カードローンの審査の基準とからくり「審査に通らない人はどんな人?」

shutterstock_84713119

カードローンの審査の基準

カードローンという言葉は多くの人が耳にしたことがあるはずです。カードローンとはどのような手続きを経て、どのような形で完了となるものなのでしょうか。ローンという言葉のとおり借入を行うことだということは多くの人が知っているはずです。

そして、ローンという以上は何らかの審査があるということも予想はつくでしょう。それでは、あなたはその審査に通るのでしょうか。審査に通る人とは
どのような人で、逆に審査に通らないという人はどのような人なのでしょうか。

そして、カードローンの審査を気にしている人の多くは、どのカードローン会社も審査は同じように行われて、結果も同じになるのかどうかという点が気にかかるポイントとなっているはずです。

審査の基準や結果はどのようにして決められているのでしょうか。
カードローンの審査のからくりの一部を整理してまとめてみました。

カードローンの審査の対象

カードローンの審査の対象になる人とはどのような人か理解できているでしょうか。

「定職に就いていなくては行けない」「保証人が必要」「主婦ではダメ」等と色々な理解の仕方があるのが現実です。

それらの認識の多くは、どれもが一部では正解であり、一部では間違っているというケースが大半です。それは、カードローンの審査の対象となる人というのは、それぞれのカードローン会社によって異なってくるからです。

そして、近年では以前ではカードローンの審査の対象にならなかったような人でも対象となる商品も誕生しています。

ごく一部の人や高校生以下の子供でない限りは、カードローンの審査の対象には全く当てはまらないという人は居ないと言っても言い過ぎにはならないほどです。カードローンの審査の対象となるのはそのカードローン会社がローンの対象者としている人であれば全てが審査の対象となるのです。

カードローンについても色々な商品があるので、商品によっては特定の人に向けた商品というものもあります。そうでない限りは一般の多くの大人であれば、無収入でない限りは審査の申し込みは可能だと言えます。

カードローン審査の申し込み

カードローンに申し込みをしようと考えている場合はどのような手続きが必要になるのでしょうか。「源泉徴収票が必要」「会社に連絡が入る」「実印が必要」「保証人を頼まなくては」など色々な準備を人それぞれに考えるはずです。

カードローンの申し込みの時点で必ず必要になるものというのは「身分証明書」くらいだと考えておいて下さい。申し込みに際しては基本的には申込者の情報は申込書類への記入がメインとなります。審査の進み方や判断の段階において皆さんが描いているような書類や手続きが必要になってくる場合もあります。

源泉徴収票や勤め先への所属確認などは比較的多くの場合で求められる手順と言えます。ただし、実印を必要としたり、保証人を求められるといったケースはほとんどありません。

カードローンの審査とは申込者本人のみの経済状況や返済能力を確認、審査するというものです。商品やカードローン会社によって多少の違いはありますが、申し込みの段階においては殆どの場合が同じような手続きとなります。

あなた自身の情報を記入や入力して申し込みを行います。あなた自身の情報とは勤務先や所得、所有している資産や他社での借入状況などが
一般的です。

家族構成等を必要とする場合もありますが、多くの場合は家族に何らかの連絡が入るようなことは無いのでそういった心配は必要ありません。

カードローン審査の結果

当然の事ながら、カードローンの審査に申し込みを行うと、数時間から数日の間に結果の通知が届きます。

申し込んだカードローン会社や申し込んだ承認によって通知までの期間や通知方法は異なりますが、最近では申し込みの時間帯によっては当日中に回答するという商品やカードローン会社も増えてきています。

カードローン審査の結果には大きく分けて2つあります。1つは当然ながら審査通過というパターンです。

この場合は当然、次の手続きに進むことができます。ただし、一概に通過と言ってもその中にもパターンがあります。わかりやすく言うと、申し込みの内容通りで審査を通過するというパターンです。

この場合については審査の結果、希望の条件でのカードローンの利用に全く問題なしという結果を受けたという事になります。それとは別に条件付き審査通過のパターンがあります。

