銀行でお金を借りることができるようになれば一人前の理由とは?

shutterstock_72081379

お金を借りるなら銀行で♪

お金を借りなければならない時、誰にお願いするでしょうか。

家族・親族・友人・知人・先輩・後輩・同僚?

銀行・カードローン・消費者金融?

お金を借りることに悩んだ時、銀行にお願いできるならそうしましょう。どうしてでしょうか。理由をお話しします♪

お金を借りるということ

お金を借りなくてすめば、それに越したことはありません。

しかし、どうしても必要なお金が足りない時、誰に、どこに、相談しますか。誰に、どこに、相談したら良いでしょうか。

お金の問題は、なかなか家族でも言いづらいことです。

むしろ、家族には心配をかけたくないから、一番知らせたくないのが家族かもしれません。お金を借りるということは、とても悩ましい問題です。けれど、現実にそうなった時、冷静に行動したいものです。

お金を借りるためには

お金の問題は信用問題でもあります。

お金を借りる相手は、

家族・親族・友人・知人・先輩・後輩・同僚・銀行・カードローン・消費者金融etc.

綺麗にお金を借りるということは難しいことですが、銀行や消費者金融は、それが仕事ですから、借りること=売上ですので、堂々と借りられます。

利息を支払うわけですし。

利息を払いたくないなら、やはり、個人的な付き合いがある人へ借りることになります。

お金を借りるために、まずは確実に返すことができる計画が必要です。お金を借りる理由を明確にして、そして返済計画を組み立て、それから相談しましょう。

借りたお金で、大きなチャンスをつかむ

お金を借りる理由が、計画なく使ってしまったから、ではイケマセン。それでは、また同じことを繰り返してしまうでしょう。

お金を借りることで、まずは気持ちがスッキリと前向きになれて、今後、さらに大きくなれるような、そんな計画のもとで、お金を借りる決断をしましょう。お金を借りるということは、一大事と考えて取り組むことが大切です。

お金が足りなくて、長い時間悩むこともあるでしょう。お金を借りられることになった時、その悩みからは解放されます。そして、気持ちも計画も大きく持って、前に進んでいけるような借り方が理想です。

借りたお金は返さなければなりません

借りたお金は当然、返さなければなりません。

返すお金は借りたお金と同額ではありません。利息がつきますから、借りたお金以上のお金を準備できないようでしたら、借りることはしてはイケマセン。

しかし、借りたお金の返済は、何回かに分けて行うことが多いので、しっかりとした予定を組むことができれば、借りたお金で、投資もできますし、目の前の経済活動を円滑に行うことができます。

お金を借りる前までは、おおざっぱな管理、或いは管理さえしていなかった場合もあるかもしれません。お金を借りることになった時からは、細かく管理をしていきましょう。

 

銀行でお金を借りるということ

銀行でお金を借りるためには多くの書類が必要です。

保証人や担保が準備できるようでしたら、銀行でお金を借りることは比較的、スムーズにいくでしょう。保証人や担保が準備できない場合は、多くの書類の準備、その後、面談があります。

銀行が保証協会の審査に通すことがありますから、過去、自己破産をしていたり、何らかの債務があったりする場合には、調べられ、借りることができません。

銀行でお金を借りることができることは素晴らしいことでもあります。

そして、提出する書類には、お金の使用用途、現在のお金の状況、その後の収支、将来返済していく細かな予定など、日ごろ計画を頭だけで考えている人にとっては、とても勉強にもなる機会です。

お金のプロの銀行マンがチェックをするわけですから、自分の経済活動をチェックしてみる点においても、銀行でお金を借りる機会は、大切なチャンスととらえてみると良いでしょう。

銀行でお金を借りた後

銀行でお金を借りた後、銀行にとっては常連のお客様となります。

毎月、返済の元金と利息を支払うことになり、短期、或いは長期の定期的な付き合いが始まります。借りたお金を賢く運用できた場合には、銀行から借りるお金を増やすこともあるでしょう。

経済活動を拡大していくことができるのは、お金の力、そのお金の力を借りることで、自分の経済活動の原動力となります。銀行との信頼関係は、経済活動において重要なつながりとなります。

もちろん、借りたお金を返すことが前提での活動ですし、銀行からお金を借りた後、定期的に報告が必要となります。日ごろから、細かく帳面をつけていても検証までは、なかなかできないものです。

銀行からお金を借りることによって、報告書の作成が必要となり、必然的に、定期的な検証を行うキッカケになります。

金の切れ目は、縁の切れ目と言います。真実でしょう。

銀行でお金を借りることで、銀行とのつながりが始まります。 「金のつながりが、銀行との縁の始まり。」です。 キチンと付き合えば、親友くらいの必要な絆が生まれるかもしれません。付き合い方次第で、友達以上に大切な存在になるでしょう。 お金を借りるということは悩ましいことであります。その悩みを克服していくことが、大きくなっていけるチャンスでもあるということになります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

銀行でお金を借りることができるようになれば一人前の理由とは?
Reader Rating 2 Votes