カードローンの審査は信用の積み重ねが大事「借り入れできる人の条件とは?」

審査とは信用できるかどうかをみるもの

人を信用するにはどんな事が一番いいのでしょう?

長きにわたって付き合った仲間であれば信用の度合いもわかると言うものです。

信頼を勝ち得たところで、裏切り行為をすれば失意の念しかのこらず回復すらままなりません。
人の信頼とは信用の積み重ねで得る以外に方法がないものです。

ゆえに信用にあたいする、状態を維持していかねばなりません。
たとえば?

こんなサラリーマン

例えば初めて会う人が二人います。

一方は身なりも整ってしわのないスーツに磨かれた靴を履き、頭髪はサッパリと整った人です。

もう一人は頭は伸び放題でくしゃくしゃ、ほころびとテカリを伴ったスーツで、靴はくたびれた状態の人です。

二人に同時に座ってもらい、では交渉のための商談ということであった時に、まず話を聞きたいと思う方はどちらでしょう。
変わった人でなければ身なりの整った人を大体選ぶものです。

しかも、笑顔で紳士的な対応をされていたならば尚更好印象になるはずです。
しかしもう片方の人が愛想がよく笑顔が絶えない腰低い常態で迫ってきたらいかがでしょう?

余計に胡散臭くみえるか、気の毒意思えてくることではないでしょうか?

これは人の心理で、どういう人が好まれるのかあるいは安心するのかを大人になるまでの間で学習してきてしまっているからです。

人は見かけによらないというのは付き合って慣れた頃の話です。
「初めて」「第一印象」ではその学習してきた判断がともっなってしまうものなのです。

筋道があるものです。

初対面は情報が少ないので仕方ありません。
よくバラエティでやっているお見合い合戦もそうです。

事前にプロフィールやPV等でその人の予習は出来とします。

情報がそれだけであっても確かめたいと思うものですから実際にあって話をするはずです。
面と向かっていきなり「結婚してください」というのは異常の何ものでもありません。

これがもしカードローンの審査であった場合、
「いきなりお貸ししますのでお金を持っていってください」などいわれたら、おそらく店は1時間もしないうちに倒産になってしまうことでしょう。

どんな人かもお互いわからず、予備知識の確認と今後の予測を立てた上での結論が一番の筋道ではないでしょうか?

営業活動を参考に

お金を借りる段取りとはナンパと代わりがないものなのです。
言ってみれば営業マンの営業活動なのです。

自分を良く見せて相手に交換を抱かせる、学生が就職活動からやっている延長です。

それが熱心で試験官の心に刺されば採用となり、更にその会社の方針や中身を学んで身につけられたならば、顧客へのサービス提供の実現、
営業活動となるのです。

営業活動は基盤を持った上で、相手側の考え方や望むものを的確に把握して戦略を立てるやり方をいいます。
銀行員が融資をしたいので会社に訪問する場合も同じと言えます。

相手が納得しないものを提供しても喜びません。

好きな女性に好きだ好きだと連発しても「自分が好きなのはわかりました。でも私は好きなのではありません」といわれればおしまいです。

どうやったら好きになってくれるかを考えても好きではないのですから仕方がないのです。
お金を借りたくて金融機関へいっても貸したくない人には貸せないのです。

審査はこんな感じ?

まずは個人情報の確認です。
年齢や職業や住まいや連絡先等、家族構成などが聞かれます。

特にカードローンは銀行系ばかりですから貸し倒れのリスクは避けたいのです。
大口になるか小口になるかを見極めつつ、その人が信用に値するかを確実に見ていきます。

年齢においてはあと何年働けるのかを把握することとどの位の時期が一番お金を稼ぎお金を使うのか予測も立てます。
家族構成はそうした時期の目安になることです。

また万が一返せなくなった際の保証として近親者はあるのかあるいは財産があるのかを総合的に見ていきます。
会社の場合は結婚や営業活動同様、長いものには巻かれろの発想がありますから、大きければ信頼度が高まるのです。

融資相談席で自慢をしたり、ひけらかす人は例え立派な会社にいたとしても、何か裏があると勘ぐられるものです。
そんなに立派であればわざわざお金を借りずとも過ごせると思ってしまわれるからです。

大体ここまでを面接をかねて聞かれて次に行きます。

個人の借金の様子

要はブラックになっているかなっていないかです。
金融事故というものがあります。いってみれば離婚暦や犯罪歴見たいな物です。

同類にしてしまうのは大変申し訳ないのですが、その人が相手を傷つけてしまったという観点だけで考えてください。
金融に関する事故はその会社にとっては多大な損害です。

お店で今日の支払いは奢るからという程度のお金の貸し借りではありません。
そのためにどれほど大変な事態を切り抜けたのかという貸金業者のトラウマ回避のために必要な機関があるくらいです。

審査をする銀行がそれを見逃した場合同じような苦労を背負ってしまうことになります。
リスクは回避したいですから当然念入りにチェックされるのです。
ここまでがざっと流れです。

その人がうそつきどうかです。

意外と簡単?とカードローンの審査という風におもわれていませんか? しかし通らない人は確実にいます。 身なりがスーツ姿で安心感を与えそうな雰囲気を持った人でも、プロフィールやその他事前情報どおりの素敵な女性であっても、落ちる時は落ちるのです。 2名の審査でどちらかを選ぶという就職活動のような選択制ではありません。 借りれるタイプというローン会社が持っている模範と貸しては駄目というレッテルのあるタイプを見定めているのです。 どこか?それは小さなことでもうそをつく人は信用ならないということです。 いついつくるといって窓口に現れない人、遅れるという電話をかければ向こうも納得します。信頼度は下がりません。 しかしドタキャンをするような人にお金を期日までに返してくださいと約束した所で返ってくる保証は見えてきません。 信頼とはちょっとした信用をいくつ積み上げられるか、こうしたことの積み重ねしかないのですよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローンの審査は信用の積み重ねが大事「借り入れできる人の条件とは?」
Reader Rating 1 Vote