借金をしている相手と生きるくらいなら離婚してしまいたい

shutterstock_237579067

夫の借金を理由にして離婚が出来ない理由

日本の法律において、結婚の終止符は当然離婚というものがあります。

離婚調停という協議離婚です。簡単な話しは、お互いに満場一致で離婚したいとなればその場で離婚が成立し書類を役場に提出すればいいのです。
では借金はどうなるのでしょう?

借金はその人の名義ならその人のもの。

基本的には保証人にならない限り、借金は当事者のものです。

いくら夫で共同生活をしていても作った人が責任を持って払うべきものです。

しかし、夫婦ですから一緒に払い返してくというのが本来の姿です。

なぜでしょう?

それは、生活以外に個人の考えで個人にのみ使われることを目的とした借金、
いわゆる領収証や消費について証明できるものが個人の場合と特定できるものへの流用ではないからです。

殆どの場合日常家事に関係しているケースが多いのです。

食費や高熱費などどうしても共同生活を送る上で必要とみなされるケースの為に配偶者であっても支払う義務が発生してしまうのです。
ゆえにもし離婚が成立したとしてもその借金は二人で払い続けなければならないのです。

離婚をする際に必ず問題になるのが財産の分配です。

その財産とは利益になる分だけではありません。借金というマイナス面も付帯されての分配になるのです。

離婚方法

もちろん個人的借金の場合には支払い義務はありません。あくまでも配偶者を度外視した借金ですから、離婚後も付帯されること等はありません。

しかし、一番の問題は離婚の理由です。

じつは、協議離婚はどちらか一方が「いやだ」とした場合には成立しないのです。

すると法律的に離婚がふさわしいと判断される根拠の元を作らねばなりません。
それが調停前置主義の審判離婚です。

その内容は、

  • 不貞行為・・・配偶者以外との肉体関係をもった浮気
  • 悪意の遺棄・・・家庭を顧みない散財などから生活費を一切渡さない
  • 3年以上の生死不明・・・行方不明状態が続いている
  • 精神病・・・強度の精神疾患で回復の見込みも立たない
  • 重大な事由・・・婚姻を継続しがたい重大な理由(暴力・性交不能・性格の不一致など)

これに該当すればいいのですが、借金はどれにもあたりません。

借金が膨大であっても生活できるお金を入れていればそれが証明されれば離婚の審判は出来ません。
一番近い位置では「重大な事由」の部分です。

夫に重大な事由にあたるほどの借金があるってどれだけですか?

通常は多額の借金があり、精神的にも参ってしまうということであっても

「その健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しきとき」の状況下でいる以上
結婚し「これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓います」といったのでしょうと
追い返させるだけです。

そうはいっても、こうした問題に悩んだ挙句苦渋の選択で離婚を決意したのでしょう。
その正当な理由として、配偶者の制止も聞かずに借金をすることを繰り返している。

またその浪費はギャンブルや暴飲暴食についやすだけであり、
一切家計とは無縁の消費で。また厳しい取立や夫の目に余る行動に平穏な結婚生活に多大な精神的な苦痛がともない送ることが困難である場合です。

つまり、「夫婦生活の破綻」が過大視された時速やかに離婚が出来るのです。
そして借金とともに配偶者の取り分をいただいて分かれることが可能になるわけです。

支払い義務のある分野

離婚が成立し夫は自己の借金をもって出て行くようになりました。

しかし支払い義務ののこる清算せねばならない対象物もあります。

これは、「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任に任ずる」
になります。つまり共同生活の中で

  • 「食費」
  • 「水道光熱費」
  • 「衣類等の購入費」
  • 「家財道具・電化製品の購入費」
  • 「養育費・教育費」
  • 「家族の医療費・娯楽費」

にあたります。

これすら、妻が「私は払いません」と宣言していたなら清算義務は無いというのが結婚の法律です。

しかし、結婚スタート時にそのような発言をするようでは結婚の意味すらなくなりますからまずはありえないことでしょう。
その支払い義務だけはしっかり折半する必要があります。

気持ちの面と不安の解消法

運よく離婚が出来た後、生活していくには蓄えもないのですからかなり不安です。

正当な理由で慰謝料をとれたとしても借金苦のある夫側からの仕送りは期待が持てません。
自分で働いて生きていくには実家があればそこからというのが通常です。

しかし、考えても見てください。

最大限の悩みは夫とのそうした苦しい生活習慣であったことです。

そこから解放されただけでもうれしい、ありがたいと思うべきで、そんなふがいない結果になったにもかかわらず、
実家が受け入れてくれたという点も感謝することしかないわけです。

つまり、これ以上の悦びをその場で求めるのは贅沢の何ものでもありません。

結婚前のほうが良かったというのも、結婚して学習できたから今がありがたいと思えるのですから否定等しないほうがいいのです。

結婚前の生活もそれが嫌で結婚したかったのですから。もしこれ以上ない生活なら抜け出すわけが御座いません。
時間が解決しますからまずは不安の解消が出来たことに感謝しましょう。

離婚は思いやりです。

人は自分に置き換えられたもので辛いと思えば避けたいものです。 病気や怪我も見舞いには行きます。実際にその経験があった時を思い出せばいても経ってもいられず何かしてあげたくて行くものです。 そうでは無い人は付き合いであったり、今後の利益につなげようとすることで来るものです。 仲がいい人でもそうです。 自分にとって得にならないことはしません。 まして同じように怪我や病気になりたいかといえば誰だって嫌です。 借金もそうです。しないならなしないでいたいものです。した時は楽ですが一時だからです。その後が大変とわかっている人はしません。 まさにそうしたスパイラルに陥っている状態が夫婦の借金問題なのでしょう。 見舞いはするが患者はその人なので自分で何とかしなさいというのが本音です。それでも思いやりはあります。 痛みは共有できないが言葉をかけてあげることは出来ます。関わってあげることはその人の支えにもなるからです。 借金をした夫に自分を守る意味でも、家事すらする人がいなくなって、初めて借金をすることの無意味さを知ることになるのです。 それは離婚ができる妻の思いやりでもあるのです。人として生きていくことを期待したおもいやりですから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金をしている相手と生きるくらいなら離婚してしまいたい
Reader Rating 1 Vote