超裏技!法律を駆使して合法的にサラ金からの借金をチャラにする方法


サラ金に時効は通用するのか

日本の法律においては、時効という制度が民事事件においても存在します。時効が完成したら、相手には請求する法的根拠がなくなってしまうので、なんと借金を合法的にチャラにすることが出来ます。

さて、そんなうまい話があるのでしょうか?

サラ金の時効は5年

時効、厳密には消滅時効といいますが、消滅時効とは、とある請求権があるにもかかわらず、時間が経過することで、その請求権を行使しても、相手方に拒否をすることができてしまう事を言います。

そして、消滅時効は誰から借りているかによって、期間が異なります。もしあなたが、個人たとえば友人からお金を借りている場合には、10年が消滅時効の期間となります。

サラ金の場合はどうでしょうか。サラ金は法人格を持っている貸金業者であることが必須なので、サラ金があなたに請求できる権利は、商事債権といいます。

この商事債権については、商法という法律が適用され、民法の消滅時効10年の半分、すなわち、5年が消滅時効の期間となります。したがって、5年間たてば、原則として、サラ金の債務は時効にかかってしまうのです。

5年たてばサラ金の借入はチャラになるのか?

以上のように書くと、5年間我慢すれば、サラ金から100万円借りていても、時効によって、借金がチャラになるのかと考える人が多くいると思いますが、そう簡単には借金は消えません。

唐突ではありますが、時効という制度自体が正直なところ、納得いかないという方も多いのではないでしょうか。

お金を借りているにもかかわらず、時間が一定期間経過したらばチャラになってしまうというのは、お金を貸す側の立場に立ってみたら、たまったものではありません。それ故、法律も、時効を簡単には成立させないような仕組みをつくっています。

時効の中断

消滅時効には、「中断」という法的措置が用意されています。これは、当たり前の話で、5年間逃げ切れたら、全ての債権が時効になってしまうとなれば、銀行や消費者金融は世の中から消えてしまいます。

そこで、時効の中断という手段を法律は用意しています。時効の中断とは、いくつかの方法をとることによって、時効のカウント期間をゼロにすることを言います。

たとえば、2000年1月10日に消費者金融から100万円借り入れを行い、2003年の1月10日に時効の中断を行うと、そこまでカウントされていた3年間については、リセットされてしまいます。

具体的な時効の中断の方法は、3つです。

  1. 請求
  2. 差押、仮差押又は仮処分、
  3. 承認

のいずれか3つです。

具体的には何なのか?

時効の中断の条件3つあるという事は前述したとおりですが、それでは、具体的に、どのような行動をすると、それぞれに対応するのでしょうか。

請求は簡単です。返してくださいや請求書を債務者に送るという行動をすれば、時効の中断となります。

大方、金融機関は請求書を毎月送ってくるので、その月ごとに時効が中断しているという事になります。

(2)差押等についても、簡単です。金融機関等が訴訟を提起し、勝訴(仮処分の場合は確定する前に)した場合に、行われる手続です。

この状況になったら、時効などというような悠長なことを言っている場合ではなくなるので、基本的には無視して構わない条件でしょう。ただし、唯一この訴訟の提起という方法が時効にかかわることがあるので、一応説明をします。

請求するのは簡単なのですが、実際に請求したかどうかを証明するのは難しいことが時々あります。そこで、請求時に内容証明という方法を使うことで請求を公に認めてもらうという方法があります。

しかし、内容証明を送っただけでは、時効の中断は行われません。内容証明を送った場合は、時効の中断ではなく、時効の停止という状態になります。これは、時効期間がリセットするのではなく、ストップするという状況だと考えておいてください。

そして、内容証明を送ってから、6か月以内に訴訟の提起を行わないと、時効の停止が解除され、時効期間が進んでしまいます。したがって、時効が完成間近の場合に、とりあえず時効をストップさせるための手段が内容証明による時効の停止という手段です。

(3)の承認、これが少々難しいものです。

承認というと、「借金があることを認める」という意味ですが、この時効の中断事由における承認の際には、公に認める文書等を提出する必要等はないのです。

単に、借金の返済を1月分だけでもしたらば、債務を承認したこととなります。それ故、債務の承認というのは非常に簡易な手続き方法なのです。ですから、もし、時効の完成が間近にも拘らず、100円でも返済をしてしまったらば、なんと時効は中断され、リセットされてしまうのです。

さらに、時効というのは期間が経過しただけでは、成立しません。時効の要件は、期間の経過と「援用」という手続きを行わないと効力を発生しないのです。

援用というのは、時効になったので、借金は返しませんよという意思表示をすることを言います。

この援用なくして、時効は決して成立しません。そして、恐ろしいことに、時効期間は経過したにもかかわらず、そのことを知らずに、債務の返済をしてしまうと、債務の承認をしたことになり、時効の利益を放棄したこととみなされ、時効の援用が出来なくなってしまいます。

すなわち、借金がチャラにならなくなってしまうのです。

過払い金にも時効はあります

通常は、金融機関が時効を恐れて請求をしたり、承認を求めたりするものですが、過払い金請求については、債務者側に、過払い金の返還請求権があるので、時効が完成しないようにしなくてはなりません。

仮に、過払い金請求ができるにも拘らず、何も策を講じないと、消費者金融側が時効を主張して、過払い金を払う必要が法的になくなります。したがって、過払い金の可能性がある方は、早急に専門家に相談し、請求を行うことで、時効の中断をして、過払い金を請求することにしましょう。

サラ金の時効

サラ金に時効を援用して借金をチャラにしてもらうという事は非現実的なので、決してあてにはしないようにしましょう。 一方で、過払い金返還請求については、債務者側が、時効について気をつけなければならないので、留意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

超裏技!法律を駆使して合法的にサラ金からの借金をチャラにする方法
Reader Rating 3 Votes