銀行系キャッシングは本当に審査が早いのか?

shutterstock_232832932

大手銀行がオススメする、キャシングとは

消費者金融と違って、敷居が低いのが銀行のキャッシングです。

銀行のカードを持っていれば、誰でも借りられることから「いざ、というときのお守り」として活用する人は年々増えています。ですが、そもそも銀行のキャッシングってなんなんでしょうか?まぅ、そこから理解していきましょう。

便利さ一番、銀行のカードローンとは

みずほ銀行といえば、日本の3大メガバンクのひとつ。三和銀行・富士銀行・第一勧銀が合併した文字通り、かつては日本一の預金量を持っていた会社です。

みずほ銀行は傘下にキャッシング事業を行う金融機関はありませんので、自らが主体となって、銀行のキャシング部門を作り、貸し出しを行っています。

三井住友銀行がモビット、プロミスとキャッシング会社や部門を持っている強みは、何と言っても「審査」と「債権の保全」です。

武富士やアイフル、プロミスやアコムといった巨大サラ金は、総量規制で全て淘汰されてしまいましたが、その貸金ノウハウは喉から手が出るほど、銀行が欲しがっていました。

カードローンは、いわば無担保でお金を貸すという、ハイリスクな商品です。

もし貸し倒れになってしまえば、貸す方は負債を背負いこむことになります。

三井住友銀行はプロミスというサラ金のノウハウをそっくり吸収しました。

それは、審査基準と、貸し倒れにさせないための「債権団としての行動力」です。

審査はわかるでしょう。しかし、債権団の行動力とは、簡単に言えば「取り立て能力とスキル」。

それは怖いお兄さんが借りた人の家に行ったり、勤務先に行ったりして、脅す…というようなことも、確かに昔は存在しました。

ですが、現在は差し押さえを行ったり、非常にスマートなやり方に終始しています。

キャッシングも実は、このサラ金がバックにいるからこそ、営業できる、といえるのです。

保証会社は何をしているのか

みずほ銀行がキャッシングを行う際、ネックになっていたのは「債権の保証」でした。

無担保で貸し倒れになった場合、大変な損害を受けるのは銀行です。もし、銀行が個人向けの融資で貸し倒れを認めてしまえば、芋づる式に「借りても、返さない」人が増えるのは目に見えています。

銀行は様々なペナルティ策を顧客に提示します。延滞金や差し押さえなど、取れる策はどんどん行うでしょう。

が、銀行はそもそもそういった行動は行うジェスチャーは見せても、一般的にはスマートな対応しかできません。

なぜなら、銀行はイメージが大切であり、日本の銀行はどこも財務省に言われたことしかできない体質になっているからです。

これでは、銀行系キャッシングは多くの顧客に舐められてしまいます。

そのため、早い審査と早い融資で顧客に金貸しを行い、返さない場合の対応もしっかりやる!と宣言します。

こうした速さこそが、借りての心理に非常に大きく影響するのです。

銀行のローン商品ブランドが「プロミス」という、三井住友銀行

プロミス、アコムといった消費者金融は、軒並み銀行系子会社になってしまいました。

プロミスは三井住友銀行、アコムは三菱東京UFJ銀行…といったように、前の業界そのものを囲い込んでしまったわけです。

メガバンクは消費者金融の経験がなく、審査能力は全くありません。

消費者金融大手は、軒並み上場してはいましたが、オーナー一族が株式の大半を持っていたため、社会的に株主の配当云々はあまり報道されませんでした。ですが、銀行の場合は、企業間で株の持ち合いをしているケースが多く、利益追求の声は高いものがあります。

そのため、親会社である銀行は、キャッシング事業には並々ならぬ利益確保を求めています。

そして、審査のルーズさは顧客流出を招く…ということから、非常にスピーディです。

ですから、審査は非常に早く、限度額もかなり厳しいのですが、銀行系なため、総量規制には引っかからないという盲点もあるのです。

 

銀行とはいっても、もともとが「緩い審査」の体質は変わらない

消費者金融は「いくら貸せるか」が仕事です。

銀行の場合は「借りたくない相手(資産がある企業、人)にどれくらい貸しつけられるか」が仕事。

つまり、担保が不要か必要かのどちらかが大きなポイントです。ですから、銀行にとってみれば、消費者金融のビジネスは「青天の霹靂」。

どんどん貸して、高い金利で返させる…それを一人でも多くの人に体験して貰えば、リターン客が増えるという仕組みです。

審査は初めてのキャッシングの際に何もなければOK。2度目からは借り入れ情報が業界を回っていますから、逆に審査は簡単になります。

ただ、中には一般社会とは離れた反社会勢力への融資もあって、こうした場合の取り立てはなかなか大変です。

保証会社を別にしているところは、専門の部隊がいるほどですが、現在は強い取り立ては法律によって禁止され、弁護士などが仲介すれば、結局貸す方が泣きをみることが少なくありません。

銀行がいつまでもファイナンス部門を維持できるのか

バブル崩壊後、各銀行は身内の信用保証会社に、融資の貸し倒れで競売となった不動産をずいぶん押し付けました。

その多くは海外のハゲタカと呼ばれるファンドに売られて、結局まとめられてクズのように放り出されてしまいました。

キャッシングの審査とはいえども、費用がかかり、時間がかかるのはもったいない。ですから、借りずにすめば借りないでいたいわけです。銀行のファイナンス部門も、いつまでも安泰でいるのではないのです。

まとめ

アコムやプロミスが、バブル期同様のCMをどんどん流しています。 消費者金融を知らない世代には、新鮮かもしれませんが、銀行のサイトをクリックした途端に、消費者金融に変わる違和感は、なんともいえないものです。 気をつけて借りる、借りたら、早く返すことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

銀行系キャッシングは本当に審査が早いのか?
Reader Rating 1 Vote