借金返済万々歳!循環型の考え方でお金を返す方法

司法書士か弁護士か?借金返済には無い知恵も人から借りるしかありません。

世の中はうまく出来ています。
出来る人と出来ない人。
うまくいく人と行かない人。

そうした結果を導かせるには出来る根拠が必要です。
持っている人と持っていない人。

持っているとは学習して身に着けた知識と体験して培った経験とで状況を判断し解決しうる力のことです。
持っていないとは文字通り力のないことです。

お金も持っている人がいて持って無い人がいます。
知恵も持っている人もいて持っていない人がいる。

だから持っていない人は持っている人の力を借りない限り解決したい問題を解決できないように出来ているのです。
持っている人はそうした人に力を貸すことでまた経験地が増すようになっているのです。

持っていない人だらけでその人も持っていないのならば先にはすすみません。
借金返済もそうした関係の中で繰り広げられているわけです。

食べ物の話し

人は命あるものをいただかない限り生きていけません。

野菜でも果物でも言葉はしゃべれずとも生きているものです。動くものが生き物と言うことではありません。
そうした命を絶って私達は体に取り入れて細胞に変化させます。

ゆえに感謝をしない人は食べ物によって苦しむ結果に多くはなることでしょう。

暴飲暴食とは自分勝手な食べ方の延長からきます。そのことで引き起こされる病気のことなど考えていません。
そんなに食べたら僕らは消化もされないで無駄に命をおとしたことになってしまうよといわんばかりに食べ物が復讐します。

その人にとって必要ではない、あるいは十分であるのに無差別に命を奪っている行為に他ならないからです。
借金はまさにそれです。暴飲暴食によって借りなくてもいいあるいは借りる必要が無いのに借りる。
その裏には借りなければならないような生活を繰り広げていると言うことです。

同じように幼稚園に行き小学校に行き中学校を過ごした仲間で、同じような環境と食生活をしていれば自然とその人が必要な食べ物の量は決まってきます。

食べ物の内容も決まってくるならば無茶な食べ方は必要ないものです。贅沢すぎる食べ物だって絶対に食べなければならないことではないはずです。
そのことに目を向けず自分がやりたいことをすると言う結果が招いた借金。
付けは何によって支払われるのか?
病気です。

病気

食べものであれば健康に害する食生活ゆえ内臓や血液系の病気にまっしぐらとなるでしょう。
直にくるのが食べ物です。
その後鬱になり精神が病んできます。

お金に関して言うならば、徐々にその人を蝕んでいきます。
まともな生活を送ることが出来ないところに陥る状態です。
借金が悪いのでも業者が害であると言うのではありません。

そうした自分自身の考えを貪ることが害なのです。
借りなければ出来ないから借りるのは性だといいました。
借り続けなければ出来ないのは今度は悪になるといいたいのです。

それは食べなくてもいいものを食べ続けることと同じで、借りずに出来るところに着地させようとしないのがいけないわけです。

借金返済

借りたお金は返すのがルールです。返ってくるのを待っているのが貸し手です。
返したくないと言うのが借り手の本音です。

もっと突っ込めば倍にして返して欲しいのが貸し手の本音といったところでしょう。

自然界は雨を待って植物は伸びます。これ以上無いくらいに。その結果どんどん環境が変わりまた雨が降ってくる要素をつくります。
循環型社会はこうしたことをモデルにしていることは有名です。

それぞれのパートから役割を果たしていくわけです。
借りたものを別の形に変えて返してまたそれを受けたものは違う形でというサイクルが自然界で行われることです。
返済とはそうした循環型と考えてみるといいかもしれません。

計画的に借金返済が出来るのが人間のいいところ

多重債務や多額の借金返済の場合は生活苦にならないことが前提で返済になるはずです。

しかしかなりの返済額であってもそれこそ知恵をもった人々の力を借りればその借り多分も返済に上乗せされますが無理も無く返していけるはずです。
いずれにせよ計画をたてて返済できるメリットがあります。
月に2万円あるいは利息だけ、ボーナス払いとか様々なやり方で、返していけます。

お金を借りたことは自分が必要としていたことが出来た、つまり水を得て育った植物のごと枝葉を伸ばせたことでしょう。
そのことへの感謝を今度は植物が酸素を送ることで地球に還元するのです。
今度は人が感謝をこめて返せばいいのです。

精神が堪えられない

医療費が今とても増えています。健康を害する人がこの現代社会では多いです。減りもしません。

医者も薬剤研究も人では溢れんばかりに多いです。毎日新薬開発の研究もされて結果も出てきます。
医療技術も情報化社会のおかげで急速に高まっています。
なのに病気の数は減りません。

理由は、ストレス社会と食生活のみだれがあるからといえます。
精神が堪えられなくなると病気になるものです。
精神が堪えられないとお金を借りることも増えてきます。

逃れたい生活苦、現状から逃避したいとおもうとき、どうしてもいまもっているお金では解決できないところから来る悩みゆえにお金を借りるしか手がないからです。

それもすべて比較という相手と自分を比べた時に見える「差」のせいなのです。
差を埋めようとするから起こる弊害なのです。

人間は足ることをしない限り借金返済に苦しむだけです。

借金返済を出来る人と出来ない人の差。 持っている人と持っていない人の差。 その差を「無い」人が必要以上に希望すること以上に求め続けると病気になるわけです。 借金もその「差」を無視できない性分が加速させて多額の道へ導いていることなのです。 そんな時のおまじないがあります。 感謝です。自分は出来ない。そのおかげで今の場所に居られる。その場所を否定する必要は全く無い。 そこで十分生きていけることに感謝の気持ちがある人は借金も多くならず、返済に困ることの無い借り方が出来るものだと思います。 足ることを知るわけですから、これ以上は借金返済が厳しいとまえもってわかるものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金返済万々歳!循環型の考え方でお金を返す方法
Reader Rating 1 Vote