借金をしたまま結婚する危険性とは?

付き合い始めてこの人とならと思い結婚したものの実は借金まみれ!どう切り抜ける?

結婚には相当のエネルギーがいるものです。

独りで生きていくにも、自分の生活する居場所を確保することはお金もかかるし、信頼も必要です。

それが単純に利害抜きでも二つ必要になるのですから大変です。運転資金があれば0からのスタートでも心強いですが、
通常は今まで生活していたレベルからのスタートですので持っている資金で行くか全くなしで行くかになることでしょう。

しかも、もしマイナスからのスタートでしたら?

中庸のスタンスが求められる

旦那さんに借金がある、妻に借金がある場合には、結婚式の費用や新生活のための必需品準備費用は捻出するのが厳しいでしょう。
特に新居の用意は家賃の家でも購入でもランニングコストがかなり高くなります。

高望みをしないとは言いつつ、旦那さんはよりよい生活のために多少は見栄をはりたがります。

女性も生活レベルの向上の足がかりにはするには、あまりにもみすぼらしい住居での生活では納得できないことでしょう。
都心もしくは郊外でそれを探すとなればやはり家賃5万円以上の物件からスタートしたいはずです。

生活必需品の家具や電気製品は最初は今もっているものでまかなうことが出来ても二人の生活圏に差がある場合確実に
「足りない」あるいは「満足できない」という状況におちいります。

最大公約数ではなく、最小公倍数として中庸のスタンスの製品がどうしても必要になるのが現状です。

結婚をするまで借金を隠したがる理由

結婚する前に何とか完済したい所でも思うように返済が進まない場合には間に合わない。
しかし、一番怖いことは、そうした借金のことをお互いに話し合わない点があります。

結婚すると家計は2人で一つですから何事も協力できることはしなければなりません。
しかし他人ですから、どこかで線を引いてしまう部分もあります。

特に結婚前の諸事情については知られたくないことでしょうし、知られていても不利になるような立場に一緒に陥ることは避けたいと思うはずです。

そのために内緒にしてしまったりするのでしょう。

借金を一緒に返そう

そうは言っても今後の生活で、特に子供が出来てからのことを考えればいつまでも長引かせるそうした借金の行く末は不安材料です。

妻ならば扶養の中で支払いを続けるには夫の協力無ではできません。パートをするにしても限界があるからです。
そういう場合には社員として税金の支払い義務が発生したとしても、独身の延長を結婚生活上でも勧めるべきです。

これは結婚することのメリットデメリットになってしまうことですが、メリットの根本的な考え方は一つのことを二人で出来ることです。

重いものを持つのに一人では無理であったことが二人で出来る、それがどんな状況でもどんな時期でも一緒にいる限り出来る点です。
さらい言えば法律で守られていますから共通の利害の中で世の中に認められることなのです。

重大なことがあった場合、家族の承諾を得なければならないという事態では妻や夫の判断でその人の人生の今後を左右させる決断を下せるのです。
特に手術等は、どんなに中のいい友人がいっても承諾書にサインはかけません。資格が無いからです。

この利点をいかして、二人の力で借金を返すことが出来たならもっと早く処理されるはずです。

結婚中の借金

結婚前の借金返済について異論が出てくることは想定されます。どんなに愛し合っていてもそこは許せないという、個人の考え方の違いですから。
しかし結婚中、これは新婚生活がいよいよ始められるという境目の時期です。

丁度結納を交わし、ご両家への承諾応援も終わった時にから新居の生活が始まった時です。
じつは皆さんが一番知りたいのはこの時期の費用なのでしょう。

ここにどれだけ見栄をはるか、あるいは期待するかでこの後の生活が決まってくると考えるのです。

誰が言ったわけでもなく、新入生活などで、学校や会社に入った経験上そのスタートまでの間がお金が一番かかったと思うからです。

俗にいうランニングコストです。

しかしよく考えてみればランニングコストは元手であり回収をみっこんだ物で無ければならないため回収を、多くの利益を伴った回収を実現させなければなりません。

ゆえに初期設定はどんなにお金がかけられるかが求められるのです。
生活はしかしながらその類ではありません。元手をとって何をするのでしょう?

それは恥ずかしくない地位にいたいという部分しかなく、困らない程度の準備さえ出来ていれば十分という事に他ならないはずです。
お金持ちの人でもとても高いスーツを買い込んで会社に行く等はありません。

一度きりの新入社員の入社式の為に高いスーツを買うのではなく、そうした時の為に「買っておいたスーツ」に身をまとうはずです。
結局は商業戦線に乗せられて知らず知らずのうちに新生活はコストをかけるものだと思いこんでしまっているのです。

そのせいで、準備に間に合わない、貯金が出来ていないとあせり、借金をしてしまうという流れになってしまうのです。

かかるのは結婚後

一番かかるのは実際に生活してからです。

交通費を浮かせる為に車が必要になる。家族が増えれば車も買い替える。
任意保険が無ければ家族の生活に支障をきたしかねない。

家具も新婚当時独身時代に使っていたお下がりでは間に合わない。

とにかくかかります。初期がランニングコストならば、ライフラインコストです。

そこに結婚前の借金まであった場合にはライフラインコストに上乗せされ返済のために仕事をしている状態に陥りかねません。

結婚中で作った借金と独身時代の結婚前の借金を作る人はおそらく結婚後の生活でもお金を作るような道に全力で進むことになります。

それもみな、「見栄」親の代から疑いも無くイベントごとにかかると信じ込まされてきた「習慣と慣習」のせいです。

それぞれが何故イベントとして必要なのか、その意義や目的を二人で意見交換することが出来たならば、かける費用が決まるのです。

結婚後も不要か必要かも見えてくるはずです。

借金を作らないコツで返済を

今の時代は借金をしないで過ごす人は少ないはずです。子供にしても親が子供の為に借金をしているものです。 クレジットやローン等です。なにもキャッシングがそうなのではありません。 お金という商品の売り掛けをカード会社にして生活するのが今の現代社会です。先に現状を生かせてもらう。 その対価はお金で支払うのですから、先払いです。その先払いの量が多いというのはたくさん生きたからなのではなく、 生きる道の選択が多いともいえます。その人にとって必要な道ゆえにコストがかかる。 結婚によってその道がパートナーと重なればコストも減ることでしょう。コストが減れば借金の返済にまわせます。 幸せになる為に一緒になったのですから共通の選択肢をたくさん作るように是非してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金をしたまま結婚する危険性とは?
Reader Rating 2 Votes