出来ることを理解してしまうと直ぐに手を出すと言うのもこの消費者金融の欠点と言えます。

後ろめたいと思うならば

ネット情報で目に付くのは「家族に内緒」という事で借金をする場合、大概消費者金融での融資の話が出てきます。 今は銀行との相乗効果で、バックアップを受けながら事業展開をしている消費者金融です。 後ろめたさは微塵もないのですが、やはりバブル期前のサラ金というイメージが払拭しきれずに後ろめたさがあるのも否めません。 それ以前に、何故家族に内緒にしなければならないのかという事になります。 お金を借りるのに内緒にすることはそんなには無いはずです。お金が無いのだから仕方が無いわけですし、それは赤の他人にとやかく言われることでもありません。 使い道が自分個人の物のために使うと言うことで内緒というのでしょう。 もし自分が病気で入院するのにその費用が捻出できないからお金を借りたいと言う事態の時に「内緒」はありえません。 借りる前に内緒と言う考えをただして、借りるならば堂々としていたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

消費者金融は即日お金を借りることができる
Reader Rating 1 Vote