借金の取り立てはヤミ金以外ドラマのように厳しくない?

shutterstock_156882560

ヤミ金以外は昔のドラマのような厳しいバイオレンス的な取立てはありません。

まず借金をして返し始めると順調に言っていれば問題ありません。

一日送れてしまったぐらいでも借り手のほうが大きな顔をしてしまうもの。

しかし、大分支払いが遅れたり払えなくなった時はどうでしょう?
こちらに非があることを知っているのでびくびくし始めます。

さらには電話が頻繁にかかってくることや、どうしても支払いが遅れるので次回はこの日に確実にと約束しても
やはり億得てしまった場合、結果的にうそになってしまうことでどんどん心理的に弱くなっていくものです。

そうした時に督促がはじまると精神的に病んでいき、ありえないような想像をしてしまうことでしょう。
でも安心をしてください。

何が安心?五つの保護

基本的にお金を借りた人は消費者側です。お金を貸したほうは商品販売側です。

これだけのことで業種が金融貸し業なだけです。

スーパーに行ってお題を払わずに店を出れば万引きですが、レンタル業者に契約を交わして持ち帰ってから期日までに返さないといって
いって「おらおらおら」と怒鳴り込むようなことはされません。

向こうも法律にのっとって約束不履行を訴えるだけです。

ですので恐怖感は持たないほうが、取立てに関しては正当方です。特に5つで守られています。

借金の取り立てでは朝早くから電話等しない。また勝手に家を訪問しない。

まずは電話応対です。督促に関してはやわらかい女性の声で督促であってもサービスの一環で電話をかけるという流れをします。

携帯電話、次に自宅、そして会社の順番で決して社名は名乗りません。個人名です。仮に会社でそうした電話を取った時、金融関係の方ですかといっても
お茶を濁され、個人情報を守ってさえくれます。

また書面を送り再度電話応対の順番にまわされても最終的に家に来るのはずっとずっと後です。

ここまでされるような時は業者ではなく債務者が連絡を怠っている悪質さと今の時代では言われることでしょう。

そして、万が一取り立てて家に来られたとしても帰って下さいといわれれば返らなければならないのです。
これはセールスや勧誘と同じものです。

借金を会社にばらすとか他人とコンタクトをとって債権者に近づくことはありえません。

いくら借金の取立で返済を迫ることが正当であっても。他人を巻き込むことは許されない行為です。

しかもそれをまるで弱みのようにして近づくことは言ってみれば脅迫めいたものですから業者も厳しい処分に科せられるか業務停止にすらなりかねません。

張り紙や立て看で債務者の個人情報や借金督促の記述で取立を促そうとする行為も罰せられる対象です。
差し押さえのように張り紙が出来るのは法を犯したときだけで出来るのは行政だけです。

借金が返せないということで臓器を売らせたりすることなどもはやドラマでも描写されません。

ヤミ金のように法を無視した人々がやっていることでしたら法を無視したやり方でその人に償いを求めるかもし得ません。

それは通常の会社がすることではありません。

業者へのまた貸しを斡旋したりマグロ船に乗せられたり、内臓の一部を切り売りする等の恐ろしい行為は少なくともこれを読んで心配されている人の借金督促者にはいません。

返せないからといって郵便物で汚物や動物の死体を庭にばら撒いたりと迷惑なことをする事だってありえません。

取立ての為にはなんでもやってやるという姿勢はその融資した会社の社員ならば頼もしいと社長は言ってくれるでしょうし上司もこころ強いところです。

しかし実際には厳しい取立てになるようなことは職を失うことをしってますからあくまでも穏便に済ませることになるのです。

家族が変わりに払いなさい。

連帯保証人でもないのに、身内や近い親類に頼んで返させるようなことはしません。

支払い義務も無い人に返せというのはおかしなことです。社会人の息子を装って電話をかけて借金したのでお金の都合をつけてほしい
といった電話がかかってきたとしたら、それは「オレオレ詐欺」でもはやなんでもアリの督促です。

警察に相談すべきです。こうしたことが平然となされていた時代もあるでしょうがすべて金融機関の法の改定から消費者を守ることに重きを置かれたということなのです。

いざとなったら弁護士に

最後の保護ですがやはり返せなくなったら弁護士です。 よく犯罪者が警察にはいうな、いったら酷いことになるぞと脅すシーンがあります。見てるほうは来たなその台詞ということです。 犯罪者が使う台詞で、金融機関が使う台詞ではありません。弁護士になんか相談してみろ、酷いぞなんてかっこ悪すぎます。 金融機関のリスクは回収できないこともみこした商売です。企業は全てそうです。不当たりを出さないようにしても出てしまう。 それでもやっていける体力があるから会社になっているのです。にもかかわらず債権の回収ができないことぐらいで会社の信用を落とすようなことはしていられないのです。 ですからそちらもそちらで法に乗っ取ったやり方で対処するのです。消費者もそうなのです。 一番得をするのは弁護士と税金をもらう国という事になりますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金の取り立てはヤミ金以外ドラマのように厳しくない?
Reader Rating 1 Vote