キャッシング審査に通りやすい条件とは?

shutterstock_233586214

お金を借りる為だけではなくその人の生きてきた証をみせましょう。それでだめなら縁が無かっただけです。

人を信用する方法とはなんでしょう?

その人の目?その人の学歴?その人の態度?その人の家系?
簡単なことです。約束を守る人なのか、どうなのかです。

例えば待ち合わせ時間を決めて当日その人が何時に来るかを見てみます。
時間5分前から10分前に来るような人ならまず信頼度50%です。

待ち合わせ時刻ぎりぎりならば要注意で信頼度30%以下です。
待ち合わせ時間1時間前の場合は??同じく30%です。

ぎりぎりの人は口約束をしても果たせないケースが大いにあるからです。

そんな人にお金を貸した場合たくさんの言い訳付で待たねばならないかもしれません。

たまたま遅れたあるいはぎりぎりになったとしても約束を果たそうとする姿勢には見えないのが事実です。

1時間前の人については積極的に見えるがやることが無いように見える。

みな何かをしながら予定を立てているにもかかわらずそうしたことをしないで過ごしているならば、
お金を貸しても働かないまま返せなくなってしまうのではと勘ぐってしまうのが人の性です。

では実際にそういう人かどうかをどう見るのでしょう?

人の価値も不動産が物をいう

審査で見るのは信用の度合いです。

その信頼とは借りたお金を返せるだけの能力があるかどうかです。

例えば会社員の場合

勤続年数は何年かを聞かれます。25歳で勤続年数が3年ならば新卒で勤め続けていることがわかります。

従業員数や勤務ポジションを聞かれる場合にはその会社がどのような経営状態かわかります。
これだけで収入が安定してるかどうかがわかるので、貸しても返し続ける根拠が見えてきます。

また電話が固定か携帯電話かどうかも聞かれます。

何かあった場合の連絡の取り方が直ぐに解約あるいはつながらなくなるような不安な電話よりも確実な財産としての
権利がある固定電話は重要な根拠です。

家も重要です。持ち家かどうかは万が一返済に困った際にはその部分の売却で返済最終方法が取れるからです。

貸家であれば夜逃げの可能性もあるわけですから電話や家も当然重要なポイントなのです。

車等もその一つになりますがそれは債権回収業者が行う根拠部分なので最初では必要なしです。

ブラックは駄目なのです

信用部分を見るのにそうした属性を重要視するのは履歴書と同じですので当たりまえです。
そして本当の履歴とはお金を借りている状態と借りてきた経歴をさします。

どんなに今がしっかり見えても、以前ブラックなことをしていてはその時点で信用は失われます。

ブラックとは自己破産や債務整理をした経験があるかどうかです。

金融事故といわれるこの処理情報は支払い遅延でさえ見逃しません。

3ヶ月以上遅延が続いた場合には2年間記録されます。また法的手続きの場合には5年間保管されます。

これは金融機関で融資を受けたりローンを組んだりする際に不利になって返せなくなるわけです。
もちろん奨学金を借りることさえ出来ません。

子どもがいればその教育に関する成長のための借り入れも出来ないのです。

情報機関は情報を共有しますからうそをついてもばれるだけなのです。

借り入れが他にもあるかどうか

また、他社での借り入れが多いかどうかや、使用目的が何かも審査の対象です。
総量規制の対象になる消費者金融であれば年収もおきな課題になります。

融資希望金額がそれに引っかかる多額の金額であれば断られるケースになります。
減額であればもちろん通ります。

信用とはあくまでも国で決めた内容以上に自分が貸して返ってくる要素が強いかどうかになるのですから、
少しでも不安に感じてしまう内容を持っていたとしたら通らないものなのです。

人間としては十分ですから

しかしがっかりすることはありません。

借りることが出来ないだけのことのです。

あくまでも金融に関する、キャッシング時の信用性ですから、その人自身の人間性の否定ではありません。

通らないことでショックに思っても傷つく必要はありません。素直にあきらめて次の方法を取ればいいだけです。

法律を犯して犯罪者になったぐらいに落ち込む人がいますが、
頼る前に他の方法で乗り切ることの方がよほど重要かつ人間性のせいの証明になるくらいです。

常連を好む

審査と言えばかっこいいものですが、要は疑ってかかってるというだけです。

電話をかけてくれたお客であっても不審で怪しいと思いながら顧客に囲い込むはなしです。

前に借りた実績があってきちんと返済をしていればいい客なのです。

初めてであれば通るものではありません。
どんな人であるのかを探るリスクをもちながら返済をスタートさせるよりも、

実績のある人にまたお金を払ってもらった方が効率がよければそちらを選ぶのが企業です。
長期間繰り返す常連はどの職業でもいい顧客なのです。

借金依存症ではない限り様々な金融機関に相談してみましょう。

審査が通らないが為にヤミ金と言われるいわゆる金融登録の無い会社から融資はNGです。 高い金利はもとより、厳しい取立や、更なる融資の話しで返せなくなるほどの状態を作るようなケースすらあるからです。 インターネットを介した審査シュミレーションをすることで自分は通るのかどうかはわかりやすくなります。 目安ですがもし借りられるなら、銀行、次に銀行系の消費者金融、次にサラ金といった段階を経ていけばいいのです。 最終的なところがヤミ金と言う場合、そもそも借り癖がついていてしかもその返済能力が無いことを自覚していない人です。 それは既に依存症という別の内容ですから一度診療をしてもらうべきなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

キャッシング審査に通りやすい条件とは?
Reader Rating 1 Vote