社畜は奴隷?お金もなく借金生活になる人が増加中の理由とは

shutterstock_315109574

なぜだ!社畜の借金三昧、これって絶対にヤバイ

ブラック企業という名前が公になってから、その就労環境のあまりのひどさに驚いた人も少なくないでしょう。

テレビ局の中でいえば、ADさんは一番ひどい待遇、といわれていますが、彼らの場合はそれが修行であり、だんだんと地位を登りつめていくチャンスはあります。

ですが、そのほかの企業ではポスト不足から、どんどん仕事ばかりが増えて、まるで奴隷のような待遇から抜けられない人が多いのです。その悪影響について調べました。

人気のWebデザイナー、その現実

今や人気の仕事、Webデザイナー。

デザイナーといえば言葉尻はかっこいいのですが、その実態はWebエンジニアそのものです。エンジニアとは技術職を言いますが、技術とは名ばかりで、

いかに単価を抑えつつ、印象的なサイトを作らなければならない…というジレンマに陥っていること、そして常に更新更新という作業が夜中まで続き、

いきなり夜中に呼び出されたり、休みを返上して対応に追われたり…とにかく、専門的な仕事であるばかりで、報酬が低いと揶揄されているのが実態です。

デザインといえば、昨今はオリンピックのロゴでミソをつけてしまった有名デザイナーがいますが、こうした人たちは業界でもほんの一つまみの人たちだけ。

そして多くのWebデザイナーの作品は著作権もなくどんどん盗用されてしまっているのが現実です。

彼らの仕事はとにかく「早く、良い仕事を、休みなく」というものであり、給与は決してよくありません。

ですが、今日どの企業でもWeb広告から公式サイトに至るまで、とにかく多くの仕事が待っています。

そのため、委託されて仕事を請け負うか、契約社員として雇用されるかのどちらかになります。

それは非常に忙しい仕事であり、評価されるのは閲覧数の多さでしかありません。

休みがない、そしてストレスは溜まる

休みがない、どれがWebデザイナーの下請け実態です。

ちょっと前はパソコンが使えます、CADが使えます、程度で済みましたが、現在は専門ソフトの種類ごとに資格があり、

それは機種ごとに細分化されてきており、企業としても一機種のために雇用するような余裕はなくなってきました。

できれば、機種ごとにエンジニアが集まっている集団に仕事を任せ、委託する方が安上がりであり、突然の仕事にも対応してくれる…という読みがあります。

中には、システムが外部から侵入されてしまった場合、休日でもそれを究明し、修復してもらうには、外部の企業に依頼した方が頼みやすく

、同じ社内の人間ならば、労働時間の縛りなどで、なかなか難しくても、外部ならば問題ありません。

結果として。こうした人たちは下請け、孫請け、そして契約社員という弱い立場のため、親会社の社畜に成り下がってしまうのです。

ストレスの弊害はなにか

会社員のストレスで多いもの、それは各種のハラスメントです。

上司からの暴力、それも腕ずくめではなく言葉の暴力や完全な無視、これは社内で非常にまずい立場に追いやられることを意味します。

男性社員が女性社員に暴力を振るうことも問題ですし、その逆もまた問題です。

ですが、一番ひどいのは、相手を「働けないような健康状態に陥れる」ことです。

会社の目的は、いじめではありません。誰もが働くことを目的にしています。ですが、働けない理由が「あまりに忙しい」ことと「まったく仕事が与えられ無い」という両極端が、一番おかしなことだ、といえます。

人間には目標があれば、それをクリアしようと、頑張れるものです。

ですが、目標や目的を失ってしまえば、なんのための就業なのか、まったくわからなくなります。

社畜とはこの目標レスをいい、社業は命令と捉え、強制と感じます。それが、目標や目的を伴っていれば、おそらくそういうネガティブ発想は出てきません。

ストレスは健康を蝕みます。「いやだ」という一言は、体内の様々な意識を呼び覚まします。

拒否反応と自己免疫疾患は同類であり、様々なアレルギーを誘発します。肌が荒れてくる、顔つきがむくれてくる、そして食欲が極端に減るか過食に陥る…これは完全に健康体からの離脱です。

借金生活はなぜ起こるか

忙しいことは、給与が増えることを意味します。

ですが、人間は溜まるストレスに対処しなければ、病気になってしまいます。人によってはギャンブルに手を出し、あるいはキャバクラにはまっていきます。

これらは全て病んだ人たちを誘うのに一番効果のある手口を持っています。

それは、こうした人たちの空いている時間、つまり深夜に営業していることが原因です。夜は大概仕事を休んでいます。

自分だけではない夜働く人たち。それがキャバクラに集い、麻薬のようにお金を使う快感に発展するのです。

ボーナスの半分を一晩で使い切ってしまうエンジニア。そしてそれが病みつきになり、毎週のように通い続けるうちに、キャッシングを繰り返し、消費者ローンに手を出します。50万円を借りるのにわずか40分の審査。

それがいつの間にか数社で繰り返され、200万円もの借金となってしまう…そういう話は巷にゴロゴロしているのです。

社畜だ!と自分を感じたら、転職せよ

社畜ほど健康状態を蝕むものはありません。会社は人を使い倒し、そして最後には全てを飲み込んでいきます。だからこそ、会社は選択すべきです。

なんのために働いているのですか?目標と目的をしっかり持てないならば、そんな会社はきっぱり休んで、辞表。それが何よりです。

本当に社畜でいいのか?

会社の奴隷、それは絶対によくありません。 社畜は人間の本来持つ力を削いでいきます。 ストレスを感じたら、転職、それがベストです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

社畜は奴隷?お金もなく借金生活になる人が増加中の理由とは
Reader Rating 1 Vote