あちこちから借りまくった借金をおまとめローンに一本化する方法

shutterstock_95562259

おまとめローンとは、結局は新規の借金。それだけのこと

お金のある人は、あちこちに投資して、回収しながら再投資して行きます。これの反対で、お金のないひとは我慢して貯めるか、簡単に借りて借金を膨らませるか…そういう基本的な話をしていきましょう。

勝てないのを知って、それでも賭ける人たち

競馬が好きな人なら、馬券の買い方にも自己流というものがあるでしょう。本命、対抗、大穴などと勝ちそうな馬の単勝狙いにする人もいれば複勝、三連単、三連複、ワイド…などさまざまな買い方があります。

中には万馬券狙いという大穴主義の方もおられるようですが、絶対に勝ち逃げしたいひとは、やはりコツコツ単勝狙いと複勝に絞って掛けるのが鉄則。

ところが、JRAも罪なもので、掛け方をどんどん増やした挙句、全く当たらないのに「ロト6より確率はずっと上」などと急かして、三連複などというものまで出してきたのですから、掛ける方は、一度くらい…という火遊びが大やけどになっている場合も少なくありません。

考えてみてください。パチンコがパチスロに変わって、CRなどという仕掛けが出てきた段階で、遊びが遊びでないほど「あっと言う間に5,000円がパー」どころか、「3万円がわずか40分でパー」などというケースまで出ています。絶対にリベンジしてやる…と息巻いても、相手はコンピューターであって、その裏にはちゃんと山師がいるわけですから、勝てるわけはありません。

そもそもが、簡単にお金が稼げるような雰囲気のある賭け事ほど、負けが込むのも一瞬なのです。

消費者金融の借金をまとめる、ということは?

賭け事の好きな人、というのは「競馬だけ」「競輪だけ」「ボートだけ」とはいきません。花札も麻雀も好きなら、オートも賭けゴルフも大好き…という、賭け事脳が発達しています。なぜ好きなのか?それは「勝つ喜びを知っている、そして忘れられない」ためなのです。

絶対の自信、それは勝負事で強く出てきます。絶対に今日は勝てる…そう信じ込む人は、他人が馬鹿馬鹿しいと叫ぼうが、勝手にしろ!と罵しろうが、絶対に揺らぎません。それは、病気でもあり、本能でもありますが、やはり脳に深く刻まれている 賭け事脳 という異次元空間が脳にあるためです。

これは大変な快楽です。そのためなら、お金をどうかしても引っ張ってきて、勝負に注ぎ込もうとしていきます。とりわけ、高度な集中力を必要とする職種に限って、人々はこうした道楽でパア〜とお金を使いたがります。

自衛隊駐屯地前や大きな外科病院前には、必ずサラ金の無人貸出機があったものですが、最近はコンビニのATMで少しずつお金が借りられる世の中です。

話がだいぶそれましたが、消費者金融から借りたお金、あるいは銀行ローンで借りたお金が複数の会社に手をつけてしまったことから、各社からの請求がいっぺんにくる悩みを解決したのが「おまとめローン」です。

これは、新たに銀行ローンでお金を借り、そのお金で既存の借金を清算しようというもの。なるほど、金利さえ低くなるのなら、これは便利ですし、もっともな商品といえるでしょう。

ちょっと待って!金利はどうなの??

数社からの返済電話への対応が忙しかったり、各口座へお金を振り込まなければならなかったり…と面倒な時間や作業を一本化してくれるなら、これは願ったりかなったり…と思うのが人間。

ですが、よくよく考えてください!もしリボ払いの感覚で一本化するなら、あなたは今まで以上の金利と返済期間の長期化を覚悟しなければなりません。

貸す方から、こういうお客さんを考えれば、「リスクの高い」客、と言わざるを得ないのはお分かりでしょう。貸す方は必ず聞いてきます。

「いくらの金額を、なんのためにご入用ですか?」借りる方は、そんなの俺の勝手じゃないか…と思うでしょうが、ここで貸してくれなければ、大変なので、恐る恐る正直に話すほかありません。借金をまとめたい…こうなれば、貸す方はじわじわと責めるのです。

「お貸ししましょう。ですが、金利はこれこれですよ」と、自分が有利な方に決めてしまいます。

金利はどうなんですか?ここでよく考えなければ、新たな借金の方がずっと返済額が多くなることに気づかないまま、かもしれませんよ!

 

結論、3社以上は審査落ち!

結論から言いましょう。複数の貸金業社から借りているとしても、そのタイミングや頻度などで、審査は大いに変わってきます。3ヶ月以内に2社、また半年以内に1社という方。

あるいは初めて借り、4年後にまた借り、借りては返し、また借りて…を繰り返している方。

重要なのは、借りていることではなく「返している事実」です。

住宅ローンも同じですが、毎月滞りなく返しているからこそ、信用が成り立ちます。貸金業としては、10%だの15%だのと高い金利でお金を貸すのは、貸倒引当金の名目があるのは事実です。

ですが、短期間に同じ会社から、ではなくほかの会社からも…となると、審査は通りません。なら、まず1社だけでもちゃんと返しましょう。それでないと、おまとめなど不可能です。

2社、3社、4社と借りているなら、まず数を減らそう

お金は複数から借りてしまうと、人間焦りを感じますし、様々余計なことを考えてしまうのものです。ところが、借りて一定の時間が過ぎるとそれが当たり前になりますから、怖いものです。

借金は返す、そしてその相手は少しずつ減らしてまとめましょう!

おまとめローン

おまとめローンは、一見便利なようですが、貸す方が一枚も二枚もうわて、と考えましょう。今の返済の方が苦しくても安い金額かもしれません。よくよく考えてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

あちこちから借りまくった借金をおまとめローンに一本化する方法
Reader Rating 2 Votes