金融業者が教える即日融資の方法

shutterstock_112151399

「とにかく今、お金が必要!!」

誰しも、何かしらの理由で、今お金が必要という時が必ずあると思います。

その理由の如何は本稿では横においておいて、即日融資についての流れ、情報について書き綴っていきたいと思います。とにかく、即日融資を得るための方法と情報についてをです。

 

融資の種類

融資にも種類というものがあります。借金という言葉でくくってしまうと、消費者金融も奨学金も住宅ローンも銀行のキャッシングローンもすべておなじものとみなすことが出来ますが、これらをしっかりと細分化し分類する必要があるというのは簡単に想像ができると思います。

それでは、どのような分類になるかというと、その基準は、「融資の容易さ」と「融資実行までの時間」と「金利」です。そして、これらは、およそ正比例しているといってよいでしょう。即ち、どれか、1つについて分類が出来れば、自動的にほかの条件もおのずと決まることが多いのです。

審査が厳しければ金利は低く、融資実行まで時間がかかる。

審査が厳しいものについては、原則として融資実行までの審査機関が長く、慎重に金融機関がわも審査を行うため、即日融資という事はまずありえません。

しかし、その一方で、返済計画性等を非常によく吟味されるので、いわゆる借金で首が回らなくなるという状況に陥るという事はほとんどありませんし、国や地方自治体が貸し手になることも多く、とにかく、「金利が低い」という事が魅力となります。

しかし、この記事を見ている皆さんは即日融資を求めているわけですから、これらの金融機関からの融資は除外せざるを得ません。

消費者金融の審査での必要なもの

さて、即日融資を目指すのであれば、消費者金融もしくはキャッシングローンが最も妥当な方法といえるでしょう。

消費者金融をここでは例に挙げますが、50万円までならば、あなたが通常のサラリーマンであるという事が証明できれば、収入証明書や源泉徴収票等の書類を提出することなく、審査をすることが出来ます。

この時必要なのは、自動車の運転免許証やパスポートなどの、写真付きの身分証明書、これだけです。場合によっては社員証の提示を求められることもありますが、実際にはほとんどないでしょう。巷にあふれている消費者金融の無人融資機械での操作で、審査が通るか否かを判断されることになります。
  

審査の基準

消費者金融での審査は、各社によりますが、それぞれが審査基準というものを持っています。

これは、公開されていない情報なので、どのような属性の人間が融資が行われ、どのような属性の人間が風刺を受けることが出来ないかという具体的な情報については分からないというのが実情です。

しかし、多くの経験やデータの蓄積からおおよその見当をつけることは可能なので、ここに記します。まずは、金融事故がないこと。これは真っ先にチェックされます。

この金融事故履歴があると即日融資というのは実に難しくなります。金融事故というのは、カードの支払いの遅延や自己破産履歴等の、借金に関する問題と考えていただければよいでしょう。

そして、この裏返しなのですが、カードの支払が一切滞ってなく、数年間カードを使用しているというような属性であると非常にプラスポイントとなります。なぜなら、金融機関はその属性の人間を「コノ人はきちんと返してくれる人だ」と認識するからです。

このような、過去の返済履歴のことをクレジットヒストリーといいますが、クレジットヒストリーが良好な人は即日融資の可能性はほぼ100%といってよいでしょう。

即日融資のデメリット

即日融資は、緊急時にお金が必要となる時に非常に大きな味方になることは間違いありません。しかし、決して忘れてはいけないことがあります。先に書いたように、審査がゆるい(即日融資)=「金利が高い」という事です。

実際には利息制限法の上限が課せられていますが手数料等などもとられるので、字際には15%程度の金利がとられる覚悟は持たねばなりません。ここで、ただの15%かと考えた人は要注意です。

多重債務者予備軍です。15%の金利というのがどれ程高いかを認識する機会というのはあまりないかもしれませんが、100万円借りたらば115万円返済するという事です。

加えて、月々、1万円ずつの返済というような設定をしたら、年間での返済額は12万円で、年に3万円ずつ借金が増えていくという事になります。返済をしているにもかかわらずです。これが10年続いたらどうでしょう。

あなたが返済した額は120万円であるにもかかわらず、借金の元本100万円はそのままで、3万円×10年=30万円の利息分の借金が残され、合計130万円の借金のみが残っている状態になるのです。

繰り返しますが、あくまで、120万円の返済を行っているにもかかわらずです。よって、完済するために、250万円を返済しなければならなくなってしまいます。

この様に、15%の金利というのは、非常に高金利であるという事を認識し、計画的な返済を心がけましょう。

即日融資

即日融資を受けるのは通常人なら比較的簡単な事です。しかし、その相手方は多くの場合消費者金融等になることとなり、金利が非常に重いという事をしっかりと認識しておきましょう。 また、一度消費者金融に手を出した人は、およそほとんど2回目の即日融資を求めることがあるという事も付言しておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

金融業者が教える即日融資の方法
Reader Rating 1 Vote