借金生活にさようなら!「脱却には第三者の手が絶対に必要な理由」

shutterstock_318986933

借金生活とお別れの準備を

「借金生活」、この言葉自体に不幸さが表れています。

単なる生活に「借金」というものが付随してくるのですから。

借金は時間と共に消えていく、別れた彼氏・彼女との思い出とは違います。借金生活に自分がいる以上、脱却するまでは、一生付き合っていかねばならない苦しみなのです。それ故、早々に借金生活に別れを告げなければなりません。

 

まずは何と言っても現状把握

まず、借金がある場合、現状いくらどのような借金があるのかを書き出してみましょう。それから借金生活との別れのスタートです。借金の対処法には最適解が存在します。

つまり、どの順序で、いくら、どのくらいの期間で返済するかについて、最短時間で全返済等をする方法が存在するという事です。そのためには、現状が把握できていないと、設計図を描くことが出来ません。

借金もいうなれば、支出に分類されるものですから、とにかくまずは現状把握で、なぜお金がないのかを把握しましょう。必要な情報は【いつから・元本・金利・返す相手・返済完了予定日】以上5点を書き出してみましょう。

借金の分類

さて、自分の負っている借金(債務)を書き出すことはできましたでしょうか?
借金とは不思議なもので、言葉が変わるだけで、借金でないようなものもありますが、実際は借金と同じものというものが多くあります。そこで、ここからは債務という言葉を使うこととします。(債務=借金と考えていただいて構いません。)

それでは、債務のタイプについてですが、大きく分けると現金を直接に借りるものとそうでないものに分けることができます。

現金を直接借りるものの例は、消費者金融、クレジットカードのキャッシング分、違法金融(闇金など)が挙げられます。これらの債務の大きな特徴は、金利が非常に高いということです。原則、これらは無担保で融資を受けるものなので、貸す側もハイリスクな分リターンも多く求めるためです。

現金を直接借りていない債務というのは、将来完済するという約束の下で成立するものが多いです。例えば、クレジットカードのショッピング分、自動車や家等のローン、奨学金、携帯電話の端末代の分割分等です。これらの現金が目に見えない債務というのが、実際、「お金がない」という状況を作り出すことが多いです。

返済の順番と返済不可能な場合の対処

 上記2点の分類を行なった上で、元本が大きくかつ金利が高い順に返済をしていきましょう。特に、クレジットカードのリボルビング払いというのは、元本が殆ど減らないような減らない返済方法で、じっさいの金利は消費者金融並みなので、要注意です。

上記例でいくと、額にもよりますが、消費者金融・キャッシング→リボルビング払い→各種ローン・奨学金という順に返済するのが最適と思われます。

しかし、勇気をだして書き出してみた結果、自分の収入と返済のバランスが合わないという場合もでてくるでしょう。その際は、法的措置等によって、借金生活から脱却する必要があります。

借金の取り立て

まさに、これこそが借金生活の中心となっているものですが、借金の取り立ては非常に苦痛です。

消費者金融やリボルビング払い等々が積もりに積もって、家賃や生活費を引いたらマイナスになってしまうので、また借りるということを行っていれば、いつか必ず返済できずに終わる時が来ます。その時、まずは、債権者からの督促状が来ます。

3回ほど何もせずにいると、法的措置をとるという趣旨の文言が入った文書が届きます。もしくは、債権回収会社(サービサーといいます。)に債権譲渡された旨の通知が届き、債権回収会社からの通知が頻繁に来ます。

ここまでの間には、電話でも債務についてどうするかを聞くものがひっきりなしでかかってきます。そして、最終的に債権を有する者が、裁判所に差し押さえの手続きを申し立て、債権を回収するという流れになります。自分には財産というものはないので、差押さえの申立てなど怖くもない、というように考える方も多いかもしれません。

しかし、日本の法律はそう甘くはありません。裁判所に差押の申立てを行うまでは、勤務先等に電話をすることは原則禁止されています。しかし、裁判所に差押の申立てがなされた時点で、「民事事件」となります。つまり、裁判所が介入することで、債権者と債務者以外のものにも影響が及ぶようになるという事です。

したがって、勤務先に債務者の給与を差し押さえてくださいという旨の申立てが行われるという事です。非常にシンプルに言うと、債権者が裁判所に差押の申立てを行うと、自分の給与が一定額支払われなくなるという事になり、勤務先にも借金まみれだという事がばれてしまうという事です。

違法な金融業者でない限り上記のような正当な手続きを行って債権の回収を行います。

借金生活から逃れるには1人では不可能です

 どんなに、あなたが天才でも、借金生活をおくっている場合は、それからの脱却には第三者の手が絶対に必要です。具体的には弁護士等の債務の専門家が借金生活に別れを告げるための強力な味方となります。     

したがって、専門家に債務整理をしたい旨の相談をすることを強くお勧めします。資力基準が満たされていれば法テラスの弁護士に相談することが可能ですし、区役所や市役所では定期的に予約制で債務相談を弁護士がしてくれています。これらの専門家に相談をすることから始めましょう。
 

借金生活

借金生活は本当に苦痛です。365日24時間借金の返済について考えながら生活しなくてはいけませんから。したがって、早々に借金生活に別れを告げられるよう策を講じることとしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金生活にさようなら!「脱却には第三者の手が絶対に必要な理由」
Reader Rating 2 Votes