借金生活の過ごし方「借り入れと上手に付き合うには?」

shutterstock_100718020

借金と上手に付き合うには

借金と聞けば当然ながらマイナスのイメージを持つ人が大半のはずです。あなたを始めとした多くの人が思うように借金というのは決してプラスになるものではありません。しかし、借金生活を送る可能性というのは誰にでもあるものです。

そして多くの人は何らかの借金を背負いながら日常の生活を過ごしているのが現実です。借金の種類や大小は人によっても違いはありますが、借金生活を過ごしているという人は意外にも多いのです。

その中で、その借金と上手に付き合いながら借金生活を過ごしている人と、借金に苦しみながら常に気を貼ったり、何かに怯えたりしながら過ごしている人がいます。

当然、それぞれの人が抱えている借金の種類や大小によっても過ごし方は変わってきますが、借金生活の過ごし方にも、上手に借金と付き合いながら過ごす方法というのはあるものです。少しでも借金生活の過ごし方を改善できるヒントをまとめてみました。

借金の種類

ひと言で借金といってもその中身には大きな違いがあります。良い借金と悪い借金があるというわけではありませんが、借入先によってその質というのは大きく変わってくるというのが現実です。借金生活に影響する借金の種類で大きな違いを生み出す要素がいくつかあります。

まず1つ目は借入先です。現代では銀行だけでなく、消費者金融などの金融機関、そして狭い地域を対象に貸金業を行う町の金融機関など借入先は多様化しています。当然、銀行で借入を受けることができるのが最も安心な方法だと言えます。

それは、何か不足の事態が発生した場合でも専門の窓口で返済方法の相談ができるという事と、やはり銀行という社会的立場において返済に対する取立等についても不当な行動を受ける心配はないという事があります。

次に生活に影響を与える違いとは返済方法です。借り方や借入先によって借金の返済方法というのは様々です。月々定額であったり、最低額のみが決められていてそれ以上の額で自由返済額であったり、借入先によっては毎週であったりということもあります。

この返済方法も自分自身に無理のない方法である事が大切です。

最後に影響を与えるのは保証人の有無です。これはあなた自身だけでなく、保証人へも影響を与えてしまう場合があるので非常に注意が必要です。保証人を立てた借金というのは、その人への影響も考えながら返済を行うので返済が難しくなると心労がおおきくなります。

借金の返済

借金をすると当然のことですが返済を続けて完済しなくてはなりません。

その返済方法というのは借金の種類や借入先によって実に様々です。

多くの借金の場合には月々の返済額は決まっていて、毎月決められた日に決められた額を返済するという方法で借金の返済を行っていきます。

消費者金融のカードローンなどについては、返済の最低額のみを設定し、それ以上については自由に返済額を増やせるというものもあります。

この場合は返済期間を短縮することも可能ということになります。借金返済の際に注意すべきは毎月確実に返済を行うという事です。

当然の事ですが、これに苦しむ人が借金生活を苦痛なものとして過ごしてしまうことになります。

借金と上手に付き合う為には、あなた自身に与えられた月々の返済額をしっかりと返済することです。その為には自分自身の生活の一部として、自分自身の収入の一部をしっかりと返済用に充てるという事が必要です。

そして、もう1つ借金生活を送る上で頭に置いておくべきことは、残額が手の届く範囲になれば一括での残額返済を検討するという事です。この事は無理に実施することはありませんが、返済額を少しでも少なく終わらせる為には有効です。

借金返済の遅延と滞納

借金生活を最も苦痛なものに変えてしまう最大の要素が返済の遅延や返済の滞納です。

当然の事ながら、多くの人の場合は遅延したくて遅延しているわけではなく、滞納したくて滞納しているわけでもありません。しかし、借金というのは字のごとく借りているものです。

返すことが出来なくなると催促、督促が来るのは当然のことです。その遅延や滞納の期間が長くなると当然、督促の頻度や強度も上がってくるものです。これは、時としてあなた自身だけでなく、家族や保証人、会社にまで及ぶことにもなるので借金生活の過ごし方は激変してしまうことになります。

借金生活を上手に過ごすためには返済の遅延や滞納は避けなくてはなりません。それをわかった上で、どうしようもなくなる場合があるという人がいるのも現実です。そのような場合には法律の専門家に相談してみることがお薦めです。