これは例えば100万のローンの申込書を提出したのに通知結果は80万までと希望とは少し違う形での審査通過となりあす。このような条件付きでの審査通過の場合には何らかの理由がありあす。

銀行やカードローン会社としても、貸付した分は回収する必要があるので審査は信用できる第三者機関位依頼するという方法が一般的になります。条件付き審査通過の場合になってしまう主な要因は2つです。

1つは他社での借入金額が大きく膨らんでしまっているという場合です。もう1つは所得が不安定であったり、無職である場合です。これについてはカードローン会社や銀行はあなたには申込内容通りの貸付は出来ないと判断したということになりあす。

他のカードローンを申し込む

カードローンの申し込みというのは1社だけしかできないというわけではありません。

現在カードローン利用中、または返済中といった場合でも他のカードローンへの申し込みをする事は可能です。

当然、1つ目の時と同様に申し込みをして審査を経て結果を受けての利用開始といった流れになります。ただし、ここで注意しなくてはならないのは2社目以降の場合には必ず他社での利用状況も審査へ影響することが多いという点です。

これはカードローンや他のローンの借り入れについてはその金融機関独自の審査よりも信用調査機関とい第三者期間を使って審査をする場合が多いからです。信用調査機関はいくつかの期間があり、それぞれの金融機関はその中の1つ又は2つに加盟しています。

そこにはカードローンなどで審査を申込みした人の情報や借入、返済状況が一定期間管理されています。なので2社目以降のカードローンの
審査にはそれらの情報も加味して結果が出されるのです。

他社での審査結果

1社目の審査には通ったのに、又は逆に1社目では審査に通らなかったのに、他のカードローン会社に申し込んで審査を受けると逆の結果が出るということもあります。これにはいくつかの理由がります。まず1つ目は金融機関によって審査基準は微妙に異なるということです。

例えば、金利を安く設定している銀行のカードローンよりも少し金利を高めに設定している消費者金融系のカードローンの方が審査を通る
基準のいうのは幅が広くなっています。

審査結果が変わってくる2つ目の理由は信用調査機関によって見方に違いがある為です。どこの調査機関に加盟していているのかによって審査結果というのは変わってくる可能性があります。

2社目以降のカードローン審査

現在利用中や返済中の人が他のカードローンに申し込みを行う場合に注意しなくてはならない点があります。それは近年施工されている総量規制に関する法律です。これは個人の年間所得の3分の1以上の借入というのは法律的に制限をかけている法律になります。

いろいろな所からの借入で最終的に自分自身を苦しめないようにと施工された法律と言えます。

これによって2社目以降のカードローンの審査には他社での利用状況に加えて、借り入れの総額が年間所得の3分の1を超えない枠でしか審査を通らないという事になります。

ただし、この総量規制の法律には適応外の枠もあるので、それぞれの金融機関が提供している商品をよく確認することが必要です。総量規制の法律内であっても借入額が膨らんでいくのは決して良いことだとは言えません。

しっかりと自分自身の収支のバランスを把握した上での申し込みというのは最低限の条件となります。

まとめ

カードローンの申し込み、審査というと面倒くさいイメージや厳しいといった印象を持っている人も少なくはないはずです。 以前は銀行などの窓口まで行って、申込書に記入し、審査にも数日から数週間を要して、といった形で進むのがローンと呼ばれるものでした。 現代においては、金融機関の幅も広がり、カードローンについても様々な商品が用意されています。 審査の基準や対象にも幅が出てきた事で利用できる人も増え、利便性も上がっています。しっかりと商品の内容を確認して、あなた自身にあった商品を利用することができれば非常に有効な手段になります。 合った商品とはあなたの収支のバランスに影響を最小限に抑えられる物で後後の返済があなたの負担にならない商品です。しっかりと自分にあった商品を見つけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

カードローンの審査の基準とからくり「審査に通らない人はどんな人?」
Reader Rating 1 Vote