借金返済の手段「現状に沿ったお金の返し方とは?」

shutterstock_140871454

現状に沿った借金返済法

あなたはどのようにして借金をすることになったのでしょうか。それは、本当に借りてまで必要なお金だったのでしょうか。
借金で悩んでいる多くの人たちは、返せなくなったことよりも借りたときの事を後悔することが多いというのが現実です。

どんな理由であれ、借りたものを返さなくてはならないというのは世の中では当然の事です。何らかの理由でその返済が行き詰まってしまっているときや、返済に追われて苦しんでいるときというのは心身ともに不安定な状態となってしまいます。

そこで必要なことは、あなた自身の現状にあった返済の方法を考えるという事です。その為にはどのような返済の種類や方法があるのかを知ることから始まります。世の中にはどのような返済の方法があって、あなたに合った返済方法とはどの方法でしょう。

いくつかをまとめてみました。

出費を抑えて返済に充てる

まず最初に考えるべき方法としては、外的、公的な機関に頼るのではなく、現状のあなたの所得の使い道を調整して、返済に充てる金額を調整するという方法です。これは、あなた自身の意志と一定の所得があれば少なからずは可能な方法と言えます。

この方法で解決できるのであれば、この方法を選択することが、長期的に見てもあなた自身にとっては最良の方法だと言えます。

ただし、この方法では月々や1回あたりの返済可能額がどうしても少なくなってしまうという問題点があります。

当然、所得の中からは生活費を始めとした固定的な出費分が差し引かれていきます。あなたが社会人であるならば、少なからずの交際費や仕事上で必要となる資金もあります。

それらを差し引いて残りの分から返済に充てるという事になるので金額的に少なくなるのは当然です。

また、借金に悩む人の多くは、この方法を継続できない意志の弱さや、この方法をとってきて限界にきているという人が多いものです。

いずれにしても、自分自身の所得の中で返済に充てる額を作り出すために出費を抑えるというのは、他のどの方法をとった場合にも必要になります。借金返済の手段の最も基本的な部分ということを理解する必要があります。

複数の借金を一本化する

借金返済に悩んでいる人の中には借入先が一箇所ではないという人も少なくありません。

そのような人たちというのは月々の返済日もまちまちであったり、返済額も借入先によって違ってきます。このようになってくると常に返済日に追われているような感覚になる事もあり、また何処にいつ、いくらと言った内容の把握にも神経を使うことになります。

もともと、借金の返済というのは神経を消耗していくものです。その期間が長くなることや相手先が増えるとその消耗度合いも大きくなっていきます。
返済先を一本化してその消耗を少しでも軽減するために考えられるのは借入先を一本化するという方法です。

最近では広告やCMでも耳にする機会も増えた「おまとめローン」等といった商品がこれにあたります。この方法を取ることが出来ると、月々の返済額や
返済回数、返済金額も抑えられるというケースも出てくるのでゆうおうな手段だと言えます。

ただし、この方法は誰でも取れる方法というわけではありません。

「おまとめローン」を組むには金融機関の審査をパスする必要があります。また、「おまとめローン」とは金額が比較的高額になるケースが多いので個人の所得についても制限が設けられているという場合も少なくありません。

複数の借入先があり、何とか返済日や返済額を抑えたいという人は一度審査を受けてみるのも検討の価値はあると言えます。

利息分をカットする

借金の返済の際にあなたを苦しまる大きな要素の1つに借入金に対する利息というものがあります。

この利息については、借入先によってその率は様々です。また、同じ金融機関であっても提供されているプランのよっても違いが生まれます。
借金返済について、この利息の部分をカットして返済を続けていくという方法があります。それが「任意整理」と言われる方法です。

これは借入している金融機関に対して利息分のカットとその後の利息の発生を免除してもらい、元本の残高を決められた額ずつ毎月返済していくということです。多くの場合はその手続きに関しては法律の専門家である弁護士や司法書士に任せるという人が多いのが現実です。

この方法についてはその後の借入制限が付くのがデメリットです。つまり、俗に言われる「ブラックリスト」に載ってしまうという事になります。当然、この方法を選ぶほどまで返済に悩み困っている人というのはそれ以上の借入はできなくなっている場合が大半です。