借入先に対して交渉をすることによって返済を一時的にストップしたり、返済額の軽減をする方法というものがあります。ただし、無条件でできるわけではないのでそれなりの代償が必要となることも頭に置いておかなくてはなりません。

借金生活の特徴

借金を背負った状態での借金生活とはそれまでの生活とは何が違ってくるのでしょう。

もっとも分かりやすい違いとは返済というそれまでには無かった生活のパターンが増えるということです。これは定期的に訪れ、そして長期間続く場合が大半になります。この毎月の返済日という新しい日程の誕生が借金生活の最大の特徴となります。

そして、借金生活がどのようなものになるかはこの毎月の返済日というものを余裕をもって迎えることができるか、それともその期日に追われるように迎える事になるのかで決まってくるとも言えます。

その必要な余裕とは何の事をいうのでしょうか。

それは金銭的な余裕が1つ。そして、心の余裕というのがもう1つ必要です。この余裕を持つ為には、あなた自身が借金生活が始まったことによって変化したあなた自身の生活を受け入れて、現実に必要な変化をするという事です。

借金生活とは1度始まると長期間続くものです。

それは、それまでの生活に比べて大変になる場合が多いのが現実ですが、だからといって全てがマイナスになるということではありません。借金生活を送りながら楽しく、それまで以上に満たされた生活を送っている人もたくさんいるのです。

借金生活というだけでマイナスと捉える必要はないのです。

上手な借金生活

普段の生活を楽しそうに、幸せそうに過ごしている人はたくさんいます。そのような人たちというのは日常生活を上手に過ごしているという事になります。それでは、借金を負ってしまい、借金生活を送っている人というのは同じように日常生活を上手に過ごすということは出来ないのでしょうか。

借金生活といっても、日常の生活の中に返済日という新たな毎月の日程が加わることと、毎月の支出に返済という新たな項目が加わるだけです。その変化に対応することさえできれば、日常生活を楽しく幸せに過ごすことだって不可能ではありません。

それよりも、借金をする前に支出分の収入を十分に得られずに苦しんでいた時期よりも楽しく、幸せに暮らす事ができる可能性というのは大きくなるという考え方もできます。これは借金によってそれまでの生活の波を変化させることが出来たからです。

借金そのものは生活を安定させるための手段としては有効に使う事もできるのです。その後の借金生活は日常生活に安定をもたらしてくれた借入先へのお返しの意味も込めてしっかりと返済期日と返済額を守ることで上手に借金生活を送ることができます。

借金生活の注意点

砂金生活を送るうえで注意しなくてはならない点がいくつかあります。まず1つ目は、もし保証人を立てての借金をしているのであれば保証人に迷惑のかかることは絶対にしないということです。

保証人になるということはその人にも覚悟と決断が必要になります、これは身内であっても同様です。その人に迷惑をかけるようなことはしないという事をしっかりと頭に置いておきましょう。

次に注意すべき点は、会社へ連絡、特に催促や督促の連絡が入るような事はしないという事です。借金生活とは、返済を継続していく生活です。

返済を継続するためには職、収入という部分を欠かすことはできません。会社への連絡が頻繁になり、居づらくなって退職すると言うようなことになれば借金生活は一気に苦痛の生活へと変化してしまうことになります。この点への注意も怠らないようにしましょう。

最後に注意すべきことは借金を繰り返さないという事です。返済のために借金をするという人がいますが、これを繰り返すことは自分自身を苦しめることにしかなりません。

返済の為の借金はしないという事は常に心構えとして持っておくことが大切です。

まとめ

借金生活というと決して響きの良いものではないのは事実です。 しかし、借金の理由や借り方、借入先に大きな問題を抱えていないのであれば、それは生活の1つの手段としての借入ということになります。 借金をせずに過ごせる事が何よりではありますが、様々な場面において必要になることはあります。 借金生活が始まったのであれば、それによって自分自身が何を変える必要があるのか、自分自身にとって何が変わるのかをしっかりと認識することが大切です。 そうすれば、借金生活であっても日常生活として一般的な楽しみや幸せを感じながら生活することはできるものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

借金生活の過ごし方「借り入れと上手に付き合うには?」
Reader Rating 1 Vote