夫の借金に要注意「秘密の借り入れやカードローンを把握しよう」

夫の借金を把握できてますか?

意外と知られていない夫のお財布事情

お小遣いをもらってやりくりしている姿をみるかぎり、とてもまじめでけなげに映ってしまいます。

ワンコインを握り締めお昼のランチ激安店を探す様子や、コツコツためたお小遣いで月一の焼き鳥屋で酎ハイを引っ掛けるなど本当にかわいいものです。
そんな彼らの財布には、貯めに貯めた現金ばかりでは無いものが入っているものです。
妻も知らない一つのカードです。

カードをもつ理由

通勤で車をつかうのであれば燃料費の支払いはカードの方が楽ですし得なケースもあります。

ETCなどはカードを作らなければ持てません。高速をカードで行き来する利点はまだまだあります。ゆえにドライバーには必須アイテムなのです。

一度カードを作るとその利便性から買い物が全てその一枚で賄わされるようになることでしょう。
主婦である側から見てもその利便性は計り知れないもので、実感させられます。

があくまでも経理担当は妻ですから、持っているカードを個人的に使った場合には直ぐにばれてしまいます。
つまり借金の把握は簡単に出来てしまうのです。

問題は隠れ借金です。

実は新たなカードを作ることは簡単です。

稼ぎ手であれば(主たる収入獲得者であれば)誰の承諾等なしで借り入れを起こすことができます。

しかも1社だけではなく、複数社からの借り入れが可能です。

いままさにETCを持っているとするならば家族で使えるカードを1枚持っているわけです。

そのカードとは別物もを財布に忍ばせているということが実際の所ではないでしょうか?

願ったりかなったりの完全犯罪・証拠隠滅

金融機関、特に消費者金融系は銀行窓口での返済手続や銀行口座の新設などは不要です。
コンビニのATMを利用すれば簡単に返済が出来てしまうのです。

また、無人契約機ならば、事前のネット申し込みをすることで、自宅にカード郵送されることなく、その指定された契約期機器配置場所にさえ行けば、カードの引き取りさえ可能なのです。

知っていたはずの夫の財布の中身。その常識はある日通用しなくなってしまっているわけです。

知るすべのないカードは妻のお金の管理から外れた所にあるために、夫自身の2分した生活様式が成り立ているわけです。

それは様々な理由がありそうした状況になっていることでしょう。

ワンコインランチで1週間我慢している夫を尻目にテニス同好会で仲良くなった仲間と優雅な創作フレンチカフェでランチを取っているバラエティ情報番組を見ればどんな男でさえ、
自分も少しは自由に使いたいと思うものでしょう。

我慢に我慢を重ねた結果カードを保持するという抜本的解決方法を取ってしまったのです。

そこまでするかけなげな亭主の隠蔽工作

返済の時にカード所持がばれてしまうという考えもなきにしもあらずです。

入ってくるお金が決まっていてそこから返済に回さなければならないならば、その一部が使われればわかってしまうからです。

感のいい女性は返済時の怪しいお金のやり取りをみてカードを持っていると判断するケースもあるくらいです。

例えば銀行振り込みで当日全額を下ろし一部返済に充てた上でまた借り入れを起こし給料金額に近いお金を現金として自宅に持ち帰る等です。

言い訳としては途中で買い物をしたやガソリンをいれたなどで多少金額が減っていることをアピールしたりします。

大体給料を全額下ろすという作業を夫が行うこと自体めったに無いのでしたら怪しまれてもし方がありません。

それとは逆に、妻にばれないように上手くやる人もいます。
かなり巧妙です。

そういう人は少なからず副収入という方法を取っているものです。借り入れを起こさなくても十分やっていけるであろう金額を副収入で得ている場合も多々あります。

アフォリエイト業務やネットオークションが最も単純かつ確実な副収入です。

しかしあえて買い入れをおこすのは何故なのかといえば、購入予定のものが高額すぎてまとまったお金を短時間で用意できないからと言う場合や、時間的に早急をようする場合、コンペや趣味の集い等です。

手持ちに多少ゆとりが無いとそうした場面で困ってしまうのです。

それらをクリアーするためには一端借り入れを起こし返済も確実に行うということをしているものなのです。

ゆえに金融業種も慎重に選んでいる場合が多いです。

現金で支払われるタイプを選択しています。振込みは使いません。

銀行口座は家庭で共通になるため、様々な取引が自宅に届けられることも大いにあります。

当然妻にもしられます。他銀行と契約すると言うことは、その書類が自宅に届くためにばれてしまうのです。

どうしても口座が必要な場合には、例えば妻が旅行に行っている最中、或いは実家に帰っている時、長期不在に作成させ終わらせるということをしなければなりません。

様々な策を練らなければ成功しないことを知っている夫は妻の行動パターンをまるでストーカーのように把握しているものです。

やはり一番楽なのは消費者金融

誰にも知られずにこっそりと手に入れることが出来るのは、消費者金融に他なりません。

通知も自宅拒否できますし、会社への電話もNGといえば絶対的に掛けざるを得ない場合以外かかってきません。

どうしても自宅に掛けるような場合にはあらかじめ指示を出しておけばその通りに掛けてくれる場合もあります。

例えば会社のものですが○○部長はご在宅ですかと言えば会社からの電話と妻も安心します。あとは適当に言い訳をすれば良いくらいです。
融資金額も上限こそあれ希望する金額にほぼ到達できるものです。

何にせよ他人に指図や心配を掛けずに自由に使えるチャンスのために有効に使っていけるメリットがあるのですから。

ここがポイント!ばれた時の言い訳

浮気と同じでばれた時が一番怖いものです。

ただ、悪いことを、違反や法に触れることをしているわけではないのですからそこまで卑屈になることはありません。

多少の罪悪感は、妻への信頼が失われてしまうという点に集約されるはずです。

正直になぜ借りなければ成らなかったのかを話すことが先決ですが、それもケースバイケースです。

本当のことをいってこじれるような間柄の夫婦は絶対に駄目です。
正面衝突と同じで同じタイプのボクサー同士の殴り合いです。

一方がテクニック保持者で一方が猪突猛進型ならば作戦の練りようもあります。

しかしどうしたって不信感しか残らない、残せないような言い訳めいたものならば自分の責任ゆえに自分で一切を返すときっぱり伝えた方が良いです。

そしてこれだけは伝えたいのが、カード返済中でも、副収入で入った分のお金を君に回すと。
これで妻も大満足です。

夫は更に別の副収入以外の方法で確実にお金を産むことを考えてそれを自分の為に使うようにすればいいと思います。

お金を生むことさえできればやがて借りる必要もなくなりますし、妻にはそうした能力のある自分についてきてくれていると胸をはってみんなに自慢すればいいのですから。

持つならば覚悟はしておくカードの掟

夫のカード疑惑は不景気な現代だからこそ誰でもが行うことでしょう。 妻もカード所持くらいは知っているものです。問題はどの位の借り入れあるいはローンがあるのか把握していないことです。 給料あるいは副収入で十分対処できているうちはいいのですが、もしその生活では立ち行かなくなるような状況に陥ってしまった場合には最悪離婚 といった不本意な結末になってしまいかねません。 そうならないためにも夫はほどほどの使い方で自制に無ければいけません。 ギャンブルでカードを持っているなどはご法度です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

夫の借金に要注意「秘密の借り入れやカードローンを把握しよう」
Reader Rating 1 Vote