お金を借りることで得られるメリットとは?

shutterstock_55563511

とにかく普通の生活を送らない限り返済もできませんから

今月ピンチ!公共料金しはらったらNHKの督促がきて。さらに車の故障が見つかりなおさなければならない。

日常でよくある話ですね。
どうしても手持ちが無い時のシュチュエーションを考えればわかることですね。

お金を借りることで本当にたすかる。それは普通の生活が続けられるメリットがあるからです。

まずは身近なところから。

小額な支払いならば何とかかき集めて対処が出来るでしょう。
しかし本当に無い時は交通費であってもままならないものです。

そんな切羽詰った状況はめったに無いにせよ、金額が多き場合には同じように苦しむことがあります。

月締めの支払いは思った以上にかかるものですから、それが一気にきてしまうと貯金を崩すことも念頭に入れなければならないでしょう。
自分で出来る範囲のことは行った。

しかし、その範囲を超えてしまった時にはどうすべきなのか。

身内に相談が一番です。そこが解決策の要で、トラブルに発展させたり、問題を複雑にさせてしまうことを回避させられるのです。

予断ですが・・・

お金を落とした、財布をなくしたという場合に緊急でお金を借りる方法があります。
深夜の場合は特に心強い機関です。

それは交番からお金を借りる方法です。もちろんむやみやたらに貸すようなことはありません。善意として善良な市民を助けるという義務感から警官が対処してくれるわけです。

身分証明書の確認をしたうえでやむを得ない諸事情の証明を「公衆接遇弁償費」を介して借用するわけです。

もちろん借りたものですから、後日お返しに行かねばなりません。返さなければ横領や詐欺になります。あくまでも公的資金の延長です。

身近なところから借りられない理由のお金

多くの事情の中で上位を占めるのは自分の趣味に費やし多分を清算しなければならないことがあるでしょう。
ギャンブルの負債や買い物の代金などです。

お金が無いのにそうしたことをやり続けたり買い続けたのかと思われたくない一身で借金につながる部分をひた隠しにする。
特に親に知れた場合には何を言われるかわかりません。

知人や友人、あるいは会社の場合には付き合い方が変わってしまう危険性もありますからばれるようなことはしないのです。
当然そうした場合には、銀行や消費者金融など借り入れを起こせる所からの融資を考えるでしょう。

もっと大きな取引の為にお金が必要。

上記までは個人レベルの話しで小口に関して借りたいという場合です。

そして会社になると事情がもっと異なってきます。

法人契約に限らず個人経営であっても融資を受けることは可能です。

世の中に融資を受けずに事業展開をしている企業のほうが少ないのではないかと思えるほどどこもかしこも借金です。

隣の国中国等は最たるものです。
今日本に来ている旅行者の大半は中国人で日本における消費の担い手も中国人です。そこまでお金持ちなのかといえば、
現金で持っているように見えても全てがキャッシングから来るローンのお金です。

つまり融資で買い物を楽しんでいるわけです。
賃金の地域格差は昔ほどでは無いですし、台湾や香港辺りでは日本人と変わらないような給料体制です。

中国本土でも大都市であればそうした状況に近い状態にあったり、一部経営陣は本当にお金持ちであったりもします。

しかしながら、全体の何%とかの富裕層以外は今はお金が無いという状況でカードを作り消費を楽しんでいるのです。

この国の個人借金が共産党社会という一企業と考えた借金であった場合日本等は丸呑みにされてしまうことでしょう。

いずれにせよ、銀行側にしてみれば中国に限らず大きな会社にお金を貸すメリットは多大にあるわけです。
当然小口に相当する中小企業で合ってもありがたい顧客になります。

一般消費者以上に信頼契約を結ぶ手間があっても毎月いただける利息が大きいからです。

借りたら返すが常識です。

企業などでは低金利の銀行や国庫金など便利かつ優秀な商品もおおいです。

また商工会議所などや県を通じた支援機構の助成金もあります。
借りることの出来る金額も100万~数千万円と様々です。
条件的には相当厳しいものが要求されるかと思います。

特に決算書の提出はその企業の将来性を把握できるとさえいえます。

運転資金といっても計画性の無い返済方法や具体的な設備投資項目がなければ事業体制が薄いとみなされてしまいます。
ただ、面接官や資料調査担当をする人も人間です。

ですから人をしっかり見て判断するケースの方が多いのも事実です。
企業の業務内容に関しては全くの素人です。金融のことはわかっても会社が取り扱って販売している商品の知識等専門外です。

ゆえに借りれるか借りられないかの結論は全て借りての、申込者の意気込みと約束を守れるかだけを見ているとさえいえます。
小さな約束をしっかり果たしていくことが出来る人であれば返済約束も守ってくれると信じるだけの根拠が得られるわけです。

こうした手続を経て始まる借金返済は滞りなく行わないといけません。借りたから返すという意味とは次元が異なります。
それは次の事業拡大あるいは運転資金調達のための融資を更に受けやすくさせる動機になるからです。

借りなくてもいいのに借り手と来る金融業者には載らないように。

銀行と付き合うと必ずといっていいほど融資の持ちかけ話しがきます。 こちらは借りるつもりが無いのに借りて欲しいと来るのです。 他に返済があるにもかかわらずくるケースもあります。 まとめて面倒を見させて欲しいということでです。 しかし、借りずに返済だけで十分な状況であればその話しに乗ってはいけません。 借りたいと思わないときは借り時ではないのですから。 借りるよりもいくらかでもプールできる状態を作っておくべきですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を借りることで得られるメリットとは?
Reader Rating 1 Vote