サラ金の時効はいつ?借金から逃げられるのか?

shutterstock_107158634

借金取りからつかまる?逃げる?

良いか悪いかはべつとしまして、借金には取り当ててもそれに応じる必要がないときがあります。

時効です。

特に消費者金融のサラ金のような総量規制に乗っ取った運営をしている貸金業社は5年という短いサイクルで時効が来てしまいます。

良いか悪いかはべつとして、借りても返さなくていい時期が五年経ったらやってくるというまるで、
国勢調査かどこぞの祭りのようなムード漂う状況がなんにせよ不思議でならないことでしょう。
詳しく見ると・・・

援用という結末から

事実を自己の利益のために主張することを援用というそうです。
これはこれでいい意味です。

相手から非難されたりあるいは第三者に自分の立場が弱く見られそうな時に自分の良い部分を光らせる口実になります。
えてして裁判の時に用いられる用語です。

弁解や釈明なのではなく主張ですから。法律的には法定証拠によって義務者を解放することを目的とする制度だそうです。
これが借金に対して使われる場合にはどうでしょう。

のっぴきならない状態で、借りていた借金を返済できないままずるずる放置していた。

そうした時に使われるのが借金の援用ということなのです。そしてそれは様々な借金の形態によって年数が変わってくるのです。
サラ金に関しては5年ということです。
長いか短いかはべつとします。

時効の考え方

そもそも時効とは法律の解釈を引用するならば・・・

  1. 長期間継続した事実状態は、法律関係を安定させるために法的に保護する必要があること
  2. 権利行使を怠り「権利のうえに眠っている者」は法の保護に値しないこと
  3. 長期間の経過によって立証が困難となり、したがってこれを救済する必要があること

    、の3点です。

1はつまり借金した事実はちゃんとあるからそれは債権回収する側は保護ほごされています。

2は債権を回収する側なのにその仕事を怠っているのは債権回収が出来ることに甘んじ手いるだけなので法律では保護に値しなくなるということ。

3は長い間放置されているので貸し借りの事実関係の中でもういらないと勝手に債権回収者があきらめてしまっているとも取られるということ。
であるならば、負債者を今度は法律が守ってあげなければならないというのが時効の考え方です。

やったらやり返す。

法律国家ですから法律は守りましょう。ちゃんと融資したのならばしたことで、回収し続けることです。

借りた人もしっかり返すことです??時効を援用することを認めているのにしっかりかえしては援用にはならないのでは?
そうなのです、ここが味噌なので。

一方で返さなければならないことを知っている債務者は返せなくなったことで時効の援用を求めはじめる流れをつくるといいます。
いいかわるいかはべつとして。

しかし、一度でも返済すれば一定期間を有してからまた5年となるのです。どんどん時効が先延ばしになるのです。

さらにそんな時効を使われてはこまりますから、債権回収側は法律にのっとったやり方で債務者に時効を与えまいとします。

サラ金の時効の中断

まず裁判所に裁判上の請求だします。
支払い督促の申し立てです。

既に債務者には督促はバンバンきています。にも関わらず払ってくれないのですよと裁判所に言いつけに行くわけです。

それから訴訟の提起です。訴えたいんですけどあの債務者をということです。

それから民事調停の申し立てです。話し合いの場を設けさせて第三者の公平な立場で意見を願いますということです。

さらには和解の申し立てです。払えるようにするには私達は何をすれば良いのか聞いたりといったことです。
これを債務の名義といい公に貴方は債務者なのだと自覚させられるわけです。

時効がこれで中断されます。ただし中断なので伸びるだけです。期間は10年になります。
いいはわるいかはなんども言いますが別です。

やっちまったなぁとつぶやいたらおしまい。

先ほどのものは債権を回収するサラ金側の中断状況でしたが、もちろん債務者、借金をしたほうもうっかりやってしまうと中断になるそうです。

というのも、逃げ回っていてシラをきろうとしていた人が飲み屋で実は俺がヤチマッタンだとつぶやいたらどうでしょう?
自白ということで非を認めたことになります。

同じように承認ということをした場合には中断になるのです。
借金をしていることを認める発言や、待ってくださいということを言う内容です。

それから、一部でも返済をしてしまうことです。長引くと債権回収側は小額でもいいのでと釣れやすい方法でせまってきます。
そが命取りで、返した瞬間認めましたねとなり、時効の中断となるのです。

サラ金の時効

逃げてしまって自分は勝ったと思う援用でいくのか、自己破産して負けたとおもいながらも今度こそ立ち上がってと前を向くのかそれは自分の生き方になります。 時効は逃げたのではなく居直っただけ。自己破産は負けたのではなく開き直っただけ。 どちらも同じ無責任さだという人もいるでしょう。貸したほうが悪い、借りたほうが悪いそうした物事の最初に意見を出す人もいることでしょう。 いいかわるいか、その人の価値判断でしかない。そしてどちらにも公平に法律が守ってくれていることだけは間違いのない事実です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

サラ金の時効はいつ?借金から逃げられるのか?
Reader Rating 1 Vote