お金を借りるなら利用すべきクレジット機能の活用法

shutterstock_282623399

クレジット機能を最大限に活用する

直ぐにキャッシュを借りたがるのはそろそろ卒業しませんか?

あれば使いたがるのがお金です。

お金を借りるということはあるべきお金をないがしろにしているケースが多いからです。
本来であれば今あるべきお金でやりくりしなければならないのですから。

そこで何とかお金を使わずにすごすこと、それでいてちゃっかりお金借りるようなシステムを考えてみました。

え?っと思うことですが錯覚を利用することでお金を借りていると信じたくなるはずです。

現金は要りません。

電子マネーというものの種類がたくさんあることはご存知でしょうか。

もし銀行のカードがある場合にはそちらを全てしまいましょう。
その代わり電子マネーのカードを集めまくるのです。

コンビニやスーパー系ならばnanacoを用意します。

セブンイレブンは全国にありますし、ヨーカドーでもつかえる優秀カードです。

そして持っていれば安心で心強い楽天のEDYカードです。

ほぼ必要な消費物をこのカードで買うことができる優れものです。
そして交通手段用のPASUMOにSUICAです。

これだけでも現金要らずでまかなうことが出来ます。

ポイントという新しい入金概念

全てのカードは利用ごとにポイントがつきます。

Tポイントカードのようにそれ自体はお金の出し入れが出来ませんがポイントがつく機能をもったカードです。

しかし電子マネーのカードはお金を使ったにもかかわらずお金がつくというものになるのです。

大概100円ごとに1円か0.5円の還元になります。10000円で100円ですが給料の範囲で日常生活をしていくのならば、
10万以上は消費に使われるわけです。1000円がつくということはかなりすごい入金方法です。

しかも、ポイント還元が日のよって倍や5倍等がった場合2000円と言う事だってありえます。

お金を借りる

そしてカードの仕組みとしては、必要になるのがお金を預けるというシステムです。

現金を決まった分だけチャージすることがそれです。自分のお金を預けておくという意味です。

もし現金が無い場合に登場するのが、お金を借りる場所になるクレジット会社になるのです。
つまりカード決済が可能というわけです。

楽天カードと楽天EDYやnanacoとセブンカードプラス。
SUICAとビュースイカカード。

WAONとイオンカードのような組み合わせです。
日常で使われる金額は生活のシーンで左右されますが、大概買い物は上記の分野で済むケースが多いと思います。

ですからお金を借りるにしても必要になりそうなカード会社を決めておけばその必要なジャンルの時にはカードで支払われると行くことになるのです。

さらにうれしいことはカードでチャージすることでもポイントがつき買い物をしたらポイントがつくという2重どりもあります。
そうしたポイントを現金と同じようにつかえることがうれしいのです。

中には現金に出来るものもある

楽天EDYにはTポイントが貯まるケースもあります。このTポイントはツタヤ等でつかわれたりファミリーマートやエネオスなどで貯められるTポイントカードのことです。

これがある程度貯まっていくと、なんとインターネット検索エンジンのヤフーに登録するだけで現金化されるのです。

振込手数料があるにせよ、ネット銀行への振込みが可能になり電子マネーの欠点である使えないところでの買い物が出来ないという事態を回避できてしまうのです。

買い物好きな人は、どんどんTポイントをためた上で現金化したいところでしょう。でしたら電子マネーもうまく使いポイントの移行なども利用して現金化を目指すこともお勧めです。

クレジットを上手に使いわけていく

お金を借りるシュチェーションは手元に無いから起こることですが、使うべきものをそうした電子マネーやカードで行えれば意外と現金は残るものです。
先にチャージをしたり上限を決めておくことで給料も貯金にまわすか手元にのこすかが出来るからです。

よく給料が入ったら小袋にこわけして必要な状況ごとに使っていくやり方があります。それをやるのとなんら代わりがありませんから足りなくなることは稀です。

もし足りなくなったといっても小袋にはそれぞれクレジット機能がついていますから無理のないようにお金を借りることが出来るのです。

来年以降も電子マネーは大流行

ポイント稼ぎも地味な作業かもしれません。しかし馬鹿には出来ないものです。 よく、1円を笑うものは1円に泣くという事を言います。1円は1円です。今日買った商品は無くなっていくものです。 無くなるものに貯められるお金がついてくるポイントは魅力的なものです。 しかもバスや電車に乗る時は同じ距離でも現金の時と割引率が発生して安くなるものです。 お得感がたっぷり詰まったカードでしっかり元も取りつつ何倍ものリターンを得るようにしましょう。 ちなみに2016年も電子マネー普及率と、利用率が高まっています。 これは商業界では異例な伸びとして様々な消費者サービスの決済方法としてもっともっと注目されて取り入れる会社も出てくると思います。 カードをつくっていない人はクレジット機能付をつくりそうした事態に対応できるようにしておくことをお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金を借りるなら利用すべきクレジット機能の活用法
Reader Rating 2 Votes