その後の借入制限というのは大きな問題にはなりません。

また、この方法は「自己破産」とは違い、個人の資産は全く関係がありません。手続き時の借入金だけに関わる手続きとなるので家族や会社にバレるということも非常に少ないはずです。

あなたの現状

借金返済に関していくつかの手段をあげてみましたが、あなた自身の現状は今、どれにあたるでしょう。

または、どれに近いですか。人それぞれに当然、状況もそこに至る過程も違うものです。そして、これから先の選択も当然違ってくるのです。今、借金に悩んでいるのであれば、まずはあなた自身の現状をしっかりと再確認する必要があります。あなたの現状は返済に苦しんでいる状況ですか。

それとも問題なく返済は出来ているけど、もっと良い手段があるならと考えている状態ですか。あるいは、もう既に返済が滞って追い込まれてしまっている状態でしょうか。それぞれの状況に応じて選択するべき手段は変わってくるのが当然です。

そして、あなた自身がしっかりと自分の状況を把握することができれば、選択すべき手段がわかりやすくなります。手段の選択を間違えることがなければ、借金返済を出来る可能性は格段に高くなるのです。

返済までの思考

借金返済に悩む人の中には、誤った考えで返済を進めようとか、一気に完済してしまおうと考える人がいます。

可能性はゼロではありませんが、そんなに簡単に借金とは完済できるものではありません。当然、借金をするということは金銭的な状況が悪くなってしまったから起こる状況なのです。

この借金を一気に返済してまおうと考えてしまう人の多くは一攫千金を狙うという方法をとる事になります。一般的にはギャンブルがそれにあたります。大勝ちして一気に借金を減らそうという考え方です。

多くの人はお分かりだと思いますが、現実的には有り得ない考え方です。多くの場合は返済が滞ってしまうか、借金が膨れ上がるかという目的とは逆の結果を生み出してしまいます。

借金返済を考える人が常に頭に置いておくべき考え方というのは、しっかりとコツコツと返済を継続し続ける、という事です。

それが最も借金の額を確実に減らせる方法となります。

返済を終えたら

様々な手段を考えて、利用してやっと借金返済が完了したという人もたくさんいます。借金返済に悩み、そんな中でも返済を何とか継続して完済までたどり着いた、そういう人たちは次の借金には非常に慎重になるものです。

多くの場合は直ぐには次の借入が出来ない状況という人も少なくはありませんが、借入ができる状況や以前なら借入していた状況が訪れた場合でも簡単に借入という手段を選択しなくなるケースが多くなります。これは借金返済がどれだけ苦しいものかを心得ているからです。

借金返済の手段には多くの手段が存在しますが、楽な方法というのは1つもないと考えるのが賢明です。借金を完済したという経験を持つ人というのはこの事を身を持って実感しているため、簡単には借入をしなくなるのです。

そして、その慎重さ、考え方というのは借金返済に悩んだ人にとっては非常に大切な考え方です。一度苦しんだ状況と同じ状況に再度自分自身を追い込まないためにも、他の人たち以上に慎重である必要があるのです。

まとめ

借金返済の手段というのは非常に多くの選択肢があります。人によって状況によって、選択できる手段は変わってはきますが、それでもその手段の数は非常に多く用意されています。まずは完済することを諦めないということが大切になります。 そして、その為の手段の選択肢を増やすということも非常に大きな要素となります。 借金返済とは簡単にはゴールにたどり着けません。ただし、たどり着くのが不可能ということもないのです。あなた自身が、今現在のあなた自身の状況をしっかり把握した上で、あなた自身に合った借金返済の手段を選択することで完済への道は開けてきます。 諦めず、しっかりと自分の状況を理解し、状況に応じた手段を探し選択しましょう。そして完済までたどり着いたあとは再び借金返済に悩む事のないよう、あなた自身の収入に見合った生活やお金の使い方を覚えていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金返済の手段「現状に沿ったお金の返し方とは?」
Reader Rating 1 Vote