借入するならここがいい!オススメの借金方法

shutterstock_265026164

借入をするときに誰もが気になるのは金利、利息です。安ければ俄然利用したくなる

会社を経営する側の話しになりますが、一番安いので日本政策金融公庫で約3%です。

一般的なビックバンクでは3%~5%になります。
もちろん借入の融資金額にもよりますが安にこしたことはありません。

しかしその中で穴といえる融資制度がるのです。

借入をいつ返してもいいなんて夢のよう??

生命保険の融資です。この制度を契約者貸付制度といいます。
この借り入れ方法は一般人でも可能な方法です。

しかも保険担保での借り入れ制度ではありますが、解約してお金を借りるわけではありません。
解約した場合の70%から90%の制限範囲となりますが生命保険ですからそうそう安い金額ではありません。

運転資金の急な借り入れを余儀なくされる企業にとっては心強い方法です。
なぜなら、金利が他の金融機関で借りるよりも断然安いからです。

生命保険の予定利率に1%から2%の上乗せで借りられる制度ですから利用する価値が十分にあります。

さらには、カードローンのように毎月一定額を返済義務が発生する取り決めはないのです。会社同士でのやり取りの中での返済という事になります。
申請には3日から1週間ということも企業としてはありがたい流れです。

お金を稼ぐにはお金がどうしてもいるのです。

社員の時にはわからなかった資金繰りの面。または会社でやっていた支払いの面。さまざまな任せていた部分を垣間見ることになります。
社員でしたら税金や保険やその他諸費用の控除後手取りが明細とともにし現れて受け取るだけです。

しかし、会社を始めた瞬間その税制から社会保険制度、労働に関するあらゆる制度を運営側としてコントロールしなければならないのです。
しかも、儲けるためにはたとえ持ち出しであったとしても潔く出す度胸が求められるものなのです。

この商品を作るためには仕入れでこれだけ必要で売るためにはこの準備が必要だという流れを瞬時につかんだ上でお金まで出す、それが会社を経営するというものなのです。

借入の利率が安いもので1.50%

もちろん一般でも借りることも可能です。
学資保険や生命保険、様々な保険に加入しているのでしたならばその貸付条件を見直すといいです。
理屈は簡単なものです。

積み立て保険は満期になると返ってくるものと、解約して返してもらうことと、終身保険のように亡くなられた時に支払われるものに分かれます。
預けたお金が戻ってくるという発想ですから自分のお金を預けているという事になります。掛け捨てによる純保険料はことなります。

その預けたお金の解約して払い戻される金額の範囲内であればお金を貸してくれるということになるのです。
銀行と異なる点はこの部分です。銀行はあってもなくても必要条件がそろえば借りることが可能です。

保険の解約をしないでお金を工面できる点や金利の低さも法人と同じです。
手続もいたってシンプルでインターネットを利用すれば即時OKとなります。信用情報機関にも登録されるようなこともありません。
審査がいらないからです。しかも返済期日がないので、利息だけを気をつければ十分借りても精神面でせっつかされるものがありません。

お金を借りる時には気をつけ無ければなら無い点もあります。

保険金を支払っている人が利用者になるので、法人の場合は会社の責任者になります。
また、個人では例えば学資保険のように子供が貸付を受ける場合でも契約者である親が借入れられるわけです。

さらにい一番気をつけるべき点は元金と利息の合計つまりお金を借りた部分の全体が解約返戻金を超えてしまった場合には、
即座に契約が失効してしまうのです。
つまり保険効力が無くなり解約となってしまう点です。

借金するときは当然ながら

死亡保障などで、1000万の終身保険に加入していて、100万の借り入れを起こしていた場合に、万が一完済前に無くなっしまった場合は、
1000万ー100万+利息になるのです。

満期保険であっても祝い金制保険であっても減額されるのは当たり前のことです。
さらに保険の解約をした場合にも貸付した分は減額になります。

またいつでもいいという返済方法も、月額返済、一括返済、一部返済、利息のみ返済という選択肢でなされます。
いつまでも長い間借りていると例え利率が低くとも大変な金額になることは否めません。

借り入れする時には金融機関は最後と思ったほうがいいです。

銀行や消費者金融によるローンはどんどん姿を変えて中小企業であっても借り入れを起こしやすい価格になってきています。 当然利息という部分に関しても相当下げてきてはいます。 しかし、確実な返済期日、それが遅れるようなことが合った場合には相当なダメージが会社にも個人にもやってくるものです。 うまく資金繰りが出来ないでの借金になるわけですから、その返済でさえままならないものです。 借りないなら借りないでいたいものですが、せめて生命保険関係を解約することで資金調達になることは避けたいです。 その前にその会社にある利用方法で立ち直らせて頑張るべきかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借入するならここがいい!オススメの借金方法
Reader Rating 1 Vote