借金返済の長い道のりをゴールするのは決して不可能ではない

shutterstock_274811324

借りるのは簡単、返すのは難しいのが借金

借金返済を試みて、完済を目指そうとすると、非常に長い道のりであることが自分の手計算だけでもわかるはずです。

しかし、借金を完済しようという気持ちをもって、借金返済に立ち向かおうとする姿勢は素晴らしいものです。そこで、そんなあなたに、ちょっとした知恵を書き綴りましょう。

 

まずは何と言っても現状把握

まず、借金がある場合、現状いくらどのような借金があるのかを書き出してみましょう。それからスタートです。借金の対処法には最適解が存在します。つまり、どの順序で、いくら、どのくらいの期間で返済するかについて、最短時間で全返済等をする方法が存在するという事です。そのためには、現状が把握できていないと、設計図を描くことが出来ません。

借金もいうなれば、支出に分類されるものですから、とにかくまずは現状把握で、なぜお金がないのかを把握しましょう。必要な情報は【いつから・元本・金利・返す相手・返済完了予定日】以上5点を書き出してみましょう。

借金のタイプ

さて、自分の負っている借金(債務)を書き出すことはできましたでしょうか?

借金とは不思議なもので、言葉が変わるだけで、借金でないようなものもありますが、実際は借金と同じものというものが多くあります。そこで、ここからは債務という言葉を使うこととします。(債務=借金と考えていただいて構いません。)

それでは、債務のタイプについてですが、大きく分けると現金を直接に借りるものとそうでないものに分けることができます。

現金を直接借りるものの例は、消費者金融、クレジットカードのキャッシング分、違法金融(闇金など)が挙げられます。これらの債務の大きな特徴は、金利が非常に高いということです。原則、これらは無担保で融資を受けるものなので、貸す側もハイリスクな分リターンも多く求めるためです。

現金を直接借りていない債務というのは、将来完済するという約束の下で成立するものが多いです。例えば、クレジットカードのショッピング分、自動車や家等のローン、奨学金、携帯電話の端末代の分割分等です。これらの現金が目に見えない債務というのが、実際、「お金がない」という状況を作り出すことが多いです。

返済の順番と返済不可能な場合の対処

 上記2点の分類を行なった上で、元本が大きくかつ金利が高い順に借金返済をしていきましょう。特に、クレジットカードのリボルビング払いというのは、元本が殆ど減らないような減らない返済方法で、じっさいの金利は消費者金融並みなので、要注意です。

上記例でいくと、額にもよりますが、消費者金融・キャッシング→リボルビング払い→各種ローン・奨学金という順に返済するのが最適と思われます。

しかし、勇気をだして書き出してみた結果、自分の収入と借金返済のバランスが合わないという場合もでてくるでしょう。その際は、法的措置等によって、赤字状態=債務まみれから回復する必要があります。
  

任意整理

任意整理とは弁護士を立てて、返済の相手方と交渉することを言います。原則として、裁判や調停等の裁判所が関与しない形で行われる、いわば弁護士による債務の減額交渉です。

私たち債務者が債権者に直接交渉を行うとなると、決して良い話でまとまりません。そこで、代理人である弁護士に交渉を委任して、金利のカットや減少、返済義務の減少、過払い金の請求による債務免除並びに過払い金の受領のための交渉といったことをしてもらえます。なお、過払い金請求とは、過去に払いすぎていた返済分を返してもらうことです。(詳しくは「過払い金」で検索をして見てください。)

これらは現在の収入状況を見て、無理のない返済をするために、弁護士による交渉によって、債務を整理し赤字状態を解消するために取る方法です。

 任意整理はあくまで、裁判所を介さずに自分の弁護士に交渉を委ねて、返済計画をまとめていくものです。大概の返済計画は3年で返済が終了するような計画案となることが多いです。したがって、債権者側がこちらの提案にNOと言ってしまった場合には、裁判外の債務整理は講をなさず弁護士への報酬のみが無駄となります。

自己破産

最後の手段として自己破産を考えねばなりません。この基準は3年間での完済が見込めるか否かもしくは、自己の債務が年収の5倍以上かという基準で考えるとよいでしょう。

弁護士と相談し、どのようにしても現在の収入レベルからは返済が追い付かない、つまり、自転車操業状態が続いてしまっているという場合には、債務から逃れる最後の手段、自己破産を行うことをお勧めします。自己破産は手続に色々な種類がありますが、代表的なものについて、説明します。

まずは、自己破産の申立てを行います。ここで、財産を所有している場合破産管財人といういわば管理人のような方が選任され、一切の財産の処分を委ねることとなります。財産とは不動産・マイホーム・株式・99万円を超える現金等です。

そして、管財人が財産を換価し、債権者にその代金を分配します。そしてその後、裁判官が申立人と面接を行い問題がないようであれば「免責許可決定」が下されます。

この免責許可決定というものが、全ての借金を帳消しにしてくれるものなのです。

したがって、自己破産の申し立てを行い自己破産手続きが開始されても、免責許可決定が下りなければ、債務は残ったままの状態となってしまいます。免責許可決定が下りない場合というのは後で述べます。

自己破産(財産がない場合)

さて、財産がある場合は管財人が選定されて手続きが行われますが、財産がないという方の場合はどうなるのでしょうか。

この時には、同時廃止決定というものがなされ、即日自己破産手続きが終了します。しかし、勘違いしてはいけませんよ。免責許可決定が下りない限り借金は帳消しにはならないのですから。

あくまで、分配する財産はなさそうだから、その点の手続きは飛ばしてしまおうというのが、同時廃止決定というのものです。したがって、その後、裁判官との面接を行い、問題がなければ管財事件同様免責許可決定が下され、借金は帳消しとなります。

借金返済

債務返済は本当に長くそして険しい道のりです。しかし、そのことに真正面から立ち向かおうと覚悟を決めたからには必ず良い方向に進みます。そのためには節約等の自己の努力も不可欠となりますが、頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金返済の長い道のりをゴールするのは決して不可能ではない
Reader Rating 2 Votes